見出し画像

韓国の教育虐待を描くドラマ「SKYキャッスル」に見る存在証明としての学歴

光文社新書の永林です。今週は、国立大学の合格発表がありましたね。トップ大学に合格した子どもたちの中には、小学生、あるいは就学前から猛勉強をしていた生徒も多くいることでしょう。親は、子どもたちによりよい未来を歩んでほしい一心で、勉強をさせるものですよね。しかし、「教育熱心にやっていても、子どもの受忍限度(耐えられる限界)を越えたら、教育虐待」と言われているのをご存じでしょうか。治部れんげさんの連載「ジェンダーで見るヒットドラマ」第11回は、そんな教育虐待に走る韓国の教育ママ・パパたちを描いたドラマ「SKYキャッスル」を取り上げます。

前回までの記事はこちら↓ 6月発売の光文社新書「ジェンダーで見るヒットドラマ」の原稿を先行公開しています! 

※以下、治部れんげさんの記事はネタバレを含みます。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

「自分の人生を生きられない親」による教育虐待

韓国ドラマを見始めて1年になります。すぐに気づいたのは、俳優たちが高学歴であることでした。「愛の不時着」主演のヒョンビン、ソン・イェジン、「私の名前はキム・サムスン」主演のキム・ソナ、「ミスティ」主演のキム・ナムジュなどはいずれも、韓国の大学で映画や演劇を専攻しています。理論を学んでいるから演技も上手なのかな?と感心していたら、芸能界に詳しい友人が「韓国は学歴社会だから」と教えてくれました。

「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」は、韓国の極端な学歴重視社会を風刺する秀逸なドラマです。タイトルはドラマの舞台になるソウル郊外の高級住宅地の名称からきています。南欧のお城のような豪邸が立ち並び、一般の住宅地とは隔絶されたコミュニティで、住民だけが使える豪華な図書館やパーティールームもあります。中心となる登場人物は、複数の医師とその家族、ロースクール教授とその家族です。

ドラマは、この高級住宅地に住む家族の異常な教育熱を描きます。まず、息子を医者にするべく猛勉強させていた医師一家、パク家の場合です。

息子と恋愛関係になった若い家政婦を、勉強の邪魔になるからと両親が追い出してしまいます。家政婦の娘を「虫けら」と呼ぶ父親に、息子が怒りをぶつけます。「学のない貧乏人は虫けらなのか? 学歴で差別するあんたらが虫けらだ」。すると、医師である父親は、医学部を目指す息子にこう言い放ちます。「実力がなくて(医学部に)行けないか。親戚中が出た大学なのに。クズが生まれやがって。戸籍から抜くぞ」。

階級差のある恋愛は韓国ドラマの定番ですが、相手を「虫けら」と呼び、学歴差別した挙句に息子を「クズ」呼ばわりするのは親としてはもちろん、人間として失格でしょう。実際、この家庭では、息子が医学部に合格した直後、両親と縁を切ることを宣言し、家庭が崩壊します。母親は猟銃自殺し、父親は勤務先の病院を辞めてSKYキャッスルから去り、山小屋にこもります。

パク家は最も悲惨なケースですが、登場人物の多くは教育虐待に走り、その家族は苦しみます。子どもの将来を案じるのは多くの親に共通することです。教育熱心であることと、教育虐待の線引きについて、臨床心理士で広島大学教育ヴィジョン研究センター諮問委員の武田信子さんは、子どもの受忍限度を超えているかどうかを目安にすべきと言います。顔色や寝起きの悪さ、隠し事、他人に意地悪をする、物に八つ当たりをする等の例を挙げた上で、他人が基準を決められることではないため、子ども自身に尋ねてみることを勧めています。つまり、子どもの自己決定権の尊重が欠かせないということです。

このドラマでは、虐待の深刻さ、夫婦の片方に常識があるか否か、また夫婦のパワーバランスにより、家庭崩壊に至るか、家族が再生するかが分かれるのです。

同じくSKYキャッスルに住む別の医師一家、チン家は、前出のパク家と同じく専業主婦の妻と息子ひとりという家族構成ですが、全く違う運命をたどります。

ある時、中学生の息子がテストで60点を取りました。塾で同じクラスだった友人にも抜かれてしまい、母親は激怒して息子をひっぱたきます。母の折檻から逃げる息子が室内にあった陶器のコレクションを割ってしまうと、母親の怒りはさらに増し、息子は家出をします。

