見出し画像

【39位】ジェームス・ブラウンの1曲―ブランニューでヘヴィーな「パパ」が踊るぜ! 吠えるぜ!

「パパズ・ガット・ア・ブランニュー・バッグ」ジェームス・ブラウン(1965年6月/King/米)

画像1

Genre: R&B, Soul, Funk
Papa's Got a Brand New Bag - James Brown (June, 65) King, US
(James Brown) Produced by James Brown
(RS 71 / NME 154) 430 + 347 = 777

ソウル連続、しかも前回の「ザ・トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」と同じ月にリリースされた――という状況が過去の現実世界にあったことが、いまとなってはまるで夢のようなのだが――スペシャルに「ダイナマイト」なナンバーがこれだ。すべてのファンク音楽の始原、だからつまり、すべてのヒップホップが生じるためのビッグ・バンの、最も初期の瞬間に属するのがこの1曲。だからスコアも神懸り的に「777」とめでたくゾロ目。まさしく宇宙からも祝福された、ジェームス・ブラウンの代表曲のひとつだ。

「パパの新品のバッグ」とは、なにか。それは「新しいリズムとダンス」を指す。ここの「パパ」はJB本人と思っていい。このときすでに30過ぎ、すでにデビュー10年選手。成功を手にしてはいたものの、たとえばモータウンから続々と登場してくる「ヤング・ソウル」なスターたちからすると、明らかにオジサンだった。だからこそ「オジサンにしかできない」方法で、ソウル音楽の未来を鮮やかに切り開いたナンバーが、これだ。

反復するリズム。ときに効果音のように叩きつけられ、聴き手をあおり、焚きつけるヴォーカル。そしてなにより「あの」ギターだ。この先ずっと、まさに人生を終える瞬間までJBの後ろで弾き続けることになるギタリスト、ジミー・ノーレンが初めて御大の録音に参加した1曲がこれだ。ゆえにタイトル・フレーズをJBが吠えた刹那、彼のギターが素早く鳴り響く。「ジャカジャカジャカジャカ――」というあれが、熱狂の渦を生んだ。ノーレンのギター、ミュート弦のカッティングも交えてかっちり16ビートを刻む技は「チキン・スクラッチ」などと呼ばれて、ファンク・ギターの基礎となっていった。

この曲は、ビルボードHOT100の8位まで上昇した。JBにとって初のトップ10シングルだ。R&Bチャートでは首位を8週独占。さらにはグラミー賞のベストR&Bレコーディング賞まで彼にもたらす、大成功作となった。そしてここから「ソウルのゴッドファーザー」が、「ファンキー大統領」へと躍進していく、栄光の道程が本格化する。

JB名曲のつねとして、当曲もとにかくサンプリングやカヴァーされ、後進に大きな影響を与えた。なかでも変わり種として僕が忘れがたいのが、英バンド、ピッグバッグによる「パパズ・ガット・ア・ブランド・ニュー・ピッグバッグ」(81年)というパンキッシュなファンク・インストだ。これが全英3位のヒットとなったのは、「名前引っかけ」による、ファンク大明神の霊験あらたかさゆえだったに違いない、と僕は考えている。

(次回は38位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
9
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 73本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。