見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第14回】87位は…クラシックな名曲! by 川崎大助

「レイヴ・オン」バディ・ホリー(1958年4月/Coral/米)

画像1

Genre: Rock 'n' Roll
Rave On - Buddy Holly (Apr. 58) Coral, US
(West-Tilghman-Petty) Produced by Milton DeLugg
(RS 155 / NME 332) 346 + 169 = 515 

ロックンロールの発見にもほど近い時代に世を席巻した、クラシックな名曲がこれだ。とにかく明るく楽しく、聴けばもちろん、どこかから流れてくるだけでも心が高揚する――いや「レイヴ・オン」するナンバーだ。彼が急逝する前年、58年に発表された。

この歌は、恋する者の心のなかの振幅を、コロコロと転がり弾む調子のいい言葉群で一気に描破する。「きみのちょっとしたひとことやしぐさに/いっしょにいたいなって」主人公は思う。それで「レイヴ・オン」になる。「へんてこな気持ち」になる……。

ここでの「レイヴ・オン」は、「ぐっと盛り上がる」というような意味だ。もちろんこれは、90年前後のマッドチェスター・ブームの時代に、ハッピー・マンデーズから電気グルーヴまでもがステージ上で「レイヴ・オン!」とシャウトしていたものと、意味的にまったく同じだ。この言いかたを、この曲でバディ・ホリーが最初に世に広めた(が、オリジンは56年のカール・パーキンス「ディキシー・フライド」とされている)。

最初期のロック偉人のなかでも、バディ・ホリーは格別な位置にいる。ギター2本にベース、ドラムスというロック・バンドの雛形も、ストラトキャスターを使うのも、全部彼が最初に形にした。ビートルズという名前が彼のバンド、クリケッツにちなんでいるのは有名な話だが、とくにレノンとマッカートニーがホリーの大ファンだった。その痕跡は、ポールが妻リンダと作ったアルバム『ラム』(71年)に収録の「イート・アット・ホーム(邦題・出ておいでよ、お嬢さん)」なんかでも簡単に確認できる。この曲は「レイヴ・オン」にもかなり近い。ポールの「ヒーカップ唱法」で一聴瞭然だ。

ヒーカップとは、ヒルビリー音楽で多用されていた歌唱法の一種で、言葉の母音を伸ばし、そこにスキャット調のアドリブを加えるものだ。音程を上げ下げ、声を裏返したり、しゃっくりみたいにやったりもする。そして派手派手なヒーカップといえば、それはもうバディ・ホリーの代名詞だ。たとえばこの「レイヴ・オン」では「You」が、「ゆーうっ・ふっふふぅ~」となる(マッカートニーはこれを模倣して、自分のものにした)。

この曲は「ザットル・ビー・ザ・デイ」や「ペギー・スー」ほどには大ヒットしなかった。しかしホリー印のきらめくロックンロールの美点が凝縮された決定版的ナンバーとして、目がくらむほど多くの後進たちから愛された。ブルース・スプリングスティーンからジュリアン・カサブランカスまで、みんなステージで演奏した。

(次回は86位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
9
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」と一緒に首をなが~くして投稿をお待ちしています。