光文社新書
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.72
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.72

光文社新書

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『われら』→『空気の検閲』

担当の自己採点★★★ ディストピア小説って本当におもしろい…! 『われら』を初めて手にしたとき、とても興奮してひと晩で読み終えた記憶があります。後に続く数々の作品に影響を及ぼした大傑作ですが、そういえば手塚治虫『火の鳥』〈太陽編〉なんかにもその一端を感じますね。


『スッタニパータ』→『ただ坐る』

担当の自己採点★★★ 「愚か者は水が半分入った水瓶のように音をたてる」……。うまいたとえだなあ。ブッダは文学的表現力が豊かですね。


『人間のしがらみ』→『色の新しい捉え方』

担当の自己採点★★★ 前出のザミャーチン『われら』には「緑の壁」という外界とを隔てる境界が登場するわけですが……非常に意味深です。『進撃の巨人』的といいますか。


『幸福について』→『「事務ミス」をナメるな!』

担当の自己採点★★★★ 山口県阿武町の4630万円給付金問題を思うと、まったくナメてはいけないことをしみじみ実感します。ミスを防止するシステムをどう作るかは、本当に難しい…?


『二十六人の男と一人の女』→『強権と不安の超大国・ロシア』

担当の自己採点★★★ 「強権と不安の超大国」というのはいま現在のウクライナ情勢を考えると、とてもわかりみの深い定義です。人間の行動原理における「不安」という要素の大きさについて考えさせられます。こちらの廣瀬陽子先生のご著書は急遽増刷しました。ぜひご一読ください。


前回はこちら


この記事が参加している募集

推薦図書

新書が好き

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

光文社新書
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!