見出し画像

女性首相と彼女を支える男たち~リアル男女平等社会を描く「コペンハーゲン」

光文社新書の永林です。前回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」では、2020年に大ヒットした日本のドラマを通じて日本社会の決定的なジェンダー平等の遅れを指摘し、大きな反響をいただきました。
今回は、そんな日本社会とは対照的ともいえる、北欧はデンマークのドラマをご紹介します。制作はデンマークの国営放送で、本国では国民の4人に1人が視聴し、フランスとイギリスでもメガヒットを記録。ヨーロッパの各賞を受賞し、世界70カ国で放映されています。日本のドラマとの一番の違いは、「仕事が忙しすぎて家事・育児をしない男」が全く登場しないことです。彼らにとって家事をシェアすることはあまりにも当然で、ドラマの重要テーマにはなりえないのです。男女平等が達成されたようにみえる社会をリアルに、温かく、時に厳しく描いたこのドラマを、治部れんげさんはどのように分析するのでしょうか。

前回までの連載はこちら↓↓ 連載をまとめた書籍が6月に発売予定‼ 

※以下、治部れんげさんによる記事はネタバレを含みます。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

北欧のリアルな男女平等を描く「コペンハーゲン」の温かさと厳しさ

Twitterで各国大使館のアカウントをフォローしていると、女性政治家に関する話題をしばしば目にします。先日はフィンランドの教育大臣が産休を取った、という話、また別の日にはエストニアで女性首相が誕生し、同国では大統領も女性である、という話。アイスランドの首相も女性ですし、北欧では政治分野で活躍する女性が多いです。

今回はデンマークのドラマ「コペンハーゲン:首相の決断」をご紹介します。本国では2010年に放送され、欧州各国で高い評価を得て多くの賞を取っています。放送開始の翌年、デンマークでは初の女性首相が誕生しており、現実を一歩先取りしたドラマでもあります。

「コペンハーゲン」の主人公は国会議員のビアギッテ・ニュボー・クリステンセン(シセ・バベッド・クヌッセン)です。彼女は穏健党で党首を務めており、政治信条は中道左派。デンマークが既に多民族国家になっている現実を踏まえ、極端な左でも、移民排斥の右でもない、新しい政治を目指しています。

ビアギッテは経済学者の夫フィリップ・クリステンセン(ミケール・ベアクケーア)との間に学齢期の娘と息子がいる4人家族で、最近数年間は主にフィリップが家事育児を担ってきました。ビアギッテの提案で、この夫婦は5年ごとにキャリア優先・家庭優先の役割を交換するルールを決めているのです。

選挙期間中は16時間も働くビアギッテは多忙を極めており、会合を断らないと子どもとの時間を確保できません。そんなある日、現首相の金銭スキャンダルが発覚、それを暴いた野党・労働党党首も信用を失い、そのあおりでビアギッテ率いる穏健党が選挙で多数の票を獲得して、連立与党をリードする立場になります。

◆女性政治家を叱咤し応援する男性たち

期せずして首相の座に近づいたビアギッテの戸惑いと、彼女を励ます男性達の言葉が印象に残ります。例えばビアギッテの穏健党とは政治的主張が全く異なる保守派の男性党首が、打ち合わせの時にこんなことを言います。

「上座に座った方がいい」

これは、連立与党のトップとして大きな力を持つビアギッテへの正当な評価であり、的確なアドバイスでした。

このシーンが伝えるのは、政治的な好みや性差を超えて、ふさわしい人物がそのポジションにつくべき、というフェアな態度です。このセリフを言うのが爽やかな笑顔のリベラル男性ではなく、昔気質の信条を持つ高齢男性というところが、すごく良いと思いました。現実に困難な仕事に取り組んだ女性なら、思わぬところで意外な人に助けられた経験があるはずです。物事が本当に変わる時には、最も動きにくそうな人が動きます。「上座に座った方がいい」というわずか数秒のシーンは、そんなことを感じさせてくれるリアルな場面です。

画像1

もう一つ、頂点に上り詰める女性をサポートする男性を描く、私が大好きなシーンがあります。この時点で、ビアギッテは首相になれる可能性はあるものの、それを追求するかどうか迷っています。直近の選挙では中小政党が乱立しており、どの政党から首相が出るとしても、他党と組んで組閣に必要な議席を確保する必要があります。そのため、各党の党首や党幹部は連日、交渉や駆け引きをしています。

そんな折、ビアギッテは元首相から協力を求められます。引き換えに国際関係の省庁を任せる、と言われたビアギッテを側近男性が叱咤激励します。この側近は、スキャンダル後の元首相が政治力を失っていることを見抜いています。そんな相手と組んで不利な条件を呑むことは「牛一頭と鶏一羽を交換するようなもの」とバッサリ切り捨てます。

ビアギッテに不利な提案を断るよう助言した後、側近は彼女の腕を取って一緒に高い塔に上ります。そしてコペンハーゲンの街を見下ろしながら、こう言うのです。

「見ろ、この国が手に入るんだ。こんなチャンスは何度も訪れない。死ぬ気でつかみ取れ。逃していいのか?」

ビアギッテが他党を取りまとめ、首相の座を狙う覚悟を決めた瞬間、風の吹きつける高い展望台には、この2人しかいません。リーダーの孤独を感じさせるシーンで、この側近男性はたたみかけます。

