私の光文社新書

63

ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務(著/石野雄一)光文社新書

ファイナンスを勉強するときの入門書であったり参考図書として何が良いか?と聞かれたら必ずこの本を指名したくなる一冊でした。
ファイナンスを理解するために必要なアカウンティング用語と財務三表の建て付けの解説から入り、ファイナンス用語と企業(事業)価値をはかる方法を解説。noteに重要な部分を書き出すと小難しく感じますが、本をストーリー通り読み進めるとすごくわかりやすい本です!
最もnoteに書きだした

もっとみる

人はどうやって成長を感じて自発的に行動するようになるのか。

私は中原敦先生が好きで本は何冊か読んでる。全てではないのは、学術書は高くて、さすがに買えないから。そこは他の人がnoteに要約書いてるので、それを読んで理解したつもりになってる。笑

さて、中原先生と金井先生の共著で『リフレクティブ・マネージャー』という本を読んだ。正確には数年前に読んだけど、新書は読み捨て方式なので、最近また改めて購入して読んだ。

本書の内容に関して同意する部分や勉強になる部分

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
9