見出し画像

【第83回】なぜ脳は積極的に記憶を消去するのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

「忘れる」ことによって「考える」ことができる!

一週間前の夕食は何だったか、覚えているだろうか? 最後に見た映画のストーリーは? 昨日会った友人の服装は思い出せるだろうか? これらは、脳が最も忘れやすい「出来事」の記憶で「①エピソード記憶」と呼ばれる。
 
エピソード記憶と比べて忘れ難いのが、「1+1=2」や「地球は自転している」や「日本の首都は東京である」といった「普遍的知識」の記憶で、これらは「②意味記憶」と呼ばれる。「①エピソード記憶」と「②意味記憶」は言語で明確に表現することができるので、まとめて「陳述記憶」と呼ばれる。
 
「陳述記憶」よりも忘れ難いのが、言語では明確に表現できない「非陳述記憶」である。これは「喜び・怒り・恐れ」など強い情動を抱いた際の「③情動記憶」と「箸の使い方・泳ぎ方・自転車の乗り方」のような「④手続き記憶」に分けられる。幼少期以来、何年も自転車に乗っていなかった人が、変わらず上手に自転車に乗れるように、身体に沁み込んだ記憶は最も忘れ難い。
 
さて、人間の「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」の五感を通して入ってきた情報は、脳の「海馬」と呼ばれる部位に記憶される。「エビングハウスの忘却曲線」によると、普通の人間は20分後にはその記憶の42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に77%、1カ月後に79%を失う。逆に言えば、1カ月前に読んだ本の内容は21%しか記憶に残っていないのが普通である。
 
したがって、何かを忘れたくなければ、できるだけ早い時間に反復することが重要になる。たとえば英単語を10個覚えたら、30分後に4個は忘れているはずだから、そこで再度確認して覚え直せば効果的だ。「嫌な出来事」を忘れられないのは、「ああしなければよかった」とか「こうすればよかった」のように何度も反芻するため、脳が「情動記憶」に保存してしまうからである。
 
本書の著者・岩立康男氏は1957年生まれ。千葉大学医学部卒業後、同大学大学院医学研究院神経統御学研究科修了。現在は、千葉大学医学部脳神経外科教授。専門は脳神経外科学・免疫学的遺伝子治療。多数の論文の他、主な著書に『脳の寿命を決めるグリア細胞』(青春新書)がある。

岩立氏によれば、そもそも「忘れることは悪いことだ」という発想が、実は幼少期から刷り込まれた暗記教育の弊害といえる。脳の記憶容量は限られている以上、新たな記憶を獲得するためには不要な記憶を削除しなければならない。よく知られているのは、「マイクログリア」と呼ばれる免疫細胞が脳内の死細胞や活動性の低い記憶の蓄えられたシナプスを除去することである。

本書で最も驚かされたのは、脳がより積極的に記憶を消すために、わざわざタンパク質を合成しているという最新の知見である。人間は、新しい情報に触れてワクワクすると脳内にドーパミンが豊富に分泌される。すると「海馬」に「Rca1」と呼ばれる「低分子量Gタンパク質」が出現する。この「Rac1」は、ニューロンの末端にあるシナプスを退縮させて記憶を消すのである!

要するに、エピソード記憶の大部分は不要だから「海馬」の段階で壊され、真に必要と判断された記憶のみが「大脳皮質」に蓄積される。その個別の判断が「記憶の多様性」を生み出し、人類の進化をもたらしたというのである!

本書のハイライト

人間の脳は積極的に忘れるようにできているということを、どうか忘れないでほしい。忘れることによって脳は新しい時代に適応し、未来に向けて変化を遂げているのである。これで、これまでの常識は覆された。必要のない記憶を捨て去ることこそ、新しい自分を創造していくことにつながる。忘れることに気後れせず、新たな自分の創造に向け、積極的に人生を楽しんでいこう。そうして記憶を作った先に、明るい未来が待っているはずだ(p. 204)。

前回はこちら

著者プロフィール

高橋昌一郎/たかはししょういちろう 國學院大學教授。専門は論理学・科学哲学。著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『フォン・ノイマンの哲学』『ゲーデルの哲学』『20世紀論争史』『自己分析論』『反オカルト論』『愛の論理学』『東大生の論理』『小林秀雄の哲学』『哲学ディベート』『ノイマン・ゲーデル・チューリング』『科学哲学のすすめ』など、多数。

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

光文社新書ではTwitterで毎日情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください!