見出し画像

トランプ・アメリカの差別に挑む女たちの法廷ドラマ「ザ・グッド・ファイト」

光文社新書の永林です。2021年2月9日、トランプ前大統領の弾劾裁判が始まりました。アメリカ史上、大統領の弾劾裁判は計4回、うち2回はトランプ氏という異様ぶり。でも、そもそも、弾劾裁判って何? という人もいるかもしれません。ちなみに政治に疎い私は、治部れんげさんの連載「ジェンダーで見るヒットドラマ」で今回取り上げる「ザ・グッド・ファイト」を見て、さらにその中でポップに歌われた"トランプの歌”を聞いて、仕組みがスッキリわかった次第……。
ほかにも、アメリカでは以前から大きな問題となっていたBLM運動や草の根のMe Too運動の実態、そしてトランプ政権下によるリアルな選挙妨害なども、私は約4年前に始まったこのドラマで知りました。トランプ大統領のロシア疑惑やレイプ疑惑などにも、政権にいっさい忖度しないで切り込むドラマは、日本ではありえません……。そんなアメリカの”今”を知れる脚本を、クリスティーン・バランスキーやオードラ・マクドナルドなど、トニー賞を何度も受賞した俳優たちが熱演するのですから、おもしろくないはずはありません。そしてこのドラマを治部さんは、フェミニズムの「交差性」と「優秀女性の多様性」が新しいと説きます。※以下、治部れんげさんによる記事はネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。

連載マガジンはこちら! 連載をまとめた書籍が6月に発売予定‼ ↓

優秀女性の見本市な法廷ドラマでアメリカの今をあぶり出す

2021年1月20日、アメリカ合衆国でジョー・バイデン大統領が就任し、新政権が発足しました。1月6日に米連邦議会にトランプ支持者が乱入し、死者が出る大惨事が起きてから約1か月が過ぎ、ようやく落ち着きを取り戻したようです。

今回は、トランプ時代のアメリカにおけるリベラル派の葛藤を描いたドラマ『ザ・グッド・ファイト』を取り上げます。NHKでも放送されたこの作品は、原稿執筆時現在、アメリカでシーズン5を制作中と発表されています。大ヒットした法廷ドラマ「グッド・ワイフ」で、主人公の勤務先だった弁護士事務所の経営者を主人公にしたスピンオフ作品です。こちらも法廷ドラマで、現代アメリカ社会でまさに今起きている、人種問題や性暴力告発のMeToo運動、SNSと言論の自由問題などを扱っています。


「ザ・グッド・ファイト」の主人公はダイアン・ロックハート(クリスティーン・バランスキー)というベテラン女性弁護士で、物語はダイアンが予想外の困難に見舞われるところから始まります。シカゴの大手法律事務所のネームパートナー(事務所名に自分の姓が使われる)だったダイアンは、60代を迎え、引退を控えていました。南フランスに素敵な別荘を購入しようとした矢先、資産を運用していたファンドで不正が発覚、億単位の資産を失ってしまうのです。突然の出来事に茫然自失するダイアンに、トランプ政権のめちゃくちゃさが追い打ちをかけます。

ドラマの中でダイアンはトランプ絡みの報道に唖然とし、現実があまりに酷いので妄想を見たりします。トランプ政権下の4年間、良識ある人々が抱いてきた苛立ちや葛藤を代弁するシーンです。

老後資産を全て失ったダイアンは、生活のために働かねばなりません。しかし勤め先は既に退職済。しかも不正を働いたファンドには、ダイアンの勧めに従って、多くの友人弁護士や女性の権利向上を目指す財団が資産運用を任せていました。信用を失ったダイアンをどの事務所も雇ってくれません。

◆日本に住む日本人でもBLM運動の本質がわかる

そんな彼女を採用したい、と言ってきたのは黒人弁護士だけの事務所レディック&ボーズマンでした。伝説の黒人人権活動家が設立した弁護士事務所で、警察の黒人に対する暴力事件を、被害者側代理人として多数手がけてきた実績があります。シカゴ市警察にとっては天敵であり、人種差別と闘う正義の事務所という位置づけです。

白人女性エリートの主人公ダイアンと、黒人男性エリートのボーズマン(デルロイ・リンド―)はどちらも極めて優秀です。共に社会の不正と闘い、ある時は激しく攻め、またある時は戦略的撤退をする姿は、しみじみカッコいいです。特に、ひと仕事終えた後、2人がくつろいだ様子でハードリカーを飲みながら話す様子は心に沁みます。ここにあるのは陳腐なポリコレとしての多様性ではなく、共に戦うプロフェッショナルなのだ、情熱と戦略を共有できれば性別や人種の違いなんて関係ない――そんなメッセージが伝わってきます。

ボーズマンの事務所は、最近、日本でも知られるようになったBLM(ブラック・ライヴズ・マター:黒人の命は大切だ)運動を法律面から支援しています。警察の暴力を裁く法廷闘争が、様々な形で出てきます。たとえば、アフリカ系アメリカ人だけを狙って走行中の車を取り締まったり、別件で逮捕した黒人男性の持ち物に銃を仕込んで罪を重くしたりと、白人警官による人権蹂躙が何度も描かれます。シカゴ内にもアフリカ系アメリカ人ばかりが住む治安の悪い地域が出てきたりと、このドラマを見れば、BLM問題の本質を感覚的に理解できるでしょう。

画像1

◆現代社会の差別とは性別と人種と経済が複雑に交差したもの

ここまで見てきたように、このドラマの主要なテーマは、人種問題です。そこにジェンダーや社会経済階層の問題も絡む「交差性」が見どころの一つです。アジア太平洋地域の人権問題に関する啓蒙を行う「ヒューライツ大阪」の三輪敦子さんは「「差別の交差性・複合性」とは、いくつかの要因が複雑にからみあいながら個人に影響を及ぼす差別を意味します。」(国際人権ひろばNo.142)と説明します。

「ザ・グッド・ファイト」は「交差性」の問題を極めて的確に描いたドラマです。例えば高学歴高収入で法律事務所のネームパートナーという高い社会的地位にあり、白人でもあるダイアンは「女性であること」を理由に差別を受ける場面は少ないです。一方で、黒人男性であるボーズマンは、弁護士になったばかりの時、誰も雇ってくれず、自分で事務所を開設したという経験をしています。

ボーズマンの元妻で弁護士のリズ・レディックは、著名な人権活動家を父に持つ黒人女性です。優秀で美しい彼女には、警察官の夫がいます。元連邦検事補で後に弁護士に転じてパートナーになったリズと、現場の警察官として働く夫では、就労環境も収入も違います。問題は性別や人種だけではなく、社会階層であることに気づきます。

あるエピソードでは、シカゴで起きた弁護士連続殺人事件を描きます。これは弁護士報酬が高すぎることなどに怒った元依頼人や関係者による犯行で、ボーズマンやダイアンも標的と目されています。異常な事態に直面したダイアンは、一時的に精神のバランスを崩すほどの恐怖を感じます。ここでは、高収入を得ている弁護士事務所のパートナー達とふつうの人々の大きな格差が目につくのです。

このように、BLM運動の原因である構造的人種差別、とりわけ警察官によるアフリカ系あメリカ人に対する暴力を専門に扱う弁護士事務所を舞台にしつつ、ドラマは単純な人種、性差の問題に留まらない、複雑な現実の課題をテンポよく描いていくのです。

複雑さ、と言えばSNSと言論の自由に関するエピソードが印象的でした。Googleを想起させる大手IT企業と約86億円の顧問契約を結んだレディック&ボーズマンは、SNS投稿の規約を作る仕事に取り掛かります。人種や性別などに関する差別発言を取り締まる的確なルール作りが顧客企業からの要望です。人種や性に基づく差別的な投稿が多いせいで、ディズニーなどの優良広告主が逃げてしまう状態は、SNS上で現実に起きています。

