見出し画像

”ゲームの宣伝屋”が明かす「失敗するプロモーションにありがちなこと」4選

こちらの記事より全6回にわたり、『伝え方は「順番」がすべて』(小沼竜太・著)の本文を抜粋してご紹介します!本書は「Fate/Grand Order」や「ペルソナ」シリーズなど人気作のプロモーションに携わる〝ゲームの宣伝屋〟が「伝え方」の極意を明かした一冊。※詳細はこちらの記事を…。
今回はズバリ、「失敗するプロモーションにありがちなこと」。17年以上ゲームのプロモーションに携わる著者が「よくあるんですよ…」とこっそり、4つの失敗パターンと、ご自身が常に心がけている”プロモーション成功のヒント”を明かしてくれました。

失敗するプロモーションにありがちなこと

 本書(『伝え方は「順番」がすべて』)の内容を非常にざっくりとまとめると、次のようなものだ。
「プロモーションを成功させるためには、『誰に』『何を』伝えるのかを整理し、『どのように』伝えるのかコミュニケーションプランを練り、伝える情報の順番に細心の注意を払い、毎回確認しながら施策を組み立てる必要がある」
 反対に、やりがち・失敗しがちなプロモーションというのも存在する。
 参考までに挙げておこう。

(1)最初にターゲットの設定から入る

 「新規・既存」「年齢」「性別」等の属性といった概念で最初にター
ゲットを設定してはいけない。
  まずコミュニケーションすべきは、常に「受容者」である。
 その上で、個別のアクション(施策)に落とし込む段階でターゲットを個別に精査すべきである。更に言えば、アクションの施行ごとにコンテクストには変化が生じる。その変化を見越した、時系列に沿った思考が必要である。

(2)具体的な施策から考え始める

 消費者と商品(モノ・サービス)について理解を深めず、最初に具体的な施策から考え始めるのも危険だ。
 たとえば「今度のプロモーションでは公式ツイッターをやりたい」「専用の特設サイトを作りたい」という具体的な施策から発想すると、プロモーション全体が失敗に終わりやすい。
 本章で書いたが、具体的施策を決める前に、ユーザー・コミュニケーションを組み立て、現在地と目指すべき地点を明確にすべきだ。

(3)施策の順番より、組み合わせを重視する

 これも致命傷になる。施策の順番を間違えると取り返しがつかない。一度離れた顧客は戻らない。施策の組み合わせ(たとえば「テレビCM」と「駅中広告」と「公式ツイッター」等)が大事なのではなく、それら施策をどの順番で行うか、という点が重要だ。

(4)トレンド、バズワードを追う

 マーケティング業界におけるバズワードを追いかけ続けるのは自殺行為に等しいことが多い。新しいマーケティングノウハウを探し出しても、実施した時には周回遅れになっている。
 これは先人の発明やノウハウを軽視するという意味ではない。むしろ学べるだけ学んだほうがよい。学べることは過去のマーケティング事例や、伝統的な学問(社会学、人類学、哲学)にもある。
 目新しいことを探すのではなく、常に本質に立ち返ろう、ということだ。
 コミュニケーション上の課題を解決する上で必要なことこそ、考えるべきと思う。新しいノウハウを血眼になって探すよりも、根本的なところに立ち返ったほうがよい。

”ゲームの宣伝屋”が意識していること

 新しいテクノロジーが流通しだした時は注目したい。なぜなら、将来的には社会(生活)を変える可能性があるからだ。
 日々テクノロジーは進歩しており、テクノロジーの進化は社会(生活)を変化させる。社会に変化が生まれると、望ましいマーケティング/コミュニケーションの形が変化する。
 しかし、テクノロジーオタクになれ、という意味ではない。社会や文化の変化にこそ、気をつけたい。
 すでに存在するテクノロジーが、社会や文化の変化によって一挙に浸透することもある。社会や文化は急激には変化しないと思われがちだが、我々の社会(世界)はこれまでの歴史の中で、一度たりとも不変だったことがない。不変の価値観というものは存在しない(存在したことがない)。
 社会の価値観の上で、我々の仕事(筆者の場合はコミュニケーションプランニング)が成り立っている。「社会の変化を察知する上で、テクノロジーの進化に注目しておこう」ぐらいの意味で受け取っていただけると幸いだ。

『伝え方は「順番」がすべて』より一部抜粋・再編集しました
次回は最終回「コンテンツの海外進出」についてです。お楽しみに!


この記事が参加している募集

自己紹介をゲームで語る

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

ふぃろのオススメNote広報室
ふぃろのオススメNote広報室
  • 1395本

私が発見した面白いノートをオススメするマガジンっぽくなってしまったのでタイトルを変えてみる。時々CMはさみます。かも

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。