見出し画像

【80位】スライ&ザ・ファミリー・ストーンの1曲―「夢から醒めた」やるせなさを、ファンクの道標に

「ファミリー・アフェア」スライ&ザ・ファミリー・ストーン(1971年11月/Epic/米)

画像1

Genre: Funk
Family Affair - Sly and the Family Stone (Nov. 71) Epic, US
(Sly Stone) Produced by Sly Stone
(RS 139 / NME 294) 362 + 207 = 569

後世のアーティストに絶大な影響を与えたスライ・ストーンが、ザ・ファミリー・ストーンとともに大活躍していた時代の終盤に打ち上げた、大きな花火のひとつがこれだ。ビルボードHOT100では1位を3週、R&Bシングル・チャートでは同5週記録のヒットにして、未来のファンク/ソウル音楽のありかたを決定づける道標ともなった。イントロの最初から曲の最後までつらぬかれた「特異な」粘っこいグルーヴが、それだ。

この曲の新しさは「孤独」から生じた。まず最初に鳴り出すのが、リズム・マシーンのビートなのだが、これをプログラミングしたのはスライ本人だった。こんなビートで作られた曲が大ヒットしたのは、史上初めてと言っていいほどの椿事だった。

タイトルの Family Affair とは「家族の事情」だ。こういう語調の「事情」が、いい話だけのはずはない。「血は泥よりも濃い」なんてフレーズも曲中にはあるのだが、でも「いろいろあるよね」という内容の詞を、抑えたトーンでスライが開陳する。

歌唱をリードしていくのは、ファミリー・ストーンの一員であり、スライの妹でもある、ローズだ。掛け合いみたいに進んでいくパートもある。ほかのバンド・メンバーは一切この曲に参加していない。だからほとんどの楽器を、スライ本人が演奏していた。

つまり、後年のプリンス(もちろん、彼もスライの大ファンだ)よろしく「たったひとり」に近い状態となった彼が、あれやこれやと「思い悩む」過程にて誕生した黄金のひとつが、この曲だったわけだ。そんなスライを、流麗なる電子ピアノの美技で助けた友人が、ビートルズやストーンズとの共演でも名高い、腕利きキーボーディストのビリー・プレストンだった。ギターでボビー・ウーマックも参加している。

この曲は、邦題を『暴動』とする、彼らの第5作アルバムに収録された(原題はThere's a Riot Goin' On)。こちらも初登場全米1位を記録。しかしやはり、重さや薄暗さが目立つ内容だった。300万枚の大ヒットとなった前作『スタンド!』(69年)とは、そこが違った。スライたちは同年のウッドストックでも演奏した。だから60年代後半の、カウンターカルチャーという名の「夢から醒めた」あとの揺り戻し効果を、彼らはもろに体験したのだろう。そこから逃げずに「現実のささくれ立ち」を転写したならば、「家族ですらも」もはや心の故郷ではないとする、なんともやるせない諦念が浮かび上がってきた。それが、前作からおよそ2年ぶりに発表したこのナンバーだった。

(次回は79位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
9
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

この記事が入っているマガジン

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 38本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。