【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.87
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.87

光文社新書

バックナンバーはこちら


野地秩嘉『一流たちの修業時代』

修業とは技術を磨くということではなく、磨こうと悪戦苦闘している自分自身を他人の目で客観的に評価するということだ。自分を見つめる作業を欠いた悪戦苦闘は、修業とは呼べないのである。


高間邦男『組織を変える『仕掛け』

強みというのは、他人からの評価です。ところが、多くの人が、「強みは何ですか?」と聞かれると、自分が普段から心がけていることを答えてしまいがちです。これは、他人から自分の強みをきちんと聞いたことがないからです。


田原徳容『ルポ 不法移民とトランプの闘い』

相手が旅行者やお客さんといった一時的に触れ合う存在ならお互いに心地よい感情を生むが、隣人や職場の仲間といった常時接する存在になると、違和感が先に立つことも少なくないのではないか、と思う。米国の移民社会の現場でも、こうした感覚を持つ人が少なからずいた。


宮津大輔『新型コロナはアートをどう変えるか』

人類は紀元前から現在に至るまで、様々な疾病に悩まされ続けてきました。そして、時代を代表する芸術家たちは、その時々に厄災やそれらが炙り出す不条理、欲望、さらには「メメント・モリ(死を想え)」に代表されるような警句を、絵画や物語として描出してきたのです。


古藤晃『ビジネス英語を速く読む』

とりあえずは、「速読」は頭の外においておこう。そして、自分が関心をもつ分野については、ゆっくりでもいいから、せっせと、読み込んでいこう。日本語で書かれたものでいい。(中略)そうやって、いろいろ背景がわかってくると、読むことがどんどん楽になる。


慎武宏 河鐘基『ヤバいLINE』

LINEはこれまでの学校における人間関係の時間を延長し、青少年のコミュニケーションの質と量を変えてしまったということになる。実際、LINEいじめで特徴的なのは、近しい間柄の人間同士でトラブルが起きるという点でもある。


パリッコ『つつまし酒』

僕には「いつかは大豪邸に住んで、毎日ごちそうを食べて暮らしたい」というような贅沢な欲望はまったくありません。身の丈にあったお酒やつまみを前に、家族や友人たちとくだらないバカ話をしているときがいちばん幸せだし、それ以上に望むものなんてないとすら思えます。




この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
光文社新書
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!