マガジンのカバー画像

光文社新書の人びと

351
新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめたマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わ… もっと読む
運営しているクリエイター

2020年2月の記事一覧

固定された記事

光文社新書編集部のことがわかるマガジンを新たに作りました!

note担当の田頭です。 おかげさまで光文社新書のnoteがスタートしてから8ヵ月が過ぎ、記事数…

ゴッホの絵は生前に評価されなかった?【コミックエッセイ先行公開!】

こんにちは、光文社新書の藤です。 『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』(3/25発売…

『段落論』を読んで、自分のnoteの文章が(たぶん)読みやすくなったことを実感し…

こんばんは、note担当の田頭です。 光文社新書の2月刊が店頭に並んでいます。今回はその中で…

自殺?他殺?いまだ謎のゴッホ「最期の一日」をコミックエッセイで描きます

こんにちは、光文社新書の藤です。 今回の記事から『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授…

大松孝弘×山口周「ほんとうの欲求は、ほとんど無自覚」を就活生の私が聞いて思ったこ…

大学生、講演を聴く。はじめまして。清水といいます。 私は今、大学3年生です。こちらの光文…

イトウハジメさんの「美術史に詳しくなるコミックエッセイ」冒頭を先行公開します!

今回から数回にわたり、note上で、新刊コミックエッセイの内容を先行公開します(担当、光文社…

往年のアンダースロー/サイドスローの名投手の本9冊で勝手に打線を組んでみた!

私が光文社新書を好きな理由のひとつ… それは本邦で、唯一野球の「アンダースロー」をテーマにした新書を出しているからです!! あ、申し遅れました、note担当の田頭です。唐突に何を言っているかですって? えーと、それにはまずアンダースローの魅力を力説しなきゃなんでしょうが… まず、アンダースローの投手は、もう存在自体がドラマチックなんです。オーバースローやスリークォーターがほとんどを占める中、プロ野球だと育成選手を含めてもチームに1人いるかいないかでしょう。私が今パッと思

スキ
31

【3/25発売!】ずっと憧れていたイトウハジメさんのコミックを出せることになりました…

こんにちは。光文社新書の藤です。 私、作家のイトウハジメさんが大大大好きなのですが(デビ…