見出し画像

【57位】レディオヘッドの1曲―考えすぎが芸になる、やり込みすぎが「銀河を渡る」長き旅へ

「パラノイド・アンドロイド」レディオヘッド(1997年5月/Parlophone/英)

画像1

Genre: Alternative Rock, Art Rock, Neo-Progressive
Paranoid Android - Radiohead (May, 97) Parlophone, UK
(Radiohead) Produced by Nigel Godrich and Radiohead
(RS 257 / NME 45) 244 + 456 = 700
※58位から56位までの3曲が同スコア

中盤にまたレディオヘッドだ。ある種の怪奇現象というか――厳正なる集計の結果、どうもレディオヘッドは、ここらあたりに出没するようなのだ(詳しくは『教養としてのロック名盤ベスト100』をご覧いただきたい)。ロックの歴史全体を俯瞰してランキングしたときの「真ん中あたり」に……たぶん、集合無意識の作用かなにかで。

この曲は、彼らの第3作にして不動の評価を獲得した力作アルバム『OKコンピューター』(前述書では51位)に収録。同作の先行シングルとして発売された。しかし「6分半近くもある」上に、新型プログレッシヴ・ロック的な四部構成の凝った作りだった。

第一部は「ブラジル風」と呼ばれることがある。ロック・ギターが鳴り響く二部、テンポが落ちてトリップホップ的になる三部、二部のリプリーズとなる四部――という流れだ。全パートを通じて、しっかりと「打っている」ブレイクビーツ調のリズムの強さも印象に残る、四部の通作歌曲形式となっている。こうしたアイデアは、ビートルズの「ハピネス・イズ・ウォームガン」から思いついたそうだ。

歌詞は資本主義社会への異議申し立て、狂気や暴力の蔓延への違和感などを「ユーモアをまじえて」表している。奇妙なタイトルはダグラス・アダムスの名作スラプスティックSF小説『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場のキャラクター、マーヴィン・ザ・パラノイド・アンドロイドからとったものだ。人間の5万倍の知性と惑星サイズの頭脳を持つ(が、滅多にそれを使う機会がない)彼は、深刻なうつ病と退屈に苦しんでいる。マンガ的なこの「苦悩と孤独」に、自らのそれをなぞらえてみるヨークの(自虐的な)知性が結実した1曲だった、ということだ。こうしたところから、当曲とクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」やピクシーズ・ナンバーとの共通項について指摘する声もある。しかしそれらよりも、僕は日本のフィッシュマンズの「ロング・シーズン」に似ていると思う(こっちは35分超で五部構成だったが)。無意識下での情緒的なエネルギーの流れをなによりも重視しているかのような姿勢に、近いものを感じる。

という曲なので、シングルはアメリカで不発(ビルボードHOT100にランクインせず)。しかし全英では3位となった。つまり「これほど攻めた」曲が呼び水となって、アルバムの成功(バンド初の全英チャート初登場1位を獲得)を引き寄せたわけだ。これが当時の彼らの勢いであり、クリエイティヴィリティの切れっぷりを物語っていた。

(次回は56位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
10
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 90本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。