様々な問題投稿を前に、弁護士たちは知恵を絞ります。例えば「死ね。フェミニストよりクソ女なのがムカつく」は明らかな女性嫌悪(ミソジニー)だと言えます。では「赤ん坊をバラバラにするなら、お前もバラバラにしてやる」は、果たして人工妊娠中絶に関する政治的な意見なのか、それとも「脅迫」とみなして削除すべきなのでしょうか。

このシーンで黒人男性弁護士が「レイプするぞ」という明確な犯罪の意図を記した文章でないと脅迫にはならない、と主張すると、黒人女性弁護士が「レイプしたい」では取り締まれないのか? と問いかけます。同じメッセージを見ても、被害者になりうる女性が感じる恐怖と、それを感じない男性では受け止め方が異なる、つまりジェンダーによる差を示すシーンと言えます。

このエピソードで描かれるアカウント凍結の基準を巡る議論は、今年に入ってトランプのTwitterアカウントが凍結された事例を想起します。要するに現実を5年も先取りして描いたドラマであり、今見ても新鮮さを感じるはずです。

◆日本ではお目にかかれない「優秀な女性」の多類型にときめく

そしてジェンダー視点で見たこのドラマの最大の魅力は、優秀な女性がたくさん出てくるところにあります。人種、年齢、職業、社会階層が様々な彼女たちの共通項は、すごく賢くて勇気があることです。

主人公のダイアンは前述の通り、長年、大手法律事務所の代表パートナーを務めてきました。話しぶりは落ち着いて理知的です。若い弁護士がダイアンを評して「彼女は情熱と理想と狡猾さを併せ持つ弁護士です」と言うのが的確だと思いました。現実に物事を動かす力を持ち、自然に尊敬の念が湧く女性、それがダイアンです。60歳をとうに超えた女性が、おばあちゃん役ではなく、現役の法曹、経営者、社会正義の追求者、そして若い女性弁護士のメンター役を果たしている姿は非常に魅力的です。ダークカラーのみならず、金色、赤など鮮やかな色のスーツも着こなし、いつも大ぶりのネックレスを合わせる攻めたファッションはとても素敵ですし、彼女と恋人とのやり取りは現役女性そのものです。

ダイアンのように仕事もおしゃれも恋もしている60代女性をリアルに描くところが、アメリカのドラマを見ていて楽しいところの一つです。

ダイアンが入った法律事務所で働くルッカ・クイン(クシュ・ジャンボ)も、非常に賢い女性弁護士です。彼女の良さは優秀で賢いことに加え、自立心旺盛なこと。別れた恋人と一夜を共にしたことで妊娠してしまうと、迷わずひとりで育てることを決めるのです。日本の基準ではアグレッシブすぎると言われそうな、仕事にも恋愛にも積極的な発言が魅力的です。

あるシーンでは、好きになった相手とドライブをしている最中に自分からキスして、相手のズボンのベルトに手をかけていました。伝統的な「待つ女」と正反対のルッカは、異性愛の女性が見ても惚れ惚れするカッコよさです。ちなみにルッカは黒人女性です。

優秀なのは弁護士だけではありません。事務所で調査員として働くマリッサ(サラ・スティール)もまた、非常に賢く行動力があります。ダイアンと前の勤務先で一緒だったマリッサは、自分もダイアンと同じ事務所で働きたい、と考えます。けれど弁護士ではない単に若い女性である彼女に居場所はありません。あきらめきれない彼女は、かつてのバイト先で様々な人と話をして、ある集団訴訟に必要な原告を20数名集めてきてしまいます。その後も「調査員になりたい」「どうすればいい」と先輩調査員に尋ねることをやめません。

ちなみにマリッサはユダヤ人です。彼女の人種は仕事をしていく上で大きなマイナスにはなりませんが、折に触れて言及されることで、アメリカの「白人社会」をひとくくりにはできないことが分かります。

