見出し画像

【71位】ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの1曲―黙示録直前、天才の二人羽織が預言を呼び覚ます

「オール・アロング・ザ・ウォッチタワー」ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(1968年9月/Reprise/米)

画像1

Genre: Hard Rock
All Along the Watchtower - The Jimi Hendrix Experience (Sep. 68) Reprise, US
(Bob Dylan) Produced by Jimi Hendrix
(RS 47 / NME 315) 454 + 186 = 640
※71位、70位が同スコア

ソングライターはボブ・ディランだが、このヴァージョンが最もよく知られている。邦題は「見張り塔からずっと」。激動の60年代終盤に投下され、その後いくつのディケイドを越えようとも威力は一切減じない、ロック史に残る「スーパー名演曲」がこれだ。

なによりも、ジミ・ヘンドリックスの異能性、卓越性がすさまじい。ひとときも休まず、つねにうなり続けるギターが、寄せては返す波のように、あるいは、急に渦を巻いては人をさらっていく潮流のように、歌詞世界とからみ合い、吠えまくる……。

という、このアレンジというか「解釈」をディランが激賞、好んでこれと近いアレンジで演奏もした。ディランはこう誉めたという。ヘンドリックスは「だれも気づかなかった要素」を曲のなかから見つけ出し、そして発展させてくれたんだ、と――要するに「あのディラン本人でさえも」見過ごしていたテーマを引き出してみせた、ということだ。

さてその「テーマ」だが、この歌詞はそもそも旧約聖書のイザヤ書、第21章の5節から9節にもとづく暗喩が多い。同書の24章から27章は新訳聖書の「ヨハネの黙示録」に呼応している。だからその前の21章あたりはちょうど、黙示録の「反キリストが支配する7年間」に相当する。つまり頽廃と背徳、悪逆が支配している世だ。そして「見張り塔」にいるのが、預言者のイザヤという図式となる。だから預言者のぼそりとした(断片的な)独白にフォーカスしたのがディラン・ヴァージョンで、「その背後にある」荒れ狂う終末の嵐をも同時に「表現してしまった」のが当ヴァージョンだと言える。

ちなみに、鬼才コミック・ライター(原作家)アラン・ムーアの『ウォッチメン』はまさにこの「見張り人」というテーマを継いだものであり、だから09年の映画化の際は「ここぞ」というところでこのヴァージョンが高らかに鳴り響くことになった。

という、ロック史上屈指の天才2人分の火花が渦巻くこのトラックは、全英5位のスマッシュ・ヒット。ビルボードHOT100では20位と、ヘンドリックスのシングルの米チャート最高位を記録した。彼の第3作スタジオ・アルバムにして遺作となった『エレクトリック・レディランド』(68年『教養としてのロック名盤ベスト100』では40位)にも収録、先行シングルとして発売された。ディランのヴァージョンは67年のアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』に収録。(テープを聴いたヘンドリックスを燃え立たせた)ハーモニカと弾き語りのこちらはこちらで、鬼気迫る出来映えだ。

(次回は70位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
11
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 50本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメント (2)
ジミヘン、よかったです。
コメントありがとうございます! 川崎さんにもお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。