【53%OFF/399円】田坂広志/運気を引き寄せるリーダー七つの心得【Kindle日替わりセール】
見出し画像

【53%OFF/399円】田坂広志/運気を引き寄せるリーダー七つの心得【Kindle日替わりセール】

光文社電子書籍担当の佐藤です。
本日もKindle日替わりセールのお知らせです!

10月8日(金)限定、Kindle日替わり特別セール!
田坂広志/運気を引き寄せるリーダー七つの心得
通常価格 858円(税込)→→約53%OFF 399円(税込)

「強運」のリーダーは、メンバーやチームにも「強運」を呼び込む/「運の強さ」は、誰でも、意識的な努力で身につけることができる/人生において「良い運気」を引き寄せる、古今東西、唯一の方法/歴史を変えたリーダーの誰もが、無条件に信じていたもの/21世紀の「新たな運気論」では、「運気」という言葉が消えていく。――14万部(電子版含む)突破の『運気を磨く』の続編。

皆さま、田坂さんの『運気を磨く』は既にお読みになりましたか?
現在、KindleUnlimitedでもお読みいただけるようになっておりますので、まだという方は是非!注:こちらはセール対象ではありません。

あなたは、「強運」であることに気がついているか――最先端量子科学が解き明かす「運気」の本質/古今東西で語られる「運気」を引き寄せるただ一つの条件/我々の「未来」と「運命」は、すでに決まっているのか/「死後の世界」や「前世の記憶」「生まれ変わり」は、全くの迷信なのか/なぜ、天才は、アイデアが「降りてくる」と感じるのか/なぜ、志や使命感を持つ人は「良い運気」を引き寄せるのか

この『運気を磨く』の続編が『運気を引き寄せるリーダー七つの心得』なのです。うーん、でも、まだ第一弾も読んでいないからなあ、という方。リーダーでも経営者でもないからなあ、という方。いえいえ、大丈夫!第一弾を読んでいなくても十分理解できる内容ですし、実は佐藤も、うーん、七つの心得が必要なリーダーじゃないしなあと思っていたのですが、とても役立つ一冊でした。
実は、本書は決して経営者やリーダーだけに読者を限定したものではありません。序話でも下記のような箇所があります。

本書で述べる「リーダーの心得」は、企業や職場で人々を導く「リーダー」の立場に無い読者にも、必ず、役に立つだろう。

なぜなら、我々は、誰もが、自分の人生を導く「リーダー」なのだから。(本文より抜粋)

ご納得いただけましたでしょうか。
それでは本書には何が書かれているのでしょうか。
発売時に公開された目次と序話、第一話の箇所をnoteで公開しております。ぜひ、こちらご参考くださいませ!

ピンチをチャンスに変える、とはよく言いますが、そうは言っても…という方々にこそ読んでほしい本書。ピンチをチャンスに変えるための方法。田坂さんはそれを「人生でのネガティブな体験」を陽転していく技法、と呼んでいます。五つの解釈を挙げ、心のありようや考え方をとてもわかりやすく、丁寧に説明してくださいます。

本書を読み、悪運だけは強いと思っていた私(PTA役員のクジに毎回当たるし…)ですが、心のありよう次第なのかもしれない……自分自身を見つめなおす必要があるかもしれない……と内省しました。
特に第30話のなぜ、「感謝」の祈りが、不思議な運気を引き寄せるのかというお話の中の「ありがとう」の言葉の深い意味にはっとさせられました。普段は何気なく使っていますが「有り難い」は「奇跡」なのですね。
自分がこの2年間、仕事をしていて印象に残った出来事というのが2回あるのですが、2回とも「有り難う」と感謝をされたときです。
この場面でその言葉がでてくるってすごいな……と驚きつつ、ひどく感動して相手への敬意が生まれた瞬間。佐藤の敬意が運気を引き寄せるかどうかは謎ですが、既にお2人ともに強運の持ち主なご様子です(実は一方の方は弊社社員です)。

そんな本書は本日限定、53%OFFの399円!!
いつか読んでみようかなと思っていらした方、ちょっと気になっていた方、運気を引き寄せたい方、ぜひとも本日限定のKindle日替わりセールをご利用くださいませ!

そして、KindleUnlimitedで読むことのできる第一弾もぜひ(もちろん、単品でも、紙書籍でご購入されても!……有り難うございますです!)

本日は光文社電子書籍担当の佐藤がお届けいたしました!
それでは皆様、引き続き創刊20周年を迎える光文社新書を何卒よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!