見出し画像

【19位】サム・クックの1曲―苦難を踏み超えて、決して歩みを止めない人のために

「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」サム・クック(1964年12月/RCA Victor/米)

画像1

Genre: Soul, R&B
A Change Is Gonna Come - Sam Cooke (Dec. 64) RCA Victor, US
(Sam Cooke) Produced by Hugo & Luigi
(RS 12 / NME 129) 489 + 372 = 861

米60年代における公民権運動のアンセム、または応援歌となった曲を、当ランキングではすでにいくつか紹介している。しかし「ただ1曲のみを選べ」と言われたときに、当曲を指さす人は、少なくないはずだ。傑出したシンガーにしてソングライター、そして「白人からも愛される」スターだったサム・クックの手による、歴史的なナンバーだ。

タイトルがそのまま、キー・フレーズとなっている。「あれから長い長い時が流れた/でも僕は『変化は起こる』って知っている。そう、これから」というラインだ。言い換えるとつまり「現状はひどいものだ」との大前提がある。「黒人は、黒人だというだけで差別される」という前提だ。またそれを「当たり前のこと」として内包している社会の、芯まで腐り切った悪の様相が、きわめてシンプルに描写される。社会的弱者の側の視点から。

これらすべてを、壮大なストリングス・アレンジに対して一歩も引かない、クックの腰の座った名唱が解き放っていく。「未来」へと、放つのだ。意志を持って進む者だけが切り開くことができる「よりよき社会」へと、背中を押してくれる――そんなナンバーだ。

当曲の誕生には、まず「風に吹かれて」の邦題で知られるボブ・ディラン・ナンバーの影響があった。あらゆるプロテスターのためのともしびのような同曲は、公民権運動の参加者にも愛された。そこでクックは、自ら同種の歌を書くことを考えた。さらには自身が受けた、あからさまな人種差別体験があった。すでにポップ・スターでもあった彼が、ホテルに宿泊を断られ、あげくに逮捕されてしまうという事件が、63年のルイジアナ州はシュリーヴポートで起きた。これがクックを突き動かした。当曲はまず、64年2月発表のアルバム『エイント・ザット・グッド・ニュース』に収録された。そして12月22日に「シェイク」のB面としてシングル発売された。クックが急死したおよそ10日後だった。

64年12月11日、ロサンゼルスのサウスセントラル地区にあるモーテルにて、クックは管理人の女性に射殺される。正当防衛とされたガンショットは、彼の胸を撃ち抜いていた。事件の経緯には不審な点が多く、謀殺だという説も根強くある。彼の悲運に、多くの人は涙した。シングルはHOT100では31位、R&Bシングルズ・チャートでは9位と、そのほかのクック・ナンバーほどは伸びなかった。しかし当曲は、いつまでもずっと、時を超え、アメリカ黒人のみならず「公正を求めて行動する」地上すべての人々の、まさにテーマ・ソングとなっている。「未来の勝利」を疑わない人々の。

(次回は18位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 91本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。