「それと、ここに友はいない。誰にも情を挟むな」

ここで彼は、ビアギッテに、いわゆる「女らしい遠慮」を捨てさせます。他党の男性党首たちは、それぞれ実力があり戦略的で狡猾ですから、ビアギッテも腹を括らなければ彼らに勝つことはできないからです。

女性政治家が多く、女性首相が珍しくない北欧でも、女性がトップに就くことは容易ではないことがこのシーンから伝わってきます。「コペンハーゲン」は、このように女性がリーダーを避けがちだという万国共通のジェンダー課題を描きます。その上で「女性は遠慮するからリーダーに向かない」と現状を肯定せず「能力と資質がある人がリーダーを務めるべき」「それが女性だったら、遠慮がちという特質を周囲の励ましで是正すべき」という価値観が随所に表れているのです。

日本では、企業で女性管理職を登用しようとしても、女性が昇進を嫌がるという話をよく聞きます。では、男性を含む周囲の人は、能力があるのにリーダーになりたがらない女性を充分に支援しているでしょうか。

2020年3月9日の朝日新聞デジタル記事は、女性登用が進まない理由を、女性の昇進意欲が低いことなど、主に女性自身にあるとみなす企業が多いことを伝えています。同時に、複数の研究者の話から、男性の方が女性より注目される部署に配置され、やりがいのある仕事を経験していること、職場環境に幻滅した女性が昇進意欲を失っていく実態を解説しています。

「課長の打診をしたけれど断られた」「女性は昇進試験を受けない」と言う人たちは、このドラマの初回だけでも見て、ビアギッテを取り巻く男性たちから学んでほしいと思います。自分の組織では女性の意欲だけでなく周囲のサポートも足りていないことに気づくでしょう。

画像3

◆女性首相の夫は5年交代で家事育児を引き受ける

ビアギッテの夫フィリップは、首相の座に就くことを躊躇する妻を徹底的に応援します。いわく「欲しいなら取りに行け」「役員の座もハッタリでつかむ」「男は面接で自分を50%大きく見せる。女性は不必要なことを話し50%自分を下げてしまう」「強固な態度でのぞめ」。経済学者として大学で教鞭をとりつつ、企業経営にも携わる彼は、データと実体験に基づき、女性が遠慮しがちだと知っているのです。

日本の視聴者が「コペンハーゲン」をジェンダー視点で見て感じるのは、フィリップの先進性でしょう。先に記した通り、彼は大学教員をしながら子ども2人のケアと家庭のことを一手に引き受けています。ビアギッテは「もし首相になったら、生活ががらっと変わってしまう」と述べ、5年交代で相手のキャリアをサポートし家事育児に責任を持つ約束を果たせなくなることを心配しています。これに対しフィリップは「全く違う」と即座に答えます。

「妻に首相になるな、という男にはなりたくない。そんなおかしなこと言えやしないよ」

このように話すフィリップは「イクメン」の数万光年先にある星のようです。家事育児を分担するどころかメインで担いながら、自分も大学で教授職についています。彼がこれらを「当たり前」のこととしてこなしているのを見ると、男性が家事をやるかどうかが論点になる日本のドラマや日本社会とのギャップを痛感します。

私が2006年ごろにアメリカで行ったインタビュー(「稼ぐ妻・育てる夫 ー夫婦の戦略的役割交換」という本にまとめました)でも、夫婦が役割交換をしながらお互いにキャリアを構築する例は珍しくありませんでした。ある大企業部長職の妻は、1年間、遠隔地で勤務した際、高校教師の夫が育児休業を取得して妻の赴任地についていき、2人の子どものケアと育児を担いました。1年後に元の街に戻ると夫は仕事に復帰し、今度は妻が働き方を変え、ベビーシッターを雇いながら在宅勤務で仕事をしていました。

女性が仕事でリーダー役割を果たしつつ子どもを持とうとする時、主体的に家事育児を担い自らの働き方を柔軟に変える夫の存在が不可欠です。男性が家事育児をするのは議論の余地なく当然であること。能力ある配偶者の活躍を誇りに思うのも当然であること。加えて家事育児のために自分の仕事を諦めるのではなく適切なペースで続けること。これらが「特別な男性」のやることではなく、当たり前の風景として描かれているのがこのドラマの魅力です。

「コペンハーゲン」は、ビアギッテが国会議員であることも、党首であることも所与のものとなっています。女性政治家の存在が当たり前であることと、男性が家事育児をすることが当たり前であることは、分かちがたく結びついているのです。

物語が進み、ビアギッテが首相に就任して多忙を極め、子どもとクリスマスの買い物にすら行けないようになると、フィリップとの関係に問題が生じてきます。ただ、それは、日本でよく議論になるような「女性にとって仕事と家庭生活の両立が難しい」という低レベルの問題とは全く違います。

