見出し画像

【26位】オーティス・レディングの1曲―微妙にして繊細な「魂の置き場」を平熱で、激動の時代の真ん中で

「(シッティン・オン)ザ・ドック・オブ・ザ・ベイ」オーティス・レディング(1968年1月/Volt • Atco/米)

画像1

※こちらはドイツ盤シングルのジャケットです

Genre: Soul
(Sittin' on) the Dock of the Bay - Otis Redding (Jan. 68) Volt • Atco, US
(Steve Cropper • Otis Redding) Produced by Steve Cropper
(RS 73 / NME 103) 428 + 398 = 826
※28位から25位までの4曲が同スコア

不世出のソウル・アーティスト、オーティス・レディングの代表曲が「826点」でここに入った。ソウル・ファンで、このナンバーを知らない人はいないはずだ(もしいたとしたら、それは論理的におかしい)と言い切っていいほどの、歴史的名曲だ。

レディングというと、まずなんと言っても「熱唱」だ。魂の燃焼力で空気も焦がすような唱法が、そのまま「サザン・ソウル」の基礎を成した。が、この曲はちょっと違う。ソフトで、レイドバックしているのだ。ゆったりと泰然自若、寄せては返す波のようなミディアム・テンポにて、「人生のなんでもない瞬間」の、退屈な光景が描写されていく。

主人公は波止場にいる。座って潮の満ち引きやら、船の行き来をただ眺めている。朝から始めて、なんと、ずっとそのまま「夜までこうしているだろう」なんて言う。つまり彼はひたすら「時間を無駄に」している。人生の目標もない。この先いいことなんてないようにも思っている。「だけど」と、主人公は言う。「僕はこれからも、ずっと変わらずにここにいるよ」――という歌だ。この「波止場」とは、一種の精神的シェルターだろうか。心を落ち着けて、頭を冷やし、自らの「常態」を取り戻すための場所みたいに見える。

レディングはこの曲を、ツアー中に書き始めた。伝説となったモンタレー・ポップ・フェスのステージの数週間後、彼はサンフランシスコから湾をはさんで対岸にある町、サウサリートのハウスボートに滞在。同地の情景描写が曲の基礎になった。作業を終えたのは、メンフィスにて。「グリーン・オニオンズ」(66位)をヒットさせたMGズの一員でもあるギタリスト、スティーヴ・クロッパーの助けを得て、曲がまとまったのが12月7日。その3日後に自家用飛行機が墜落、レディングは帰らぬ人となる。26歳の若さだった。

彼の死後およそ1ヶ月後に発表された当曲のシングルは、ビルボートHOT100の1位を記録。これはレディングにとって初の首位だった。また死没したアーティストの曲がチャートの1位となったアメリカ初の事例ともなった。全英では3位だったのだが、同名アルバムは1位となり、これもまた、同チャート没後アーティスト初の事例となった。  

急逝の衝撃がヒットに寄与したことは、疑いようもない。しかし興奮に満ちた激動の60年代終盤だからこそ、この歌の「平熱感」を、切なくも美しいトーンを、多くの人が愛した。レディングは、人生のエアポケットのような瞬間にふと感じる「心のゆらぎ」をスライスして取り出すことで、「普遍」をこそ指向するソウルを、ここに打ち立てた。

(次回は25位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
15
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 82本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。