#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.38
見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.38

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『ロビン・フッドの愉快な冒険』→『相続地獄』

担当の自己採点★★★ 失地王、あるいは欠地王ジョンさん。残念なあだ名とともに後世に記憶されることになってしまって、なんだか気の毒になってきます。ヨーロッパには、他にも禿頭王、肥満王、残酷王、はたまた狂王なんて人もいましたね。いずれもストレートすぎるネーミングで、お国柄の違いというやつでしょうか。


『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』→『「人間嫌い」の言い分』

担当の自己採点★★★★ 「人間嫌い」かもしれないけれど、完全に切り捨てたりはしないところが、モームの大人なところでしょうか。イギリス人っぽい成熟したバランス感覚を感じます。他に短篇集では『ジゴロとジゴレット』(新潮文庫)もおすすめです。


『ナルニア国物語』→『教養としての聖書』

担当の自己採点★★ 橋爪先生のこちらの書目は、勝手ながらこの連載に登場させすぎなので、いささか反省しています。まあ、それだけ必読の一冊だということなんですけどね。


『小公女』→『漢和辞典の謎』

担当の自己採点★★★★★ わりとお気に入りの返しなので、採点も甘めです。


『永遠平和のために』→『広島カープ 最強のベストナイン』

担当の自己採点★★★ もちろん古葉さんはこの日がお誕生日だったんですが、「永遠平和のために」からの連想で「広島」という特別な意味をもつ地名とダブルミーニング的にリレーを完成できたことは、密かな満足とするところです。


前回はこちら


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!