見出し画像

【60位】ザ・ローリング・ストーンズの1曲―禍々しさが吉と出る、魔のシタールが「黒く塗る」

「ペイント・イット・ブラック」ザ・ローリング・ストーンズ(1966年5月/Decca/英)

画像1

※画像はフランス盤ピクチャー・スリーヴです

Genre: Raga Rock, Psychedelic Rock
Paint It Black - The Rolling Stones (May, 66) Decca, UK
(Jagger/Richards) Produced by Andrew Loog Oldham
(RS 176 / NME 136) 325 + 365 = 690 

当リスト初のストーンズ・ナンバーだ。日本では「黒くぬれ!」との邦題で親しまれている。不穏なこの1曲が、60年代後半以降の世相に与えた影響は、小さくない。ミック・ジャガーの「禍々しい」系の文学性が結実した、最初の例だ。ビルボードHOT100、全英チャートともに1位を奪取。前者11週、後者10週のあいだチャート内に留まるヒットを記録。アルバムとしては、アメリカ版の『アフターマス』(同年)に収録された。

なんと言ってもこの曲は、シタールだ。イントロから登場し、この曲独特のエキゾチックなリズムを、随所で文字通り「先導」し続ける。弾くのはブライアン・ジョーンズ。シタールをフィーチャーした彼ら初のナンバーであり、また「シタールもの」のロック・チューンとして初めて、全英および全米で首位を獲った。

が、ロック・ファンなら先刻ご承知、「シタールを使ったポップ・ソング」の先駆けといえば、ザ・ビートルズの「ノーウェジアン・ウッド(邦題「ノルウェイの森」)」だ。65年12月発表の『ラバー・ソウル』(『教養としてのロック名盤ベスト100』では9位)に収録、シングル化された豪では1位。ジョージ・ハリスンがシタールを弾いていた。

という曲の約半年後に出たのがこれなのだから「ハリスンの(ビートルズの)影響からシタールを導入した」と見るのが普通で、「インド勝負」としては二番煎じだった。つまり「永遠の二番手」としてのストーンズらしい出遅れ感だった――ような曲なのに、そこでいきなり「あっち側」に突き抜けてしまうというのもまた、彼ららしかった。

なにしろ、暗い。とんがっている。目に映るあらゆるものを「黒く塗れ」汚してしまえと煽動し続ける歌詞は、暴力や性への直接的な衝動を転写したかのようだ(上品な「ノーウェジアン」とは、かぎりなく遠い)。さらに、この生々しさ、危なさは、「街の不良」程度のものではない。ほとんど犯罪者一歩手前の心理状態のごとき、凄惨さをも感じさせた。これら「満たさせない」情動の渦巻きが、ビル・ワイマンの深く重いベース・ラインと、ボレロ調生ギターから生じるグルーヴ(の全体は、インドというよりも中近東的だ)によって、内へ内へと沈降しながら、しかし前へ前へと投射されていく。

こんな曲想が、ヴェトナム戦争が日々激化していく世相のなかで、大いに受けた。ゆえに同戦争を描いたスタンリー・キューブリック監督『フルメタル・ジャケット』(87年)のエンドクレジットで鳴り響いたのは、この曲だった。

(次回は59位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 70本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。