マガジンのカバー画像

治部れんげ『ジェンダーで見るヒットドラマ』

23
「愛の不時着」は、なぜ世界中でブレイクしたのか? 「半沢直樹」が大ヒットする日本社会の病理とは何か? ジェンダー問題の識者として様々なメディアで活躍するジャーナリスト・治部れんげ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

愛の不時着はなぜヒットした? 半沢直樹がウケる日本はヤバイ⁉【序章公開②】

光文社新書の永林です。6月16日発売の「ジェンダーで見るヒットドラマ」序章公開後篇です。韓…

愛の不時着はなぜヒットした? 半沢直樹がウケる日本はヤバイ⁉【序章公開①】

光文社新書の永林です。本日6月16日、治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ …

阿部寛のドラマ「結婚できない男」はポリコレ的に完全アウトなのだけど。

光文社新書の永林です。治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ」からの先行公開…

ルッキズムを16年前に批判した韓国ドラマ 「私の名前はキム・サムスン」

光文社新書の永林です。ボディ・ポジティブ(ありのままの体型を受け入れる)という言葉が広ま…

ポリコレへの配慮は作品の質を損なわない カナダ「アンという名の少女」

光文社新書の永林です。突然ですが、私は子どものころ「赤毛のアン」の大ファンでした。小学生…

スパイでもテロリストでも当たり前に家事をする 米ドラマ「ホームランド」

光文社新書の永林です。イスラエルとパレスチナの軍事行動が激化し、たくさんの死傷者が出てい…

100

女性のエンパワーのために男性をディスる必要はない―朝ドラ「カーネーション」

光文社新書の永林です。今日は5月の第2日曜日、母の日です。母の日は世界中に存在しますが、日付や習慣が異なります。たとえばイギリスではラッパズイセン、オーストラリアでは菊の花を贈る習慣があります。日本ではアメリカにならって、母親にカーネーションを贈るのが一般的ですね。今回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」は、日本の作品。少しさかのぼって2011年のNHK連続テレビテレビ小説「カーネーション」を取り上げます。 6月16 日発売の治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ

スキ
38
有料
100

超正統派ユダヤ教少女の逃亡に私たちは共感できる 「アンオーソドックス」

光文社新書の永林です。4月30日、イスラエルで行われた宗教行事で、群衆が混乱の中で押しつ…

100

超格差社会の韓国で庶民が見た希望のドラマ「椿の花咲く頃」

光文社新書の永林です。三度目の緊急事態宣言が出ますね。今回は酒類の提供を禁止するところも…

100

DVを正面から描くハリウッドスター競演ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」

光文社新書の永林です。新年度が始まって2週間が過ぎ、子どもたちは新しい環境に少し慣れたこ…

100

貧困少女の絶望は私たちと地続き―カナダ作ドラマ「またの名をグレイス」

光文社新書の永林です。治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ」を先行公開する…

100

同性カップルの日常ドラマ「きのう何食べた?」が属性を超えて愛される理由

光文社新書の永林です。3月17日、札幌地方裁判所で同性同士の結婚を認めないのは憲法14条で定…

韓国の教育虐待を描くドラマ「SKYキャッスル」に見る存在証明としての学歴

光文社新書の永林です。今週は、国立大学の合格発表がありましたね。トップ大学に合格した子ど…

100

“皿を洗う大統領”を通じてダイバーシティを描く米ドラマ「サバイバー」

光文社新書の永林です。治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ」の原稿から先行公開するnote連載第10回は、2016年からアメリカで放送された「サバイバー:宿命の大統領」を取り上げます。連邦議会議事堂が爆破され、大統領ほか政府の有力者がみな死んでしまい、突然アメリカ大統領になることになった男の話――。こう聞くと荒唐無稽なストーリーに聞こえますが、2021年1月に実際にトランプ前大統領の支持者が連邦議会議事堂を占拠するという暴動が起きたあとでは、もはやリアルに映りま

スキ
17
有料
100