光文社新書
運気アップ!? 全国4000のパワースポットを訪ねた女性の秘話 | 辛酸なめ子 #16
見出し画像

運気アップ!? 全国4000のパワースポットを訪ねた女性の秘話 | 辛酸なめ子 #16

光文社新書
画像1

「神様セックス」? 「女神をナンパ」?

先日、スピリチュアル系のセミナーに参加していたら、登壇していた女性が「神様セックスしてるし……」という言葉を発したのをキャッチ。

これは聞き逃せないワードだと思い、講義の合間に「あの、神様セックスって何ですか?」と伺うと、その女性、津田あゆこさんは「主要な神様とは大体お手合わせしてます」と、ほほえみを浮かべました。

経験値の高そうな美女の言葉には不思議な説得力が。「神様っていうと平将門とか菅原道真ですか?」と聞いたら「そんな最近の神様じゃありません。相手は国常立尊(くにとこたちのみこと)とか少名毘古那神(すくなびこなのかみ)とか神話に出てくる神様たちです」と、あゆこさん。

「でも、人間のほうが気持ち良いです。神様は基本淡泊なので……」

神様にもリビドーがあるとは驚きです。

そういえば先日、友人の友人の占い師の男性の驚きのエピソードを伺いました。その男性は、女神がいる神社に行って女神をナンパして、脳内イリュージョン的なことかもしれませんが、女神と性行為するそうです。夏祭りで異性をナンパするようなノリで神様を……そんなことが許されるのでしょうか。

神社でただ人間の願い事を浴びせられる神様は、実は孤独を感じていらっしゃるのかもしれません。神様との新しい関係性について探ってみたいです。今まで、お賽銭を入れて心の中で願ったり感謝するだけでしたが、もっと神様に好かれる方法があるのなら、実践したいです。

龍神ーー日本人の精神世界のポテンシャルを上げるための立役者

先日ちらっと「神様セックス」について聞いたあゆこさんに改めてお会いして話を聞いてみました。「天運アーティスト」として鑑定やヒーリングを行いながら、全国約4000か所のパワースポットや神社仏閣を訪ね歩いて浄化してきたという経歴の持ち主。今は著書を執筆中です。

世間のスピリチュアル系のブログを見ると、よく神社で神様と感応してグルグル体が回りはじめたとか、神様の声が聞こえたとか神秘体験が書かれています。神社好きの女性は多いですが、あゆこさんはもともとは神社には興味がなかったそうです。

42歳の時、霊能力があると見い出され、子どもの時に封印した力を開放。そこから龍神や神様とのご縁がつながっていったとか。

「小さい時から、この世のものじゃないビジョンをよく見ていました。親に言っても『何言うとんねん』と言われて。でも大人になって竹生島での瞑想会に参加したことがきっかけで、この見えない世界に戻ってきたんです」

スピリチュアルのムーブメントもどこか俯瞰して見ていたあゆこさん。今までの流れを解説してくださいました。

「まずオカルトブームがあって、2000年くらいからスピリチュアルブームって始まってるんです。その後に龍神ブームが起こりますが、それって2017〜2019年あたりの神社ブームを起こすための、見えない世界の作戦だったんです。日本人の精神世界のポテンシャルをもう一回上げるための。その立役者が龍神です。龍は雲の姿で出現したり、目に見えやすいんですね。身近で感じやすい存在なんです」

あゆこさんも、龍神との縁が深いとか。私も先日、空に龍神っぽい不思議な光を見て高揚しましたが、ただ目撃するのとはレベルが違う関係性のようです。

「沖縄の今帰仁グスク(なきじんぐすく)という城跡でユタさんを紹介されたんです。沖縄は昔から龍神信仰がすごく深い場所。そこでユタさんから『龍神がきてます。結婚してくださいって言ってますけど』と言われて、咄嗟に『いいですよ』って答えたんです。『いいんですか』『いいっすよ』と押し問答して、結婚に合意。それから龍をまとうみたいな状況になって、沖縄の島に呼ばれ、日本全国あらゆる場所に行くことになったんです」

あゆこさんの周りのスピ系女子の中にも龍婚(龍と結婚)したい人が出てきて、仲を取り持ったそうですが、よほどタフじゃないと、おかしくなってしまうケースがあったとか。とくに、自分は龍使いだと思い上がると危険で、現実と非現実の境目がなくなってしまうそうです。

「何かに反いたり調子こいたりすると、何かを失ったり狂ったりする。ちゃんとせなあかんと思いましたね」

神様に好かれる秘訣

龍の次は瀬織津姫(せおりつひめ)と縁ができて、祀られている神社を全国回ったそうです。「大祓詞」の四柱の祓戸の大神として登場する、罪や穢れを祓い清めてくださる神様です。瀬織津姫や龍神との関係が深まるにつれ「この世界ちゃんとやらなあかんってことやん」と思ったあゆこさんは、2016年から本格的に神社や聖地を回りはじめ、4年間ほど、月のうち20日はホテル暮らしだったそうです。生活の心配はなかったのでしょうか。

「旅費は、自然と入ってくるんです。浄化の話や鑑定をしたり、スピリチュアル系のコンサルをやったり、商品を販売したりしていました。神様から、どこどこの神社に行くように、と指令が来ると、即答して行ってました」

