ファイル_001__3_

諸説あり!ゴッホの「絶筆」について【新刊コミックエッセイ先行公開!】

こんにちは、光文社新書の藤です。
『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』(3/25発売)より、最終章「ゴッホ最期の一日」を先行公開をしております。
※著者・イトウハジメさんのインスタグラムはこちらから…↓

今回は第3弾。ゴッホの絶筆ともいわれている作品「カラスのいる麦畑」が登場します。
※先行公開 第1弾はこちら! 第2弾はこちら

なおゴッホの絶筆については候補となる作品がいくつかあり、専門家の間でも”諸説あり”状態だそうです。今回は解釈のひとつとして、「カラスのいる麦畑」を取り上げています。どうぞお楽しみください。

・・・・・

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-1

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-2

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-3

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-4

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-6

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-7

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-8

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-9

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-10

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-11

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-12

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-13

イトウ先生の美術の授業ゴッホ3-14

「ゴッホ最期の一日」、次回が最後になります。

・・・

書籍本編では、ゴッホのほか、モネ・シャガール・藤田嗣治に触れております。ご興味ある方、是非チェックしてみてください…!

先行公開『ゴッホ最期の一日』 記事一覧

・第1弾 自殺?他殺?いまだ謎のゴッホ「最期の一日」
・第2弾 ゴッホの絵は生前に評価されなかった?
・第3弾 諸説あり!ゴッホの「絶筆」について
・第4弾 「ゴッホ最期の一日」エンディング
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんと一緒に喜んでいます!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

光文社新書PLUS
光文社新書PLUS
  • 21本

小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。