無事に調査員の資格を取ったマリッサは常に前のめりで働き、弁護士から頼まれたことも、頼まれる前に小耳にはさんだことも、どんどん調べていきます。子どもの誕生パーティーにもぐりこんだり、フードコートで昼食をとっている別の弁護士事務所の女性事務員からさりげなく情報を聞き出したりと、まさに探偵そのものです。

その能力は友達付き合いにも生かされ、友人がSNSで中傷されているのを知った時は、架空アカウントを駆使して犯人を突き止めてしまいます。マリッサが明るく前向きに、好きなことを追求する姿を見ていると、キャリアの初期にやるべきことが自然と見えてきそうです。

画像2

また、このドラマには数々の変わった人が登場します。中でも私が好きなのは赤毛の女性弁護士エルスベス・タシオーニ(キャリー・プレストン)です。彼女は歯科医院とオフィスをシェアしており、椅子がないといってカラフルなビーチチェアを客に勧め、音声アシスタントAIを使いこなせずに打ち合わせ中に陽気な音楽を大音量で流してしまうなど、かなり素っ頓狂です。常にカラフルな布バッグをいくつも肩にかけ、出会った女性の服やアクセサリーなど、話の本題と無関係なものをいきなり褒めるなど、注意力が散漫です。

そんな変人の彼女ですが、フレンドリーな笑顔と穏やかな話しぶり、そして明るさで、初対面の人の心をつかむ魅力があります。そして、エルスベスもまた、非常に優秀です。レディック&ボーズマンがシカゴ市当局から攻撃を受けた際は、事務所側の代理人となります。シカゴ市当局の担当者の怪しい動きを封じ込めるべく、ターゲットの妻にショッピングモールで近づいて知り合いになり、自宅に上がり込んで親しく話して情報を引き出す、スパイ顔負けの働きをするのです。

このように「ザ・グッド・ファイト」は優秀な女性キャラクターに事欠きません。主役のダイアンはもちろん、彼女の部下、アシスタントなど、年齢、人種、職業もさまざまな優秀な女性たちが登場しては、現実の問題と闘い、折り合いをつけ、そして勝利を重ねていきます。彼女たちの「闘い(ファイト)」ぶりは、黒人差別問題と並ぶ、このドラマの柱と言えます。

私の海外ドラマ好きは、この「ザ・グッド・ファイト」がきっかけのひとつでした。多様な女性たちが当たり前のように活躍するドラマを見た後では、女と言えば主婦かOL、仕事ができるなら無表情といったようなステレオタイプな女性像を垂れ流す番組は、もはや見ようと思えません。

現実の日本社会にいまだにはびこっている「女性は発言すべきでない」「黙っているべき」という化石のようなリーダーの妄言に苛立ちと憤りを感じたら、ぜひ、このドラマを見て欲しいです。様々な年齢の女性たちが、よく喋り、よく動き、諦めず闘う姿を見て、化石たちを倒すシーンを心に思い浮かべ、明日へのエネルギーを蓄えてほしいです。

私の周りにいる熱心に働き、稼いでいる女性たちは、このドラマを好きだと言います。真に活躍する多様な女性の姿を描くことは、もはやポリコレではなく、経済的に自立した視聴者の関心を惹くうえで不可欠な要素と言えます。

◆「ザ・グッド・ファイト」(アメリカ、2017年)
出演:クリスティーン・バランスキー、クシュ・ジャンボほか。2021年、シーズン5を制作中。アメリカではCBSで放送、エミー賞などにノミネートされた。2021年現在、Amazon prime videoなどでシーズン3まで配信中。

ザ・グッドファイトが気になった方はこちらも ↓↓

連載いちばん人気記事はこちら ↓

治部れんげ/ジャーナリスト、昭和女子大学研究員、東大情報学環客員研究員  1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。2006年~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年からフリージャーナリスト。2018年一橋大学大学院経営学修士。取材分野は、働く女性、男性の育児参加、子育て支援政策、グローバル教育、メディアとダイバーシティなど。東京都男女平等参画審議会委員(第5期)。財団法人ジョイセフ理事。財団法人女性労働協会評議員。豊島区男女共同参画推進会議会長。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
28
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!