ファイル_001__1_

【メイキング大公開!】えんぴつ描き原画からコミックエッセイができるまで

こんにちは、光文社新書の藤です。
最近の私の一押し書籍は『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』なのですが(3/25発売、担当書籍!)、今回はその舞台裏を、写真付きで紹介してみようと思います。
ずばり「えんぴつ描き原画がコミックエッセイになるまで」です!

「今回の原画は、えんぴつで描いてみたい」

それは著者・イトウハジメ先生と、お打ち合わせしていた初期の時のこと。
「今回の書籍では、原稿をえんぴつで描きたい」とおっしゃいました。
通常、コミックエッセイや漫画はペンで描かれています。最近では、デジタルのペンで描く方も多いです。
が、今回はアナログの極み・えんぴつに挑戦してみたい、と。作家としての静かな挑戦心を感じました。「ぜひやりましょう」という話になりました。

実際、どうなの? ちょっと、心配…。

懸念されるのが「鉛筆で描いたタッチが、実際の印刷で、どの程度まで再現できるのか?」という点です。そこで本書では、

・最初にえんぴつ描き原稿のサンプルをいただく
・実際に使用する紙の種類を決定&印刷会社さんも決定
・サンプル原稿をもとに、試し刷りしてみる

という作業を最初に行うことに。
私自身、これまでは原稿完成後に、印刷会社さんや実際の紙(本紙/ほんし)を決めることが多かったので、今回はちょっぴりイレギュラーです。
が、大丈夫! 我々には強い味方が付いております。

巻き込まれていく方々

サンプル原稿が届きました(下記、一例です)。

画像1

画像2

えんぴつのタッチが、あたたかくて素敵です…!
さてこれが届く数日前に、わたくしめ、腕利きのデザイナーさん(※味方1)にお仕事をお願い済みでございます。事情を話し、イレギュラーですがいきなり紙のセレクトをお願いしました。その紙が予算的にOKか社内担当部門に確認し…、いざ印刷会社の営業さん(※味方2)へ!
「えんぴつの原稿ですか、いいですねぇー!」
という、どーんと来いな姿勢で、試し刷りをしていただくことに。

印刷見本、できました!

数日後、こんな感じででてきました。
ごく初期のモノで、各所を回っているため、かなりぼろっぼろですが…。印刷見本の一部です。

画像3

これをイトウ先生にも見ていただき、「OKです!」とありがたいお返事。
原稿を進めていただきます。

束見本、できました!

原稿の総ページ数が見えてきましたら、束見本(つかみほん)を作ります。これは実際に書籍で使用する紙&実際のページ数で「試しに作ってみよっか」と、書籍のカタチにしたものです。こんな感じの、無地の冊子です。

画像4

「束」とは背表紙部分のことで、本書は束幅「14ミリ」ほど。

画像5

書籍に使う紙も種類豊富でして、ざっくりとですが、「ぱきっと白系」や「温かみのあるクリーム系」などございます。今回は手書きのえんぴつが映えるように、後者の系統で選んでいます。

原稿、入稿、初校、再校

原稿がまとまりましたら、印刷会社に渡します(入稿)。
数日で最初の印刷物(初校)が出てきまして、細かい修正を加え、もう一回印刷物を出してもらいます(再校)。下記写真は、再校です。

画像6

校了、白焼き、刷り出し

校了(原稿への加筆修正、終了!)となりますと、印刷会社さんのほうで、書籍のカタチに近い状態の「白焼き」というものを作ってくださいます。

画像7

これ、何がスゴイって、大きな紙に片面印刷されたものを、手作業で切り張りして、書籍と同様に作り上げているとのこと。
なので、ほんのり糊の香りがします…。

画像8

こんな感じで、片面印刷済みの紙を糊で張り付けて、書籍のページっぽくしてくれています。糊がない箇所は空きもアリ。細かい作業に日々感謝です。

白焼きで、製本時の異常などないかをチェックしていただき、実際の印刷&製本…となります。
さらに印刷会社さんは、印刷が始まると、その中の一部をサンプル的に持ってきてくださいます(刷りだし、と呼んでいます)。

画像9

左から「束見本」「刷り出し」「白焼き」です。

画像10

「束見本」と「刷り出し」は厚みが同じです。「白焼き」だけ、ちょっと分厚いです()。

原画の良さ、でてますでしょうか?

さて、「刷り出し」に寄ってみましょう。
実際の印刷物…、いい感じに仕上がっていますでしょうか? 

画像11

その他、オビやカバーの印刷物も続々と上がってまいりまして、すべてをチェックし終えて、一冊の本になります。
下記写真は、オビの刷りだしです。鮮やか!

画像12

以上、ざっくりとですが、原画から書籍になるまで(弊社編)でございました! 
※各社のやり方があるかと思いますので、本書に限っての「作り方」ということで、ご紹介してみました!

気になった方は書籍の方も、ぜひチェックを!

・・・

本書より 先行公開『ゴッホ最期の一日』 記事一覧

・第1弾 自殺?他殺?いまだ謎のゴッホ「最期の一日」
・第2弾 ゴッホの絵は生前に評価されなかった?
・第3弾 諸説あり!ゴッホの「絶筆」について
・第4弾 「ゴッホ最期の一日」エンディング

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
19
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

光文社新書PLUS
光文社新書PLUS
  • 21本

小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。