置手紙には「生まれてきてごめんなさい。僕も100点を取って2人を喜ばせたいのにバカでごめんなさい。2人の肩の荷が降りるなら僕は死にます。育ててくれてありがとう。さようなら」と書かれていました。子どもにこんなことを言わせるなんて……と、見ていて涙が出そうになります。

この家庭の母親は、ソウル出身の自称元ヤンキー。今は上品な医師夫人ですが、根は温かく人間的です。息子の置手紙を読むとすぐに家を飛び出して探しに行き、無事に見つかった我が子を抱きしめます。「そんなこと言わないで。私の大事な息子なのよ。母さんはあんたが命なの。ごめんね」と謝ると、これからは塾もできる範囲で通えばいい、と言うのです。

もともと、この母親は、確たる考えがあって教育ママだったわけではありません。お父さんと同じ医者になってほしいけれど、そうでなくてもいい、本当はどうしたらいいか分からない、という曖昧な価値観でした。彼女の夫は医者ですが、息子のお尻を叩いて無理に勉強させようとは思っていませんでした。妻と子を愛する普通の人という、チン医師は日本にもよくいるお父さん像のように思えます。視聴者が最も感情移入しやすい登場人物と言えるでしょう。

そして日本でも、この母親のように、周囲に流される形で教育ママになり、虐待めいた行動を取る人は少なくないのです。

画像1

◆教育虐待の背景にある「親の人生問題」

それにしても、子どもが「生まれてきてごめんなさい」などと言い、親子の縁を切ろうとするほどの教育虐待は、学齢期の子どもを持つ親として、見ていて辛かったです。前述の家庭以外でも、親子げんかの中で子どもが「全く遊んだことがない」と叫ぶシーンが何度かありました。子どもには遊びが何より大事で、自分の子どもが公園や友達の家を行き来して遊ぶことをかけがえのない素晴らしい時間だと思っている私には、想像を超えた状態です。

このドラマは、教育熱心な親の暴走、それがもたらす教育虐待や家庭崩壊問題に留まらず、社会にある構造問題を掘り起こしたところに凄みがあります。それは、親自身が幸せで満たされた人生を送っていない、という問題です。ドラマが批判するのは教育「ママ」だけではありません。熱心さが行き過ぎて教育虐待に走る父親も描きます。

SKYキャッスル住人で、ロースクール教授のチャ・ミニョク(キム・ビョンチョル)は、司法試験にトップ合格して検事になった人物です。政界進出を夢に見、”Blue house”(青瓦台=韓国の大統領官邸)を目指していましたが、志半ばで挫折しています。自分が果たせなかった夢を子どもに託すチャ教授は、双子の息子たちに猛勉強をさせます。学習効率を高めるためと自宅に設置した特別な勉強部屋は、窓ひとつない防音室で、さながら監獄です。

チャ教授はSKYキャッスルの住人限定で読書会を主宰し、大学の推薦入試のため立派な読書リストを提出したい教育ママ達や優等生の子ども達に喜ばれています。ただし、そこで展開される議論は非常に偏っています。人を蹴落としても自分が勝つことを是とする価値観を当てはめてニーチェやリチャード・ドーキンスを誤読して悦に入る様子は滑稽です。

多少なりとも文章を扱う仕事をしている人なら、この読書会のシーンを見てチャ教授に基礎教養が欠けていることに気づくでしょう。会に参加している母親や中高生の中には、問題を感じ取っている人もいますが、偉い大学教授の主宰をありがたがる雰囲気の中では異論を挟めません。

実はチャ教授は、貧しい家庭の出身です。苦学して出世したこと、SKYキャッスルの住人に自分の知識をひけらかしたくて読書会を開いていたことが、徐々に明らかになります。彼が息子たちに猛勉強させるのは、大統領やその側近として働きたかった、という自分が果たせなかった野心を、子どもを通じて満たすためなのです。

こうして、ドラマは極端な教育熱の背景にある「親自身の満たされなかった思い」を明らかにしていきます。重要なのは、親がキャリアで挫折したことが、子どもに対する教育虐待が必ずしも対応していないことです。

