マガジンのカバー画像

コトバのチカラ

116
ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りす… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.116

バックナンバーはこちら 森田麻里子『科学的に正しい子育て』いくら「科学的に正しい」方法で…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.115

バックナンバーはこちら 福村国春『夢中になる東大世界史』東大の問題を見てきた皆様ならおわ…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.114

バックナンバーはこちら 五島朋幸『死ぬまで噛んで食べる』口から食べることは多くの方にとっ…

光文社新書
2週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.113

バックナンバーはこちら 奥村聡『0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円』稼げていない会…

光文社新書
3週間前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.112

バックナンバーはこちら 渡邊大門『真田幸村と真田丸の真実』軍師像だけではなく、さまざまな…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.111

バックナンバーはこちら グロービス経営大学院 田久保善彦『日本型「無私」の経営力』「津波…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.110

バックナンバーはこちら 小幡績『すべての経済はバブルに通じる』経済を成長させるために投下された金融資本が、経済において利益を生み出す決め手になると、その金融資本が主役になり、こちらの目的が優先されるようになります。経済と金融とが主客逆転し、金融資本が利益を上げ、自己増殖するための収益機会として経済は存在することになるのです。 ゴジキ(@godziki_55)『巨人軍解体新書』これまでの成功や失敗の体験、その積み重ねで得られた知見によって、言葉やデータでは表せない直感・感性

スキ
5

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.109

バックナンバーはこちら 寺井広樹『AV女優の家族』インタビュー全般を通して感じられたのは、…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.108

バックナンバーはこちら 奥村佳史『法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる』法人税の…

光文社新書
1か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.107

バックナンバーはこちら 山崎まゆみ『おひとり温泉の愉しみ』時間の余裕、精神的な余裕、人と…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.106

バックナンバーはこちら 島田裕巳『お経のひみつ』私たちは、汚れるということに対してもかな…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.105

バックナンバーはこちら 春日武彦『問題は、躁なんです』躁は、楽しいことや嬉しいことがある…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.104

バックナンバーはこちら 笹山尚人『人が壊れてゆく職場』 「こんな社会」になってしまったこ…

光文社新書
2か月前

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.103

バックナンバーはこちら 布施英利『構図がわかれば絵画がわかる』 ムンクの『叫び』では、その構図は三角形ではなく、なんと逆三角形になっているではありませんか。三角形が安定なら、逆三角形は「不安定」の構図となります。その構図の効果が、そのまま『叫び』に込められた不安という主題と、イコールになっているのです。 名良橋晃『サイドバック進化論』 クロスへの対応に関しては僕なりの考え方がある。足先だけで奪おうとすると抜かれてしまう。足を出してボールに当たることもあるけれど、そのボ

スキ
7