見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.7


山田玲司『非属の才能』

画像1

「こうすればオイシイ思いができる」という立場の人たちが「どうでもいい」と思っている人たちをコントロールして多数決は決まるのだ。

好井裕明『「あたりまえ」を疑う社会学』

画像2

「普通」より、ほんの少し上位の「美しさ」を手に入れたいとする願望。こうした願望には際限がない。どこまで手に入れたから、実現したから終了ということにはならない。なぜなら「普通」はもともと先が見えない"空洞"であり、「普通」を測る、不変の基準などないからだ。

樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』

画像4

社会に対する構想とは、私とあなたが同じ痛みをもち、喜びを分かち合えるという前提に立って、人に対する関心や欲望から牽引されるものである。

内藤淳『進化倫理学入門』

画像3

われわれは、自分にとっての利害損得を自分では分かっていないことが多い。「自分のことは自分が一番よく分かる」と言う人がよくいるが、まったくそんなことはない。「私」の利益は、「私」を離れて、その外から「私」を観察する立場に立つ方が分かることが多々ある。

松永桂子『ローカル志向の時代』

画像5

商店街や産業集積など、小さな店や工場や企業が集まる場に新たな視線を注がれるのは、経済的な交換だけでなく、互酬性に基づいた人間関係がその底流にあるからで、それらは「匿名性」の高い社会の欠点を補う作用を果たしています。

稲垣栄洋『キャベツにだって花が咲く』

画像6

スピードと効率が求められる現代では、時代に乗り遅れたさまざまな野菜の品種が姿を消しつつあります。絶滅しつつある野菜まであるというから驚きです。食材が豊富にあふれる一方で、人類が作り上げてきた野菜の種類はむしろ減っているのです。

田口佳史 枝廣淳子『ぶれない軸をつくる東洋思想の力』

画像7

東洋型の思考は、その対象が何であっても、「根本に還る」考え方です。「その根本は何だろう?」「この問題の根本には何があるのだろう?」と考えていく。「区分」「専門化」していくのではなく、全体を全体として捉え、その根本に何があるかを考えます。


https://www.amazon.co.jp/dp/B0197SGQIA/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_nrEZEb04FYTVV


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
18
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

コトバのチカラ
コトバのチカラ
  • 13本

ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。