だそうで、フットワーク軽すぎです。日本の龍神が少なくなっていると言われ、琵琶湖で龍神の交尾&産卵を手伝ったこともあるとか。龍神は産卵で増えるんですね。

「日本の神様と仲良くなる方法は、基本、頼まれたことをノーと言わずに素直にやる。聞こえちゃった以上はやる。やったほうが結果的に結局お金も回ってくるんです」

神様の頼みを断らない、それが神様に好かれる秘けつのようです。素人にはなかなかできません。

あゆこさんは、他にも封印された神様を助けたり磁場を清めるため、軽装で富士山に登ったり、洞窟にひとりで入ってたくさんのろうそくをともしたり、海に服を着たまま入って儀式をしたりと、全国で神様のお使いを果たしているそうで、恐れ入ります。

実は私も、数年ほど前、夢で「筥崎宮に行きなさい」とメッセージをもらったのですが、九州で遠いし……とそのまま放置してしまっています。

ここですぐ行くか行かないかが、神様に愛される人間になれるかどうかの分かれ道。「はい喜んで!」と迅速に行動しなければなりません。お賽銭を捧げて手を合わせておみくじでメッセージをもらう、といった一般的な神様との交流では得られない、ディープな関係になることができます。そこでついに「神様セックス」の話です。

「神様セックス」と「人間セックス」の違い

「この辺の神様、全部面通し済みです」と「日本の神々事典」(2012年の「ムー」の付録)をパラパラめくりながら、記憶を辿るあゆこさん。国常立尊のことを「ああ、国ちゃんね」と親しげに呼んだり、少名毘古那神のことを「男前」と言ったり親しそうです。あゆこさんが全国各地で神様の頼み事を断らず、浄化を続けていたある日、寝ているところに続けて神様が次々やってきたことがあったそうです。神様の夜這いです……。

「約1週間にわたり、何十柱もいらっしゃいました。次から次へと来るから、お次は誰? みたいな感じです。めっちゃ早い。人間みたいにねちっこうないから、一回の時間が短いんです」

早漏……なんて言ったら天罰ものですね。失礼しました。しかし、年代の新しい神様の中には、肉体の快楽を覚えていて、激しく求める人もいたとか。

「一番しつこかったのは徳川家康です。人間に近いからでしょうか」

こんなことを申しては何ですが、神様セックスは気持ち良いのでしょうか?

「人間との行為に比べたら小さいですが、同じように体は反応しますね。私がちゃんと気を入れたらもっと楽しめたでしょうけど、私、人間とのセックスやり倒した人なんです。セックスって掛け合いで、こっちが調子乗ると向こうが上がっていく。神様とお手合わせさてせていただいた時に、乗ってもいいやろけどやめとこって思ったんです。マグロ女になったんです」

それは経験値の高いあゆこさんならではの直感でした。スピ系女子なら、神様と交合できるなんて! と舞い上がってしまいそうですが……。

「マグロになってなされるがままでした。人間相手みたいにまぐわうべきじゃないって思って、ただお迎えしてたんです。その行為は8日間で終わりました。私の予想ですけど人間とやるみたいに遊んだらもっと複数回あったんでしょうね。そうしたら都合の良い女になってしまったと思います」

神様の間で、やらせてくれる女と噂になって、毎晩のように来られてしまったら大変そうです。男の神様には対になる女の神様がいますが、神様同士はセックスレスなんじゃないかとあゆこさんは予想。それよりは人間のエネルギーを求めるようです。

「私の場合お誘いに乗らなかったんで結局お祭りみたいな感じで終わりました。性欲というよりエネルギー交換みたいな感じ。神様も人のエネルギーやお供物が必要なんです」

淡泊でエネルギー交換が目的だという神様セックスと比べると、人間の体液まみれの行為が変態的で猥せつに思えてきます。「神様セックス」と「人間セックス」の違いは、ご利益。神様に体を捧げることで、様々な恩恵がもたらされるそうです。究極のアゲ◯ンです。

「怖がらず受け入れるところから始めないと、仲良くなれないですよね」

あゆこさんのめくるめく体験談を聞いてから、神社にお参りする時に妙にドキドキしてしまいます。ただ神様が性欲というか聖欲を抱く対象は、魂が清らかで浄化されている女性のようで……。

とりあえず今まで通り参拝するだけのプラトニック関係を続けようと思います。

今月の教訓

神様と仲良くなるためには、指令にノーと言わず、受け入れ態勢になること。

著者プロフィール

辛酸なめ子(しんさん なめこ)
1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。 漫画家、コラムニスト。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。恋愛からアイドル・スピリチュアルまで幅広く執筆。著書に『大人のコミュニケーション術』『新・人間関係のルール』(光文社新書)、『女子校育ち』(ちくまプリマー新書)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎文庫)、『霊道紀行』(角川文庫)、『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』(マキノ出版)、最新刊に『女子校礼讃』(中公新書ラクレ)がある。

近刊『新・人間関係のルール』はこちら

バックナンバーはこちら

好評既刊『大人のコミュニケーション術』はこちら


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!