マガジンのカバー画像

コトバのチカラ

138
ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りす… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.138

バックナンバーはこちら 三好範英『ドイツリスク』資源輸出にしか頼れないロシア経済は、西側…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.137

バックナンバーはこちら 古郡廷治 『文章ベタな人のための論文・レポートの授業』文章には「…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.136

バックナンバーはこちら 難波江和英 内田樹『現代思想のパフォーマンス』「言いたいこと」と…

光文社新書
2週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.135

バックナンバーはこちら 吉井仁実『現代アートバブル』実際のところ、私たちはあまりに多くの…

光文社新書
3週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.134

バックナンバーはこちら 宮下規久朗『美術の力』無数の眼差しが注がれてきた美術作品は、巡礼…

光文社新書
4週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.133

バックナンバーはこちら 岩波明 監修『おとなの発達障害』個人と環境との間には相性というも…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.132

バックナンバーはこちら 比嘉一雄『忙しい人のための「自重筋トレ」』“変えられない部分”は変えず、”変えられる部分”を変える。当たり前のように聞こえることを忠実にやることこそが、トレーニングの妙味なのです。 南雲治嘉『100の悩みに100のデザイン』デザイナーはいわば料理人です。企業が直面しているいろいろな問題に対して、原因を探り、素材を集め、求めている料理のレシピ(解決法)を与えるのがデザイナーの仕事なのです。 宮下誠『20世紀絵画』理解しづらい「芸術」を「むずかしい」

スキ
8

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.131

バックナンバーはこちら 酒井敏『野蛮な大学論』何の意味があるかは誰にもわからないけれど、…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.130

バックナンバーはこちら 田所雅之『御社の新規事業はなぜ失敗するのか?』イノベーションの敵…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.129

バックナンバーはこちら 宮下規久朗『名画の生まれるとき』肖像という芸術を成り立たせてきた…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.128

バックナンバーはこちら 石黒圭『「読む」技術』言葉による理解というものを考えてみると、コ…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.127

バックナンバーはこちら 高城剛『サバイバル時代の海外旅行術』旅とは、自分を映す鏡のような…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.126

バックナンバーはこちら 田口佳史『渋沢栄一に学ぶ大転換期の乗り越え方』多様性と和とは、一…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.125

バックナンバーはこちら 細川昌彦『暴走トランプと独裁の習近平に、どう立ち向かうか?』米中関係が厳しさを増してくると、日本との関係を改善しておき、日米の対中共闘を揺さぶる、といういつもながらの思考パターンだ。 これまでの歴史を振り返ってもそうだが、「日中関係は米中関係の従属変数」という要素が大きい。 坂爪真吾 藤見里紗『誰も教えてくれない 大人の性の作法』まずは社会の中に、どのような形でも構わないので、自分なりの「居場所」を作りましょう。そこから生まれる安心感や余裕が、あな

スキ
8