光文社新書の読書感想文まとめ #読書の秋2021

29

ミスチルの歌詞も出てくる<文章は接続詞で決まる>

文章は接続詞で決まる 著者:石黒 圭さん 文章論が専門の石黒教授が接続詞に焦点を当てて執…

グラフィティアートの意味

光文社新書の「バンクシー アート・テロリスト」を読んでいます。普段コンピュータの技術書く…

【書評】『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦後』/著:庭田杏珠×渡邉英徳(記…

 記憶が風化することは、人間にとって自然なことだと思う。誰の人生にも辛いことはある。例え…

「ニュースの未来」を読んだ

本書を手に取ったきっかけ 前著「リスクと生きる、死者と生きる」やNewsweekの「沖縄ラプソデ…

+1

(感想)『文章は接続詞で決まる』から学ぶ3つの文章術

 光文社新書の『文章は接続詞で決まる』。日本語研究者で、国立国語研究所の所長を務めている…

+3

【感想】『文章は接続詞で決まる』を読んで、文章表現の可能性を感じました。

本記事は「note×光文社新書」の合同企画「#読書の秋2021」の課題図書『文章は接続詞で決まる…

+5

同性カップルの日常ドラマ「きのう何食べた?」が属性を超えて愛される理由

光文社新書の永林です。3月17日、札幌地方裁判所で同性同士の結婚を認めないのは憲法14条で定…

今週末は読書感想文を書こう♪ 今年は受賞率爆上がり⁉【#読書の秋2021】

こんにちは! 日に日に秋が深まってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。秋といえ…

【書評】『ニュースの未来』(著:石戸諭) ~新旧メディアを渡り歩いた著者が見出し…

 「DXの時代だ!」と言われても、「何をすればいい?」と頭を抱える人は意外と多いのではない…

+14

結局バンクシーってなんなんだ!?【「バンクシー アート・テロリスト」毛利嘉孝】

「バンクシー」と聞いて私が想像するのは、「突然街中に絵を描く正体不明の人」。 「あの作品…