ビアギッテは政治家と2児の母をさほど問題なく続けてきました。彼ら夫婦が直面した壁は、夫がグローバル企業のCEOにヘッドハントされた際、それを引き受けるのが難しかった、という極めて高い次元での両立課題でした。このドラマを見た人が「やっぱりデンマークでも、仕事と家庭の両立は難しいみたい」などと、とんちんかんな感想を持たないよう、ここは強調しておきたいところです。

描かれる問題は、両立できるかどうかではありません。繰り返しになりますが、働きながら育児をするという意味で両立はできて当然です。その上で、このドラマが描く課題は、夫婦ともに大組織や国のトップを務めることが可能か、という点なのです。もちろん、欧米先進国でも、非常に多忙で重責な配偶者を持つと、片方が仕事を辞めることはあります。

画像3

前述した米国でのインタビュー調査では「弁護士事務所の女性パートナーに子どもがいる場合、夫が主夫になることが多い」という話も聞きました。複数の米系企業の日本法人で働く人たちからは「役員の一歩手前くらいから、共働きだと厳しくなる」「共働きをするなら、住み込みのシッターさんが必要」といった話を聞いています。

いずれにしても、日本の会社員は働き方において、まだかなり貧しい状況だと言えるでしょう。一般社員であるにも関わらず、仕事が忙しすぎるせいで家事育児ができず、主に妻が仕事を辞めなくては家庭が回らないのは、先進国と呼べる水準ではありません。

ところで、ドラマを見ていると気づくのは、ビアギッテの家が核家族であることです。彼らはビアギッテが首相に就任した後も、国会議員時代と同じ家に住んでおり、夫フィリップが食事の支度や子どもの学校生活のサポートをしています。アメリカのドラマが富裕層や政治リーダーを描く際、しばしば登場するメイドや家政婦、ベビーシッターといった外部サービスを、ビアギッテ家族は使っていないようです。

◆高度な男女平等社会はフェア、だから甘くない

あるエピソードではビアギッテの父親が登場し、孫の相手などを買って出ます。しかし、彼が傍若無人な態度を取ること、フィリップと折り合いが良くないことなどから、数日滞在した後、娘に追い出されてしまいます。

ここで感じるのは強い個人主義です。ビアギッテにとって、最も大切なのはフィリップとその子ども達、つまり自分の意志で作った家族です。だから、血縁があっても無神経な父親をずっと家に置いておけなかったのです。

画像4

「コペンハーゲン」は温かさと厳しさを併せ持つドラマです。ビアギッテを応援する周囲の男性たちや夫フィリップの描写からは、女性をエンパワーする温かな人間関係を感じます。一方で、セクハラ発言には正面切って「あなたに関係ないでしょ」と反論し、切って捨てるシーンもあります。

日本と比べてかなり高いレベルで男女平等を志向するデンマーク社会における価値観――大事にするものと捨てるものの峻別――が伝わってくる良作だと思います。家庭やキャリアにおいて女性をサポートする男性がたくさんいて、女性が能力を発揮しやすい社会であることがうかがえます。同時にそれは、女性を含むすべての人にルールの順守を求めるフェアで厳しい社会でもあります。決して甘くはないことも、このドラマは伝えてくれます。

例えば、仕事で期待される成果を上げない人、職務命令にそむいた人は男女共に解雇されます。首相や大臣が仕事で失敗したり、失言したりすれば、メディアは容赦なく叩きます。透明性やガバナンスを重んじるため、政治家が権力を濫用したことが判明すれば、信用をなくし、職を追われます。

折しも日本では、菅首相の息子とその勤務先が、監督官庁の総務省幹部を接待していたことが判明しました。国家公務員倫理規程違反に問われた政府高官が、公の場で謝罪するだけで職に留まれること、接待した側はさほど批判されないところに日本社会の甘さを感じます。その甘さは、家庭においては家事育児を手伝い程度しかしない男性を不問にし、飲み会を断らない女を面白おかしく書き立てて消費しているのです

単に「女性首相を描いたドラマ」ではなく、私たち自身が、日本社会に浸透した甘さを正していく必要があることを考えながら見ると、一段と味わい深く楽しめるドラマです。


◆「コペンハーゲン」(デンマーク、2010年)
デンマークのテレビアワードで主演女優賞、作品賞など受賞。出演、シセ・バベッド・クヌッセン、ミケール・ベアクケーアほか。シーズン1~3、各10話。Netflixなどで配信中。

「仕事と家庭生活の両立が難しい」日本のドラマ論はこちら ↓

女性リーダーが大活躍するアメリカのドラマ論はこちら ↓

治部れんげ/ジャーナリスト、昭和女子大学研究員、東大情報学環客員研究員  1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。2006年~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年からフリージャーナリスト。2018年一橋大学大学院経営学修士。取材分野は、働く女性、男性の育児参加、子育て支援政策、グローバル教育、メディアとダイバーシティなど。東京都男女平等参画審議会委員(第5期)。財団法人ジョイセフ理事。財団法人女性労働協会評議員。豊島区男女共同参画推進会議会長。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
53
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!