マガジンのカバー画像

コトバのチカラ

94
ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りす… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.93

バックナンバーはこちら 高橋祐貴『幽霊消防団員』 消防団の金銭の在り方を巡る課題は、報酬…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.92

バックナンバーはこちら 太田和彦『老舗になる居酒屋』 夕暮れがはやくなり、首筋にヒューと…

12日前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.91

バックナンバーはこちら 林望『思い通りの家を造る』 イギリス人は、狭い国土の中で、田園と…

2週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.90

バックナンバーはこちら 西尾克洋『スポーツとしての相撲論』 何を残し、何を変えるべきなの…

3週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.89

バックナンバーはこちら 鈴木隆『リフォームを真剣に考える』 リフォーム業者選びは、病院や…

1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.88

バックナンバーはこちら 弘兼憲史『島耕作の農業論』まずは農業の間口を広げることだ。 その…

1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.87

バックナンバーはこちら 野地秩嘉『一流たちの修業時代』修業とは技術を磨くということではなく、磨こうと悪戦苦闘している自分自身を他人の目で客観的に評価するということだ。自分を見つめる作業を欠いた悪戦苦闘は、修業とは呼べないのである。 高間邦男『組織を変える『仕掛け』強みというのは、他人からの評価です。ところが、多くの人が、「強みは何ですか?」と聞かれると、自分が普段から心がけていることを答えてしまいがちです。これは、他人から自分の強みをきちんと聞いたことがないからです。

スキ
7

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.86

バックナンバーはこちら 岡田尊司『愛着障害の克服』二分法で評価するクセは、親の期待に沿え…

1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.85

バックナンバーはこちら 伊藤浩介『ドレミファソラシは虹の七色?』キャラ分けとは、色分けの…

2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.84

バックナンバーはこちら 坂口孝則『会社の電気はいちいち消すな』ダイエット方法と成功法則と…

2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.83

バックナンバーはこちら 勝間和代『まじめの罠』「まじめな企業人たち」も、なるべくクレーム…

2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.82

お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちら NHKスペシャル 深海プロジェクト取材班+坂元…

2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.81

お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちら 池内紀『ひとつとなりの山』 途中のどこかを…

2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.80

東口髙志『「がん」では死なない「がん患者」』 栄養状態を改善すれば、人に備わったみずから治る機能がうまく働き、医療が充分に効果を発揮できます。場合によっては、栄養状態を改善しただけで病気や症状が治ることさえあります。栄養を摂るからこそ、私たちは生命を維持できるのであり、栄養なくして医療は成り立たないのです。 岩永嘉弘『すべてはネーミング』 ネーミングはその商品を売ることが目的なんですね。(中略)守らなければならないのは、競合商品から抜きん出た新鮮さと同時に、耳にこびりつ

スキ
12