例えばチャ教授の妻は大学院で博士号を取得して研究者を目指していましたが、育児に専念するため、論文執筆をやめて専業主婦になりました。途中、ある衝撃的な出来事に直面し、彼女が自分の人生を「虚しい」と言う場面があります。それは、子どもの教育のためにキャリアを諦めた多くの女性たちの気持ちを代弁しているように見えます。

ただし、彼女は「子どもを優先する」という意思決定を自らの選択と受け止め、全く後悔していません。子ども達のために、良い教育環境を整え、美味しく栄養のある食事を用意して支えることに生きがいを見出しています。彼女にとって子どもの教育は、子ども自身が幸せに生きるための手段であって、子の学歴を自分の勲章のようにひけらかそうとはしません。このように、まともな母親の支えを得て、チャ教授の息子たちは父親の厳しく無理な要求に抵抗できる強さを身につけていきます。

画像4

チャ家の物語は、学歴社会や熾烈な受験勉強の話に留まりません。生育環境ゆえに歪んだ弱肉強食の価値観を持ってしまった父と、そんな父を、それでも愛し続ける賢い母の綱引きです。最初はぼんやりした美人に見えていたチャ家の妻が、しっかりした教養に基づく知性と強さを見せ始める後半以降の展開が非常に面白いです。当初、家事育児を妻に丸投げして威張っていたチャ教授が、最終的にはエプロンをつけて娘と共にキッチンに立ち、子どもの友人たちをもてなすまでに変化していく様子はとても微笑ましいものでした。

ここでは、極端な価値観の持ち主だった男性も変われること、そして人が変わるためには何より愛情が効くことが描かれています。欧米のドラマだったら、物語の中盤で妻から離縁され、妻子ともに捨てられてもおかしくない幼稚なエリート、チャ教授ですが、韓国ドラマは目上の人に優しいためか、夫は捨てられずに救済されるのです。

◆扶養される妻にとって子の学歴は存在証明

ところで、このドラマの主人公は、これまた医師の妻であるハン・ソジン(ヨム・ジョンア)です。成績優秀な長女は進学校に通う高校生で、特別な受験コーディネーターのコンサルティングを受けつつ、複数の家庭教師について猛勉強しています。医学部への推薦入学を狙い、学校の定期テストで学年トップ、全教科100点満点を目指して日夜勉強に励んでいます。

優秀な娘の教育環境を整えるため、母は必死で駆け回ります。ある時、受験コーディネーターに払う莫大な費用を工面するため、姑の家を訪れて資金援助を頼みます。この時に受けた冷たい対応から、韓国ドラマ定番の嫁姑問題が浮かび上がります。

ソジンは周囲に、本名と生育歴について嘘をついていました。父親はオーストラリアの銀行の支店長、自身はシドニーの大学出身で、家族はオーストラリアに住んでいる、というのが表向きの経歴です。しかし、実際の彼女は韓国の精肉店の娘に生まれ、アルコール依存症の父親に暴力を振るわれて育ちました。「女に勉強はいらない」と母親に本を破かれる劣悪な環境の下で必死に勉強し、奨学金を取得して進学した苦労人です。

画像3

ソジンの本名と経歴を知る姑は、彼女を「嘘つき」呼ばわりしてはばからず、嫁として認めていません。夫もソジンに「だまされた」という認識で、ことあるごとに冷たい言葉を放ちます。夫からも姑からも認められていないソジンにとって、娘を夫と同じ医者に育て上げることは、子どもの幸せである以上に、自分の存在証明なのです。

一方、SKYキャッスル住人にも子どもの自主性を重んじる親が何人かいます。その代表格がイ・スイム(イ・テラン)。新しくSKYキャッスルに引っ越してきた童話作家で、医師の夫と高校生の息子がいます。夫はスイムとは再婚で、息子は死別した前妻との間の子どもです。この息子はソジンの娘と同じ進学校に通う高校生で成績が良いのですが、好きな数学塾のみに通ってマイペースで勉強しています。

母親同士の教育情報交換やマウンティングが苦手だったスイムは、SKYキャッスル住人の異常な教育熱に驚きます。ある時、ソジンの娘の無礼な態度を注意したスイムは、ソジンに逆ギレされます。「私教育(親が自費で子どもに受けさせる教育の意味)に関心がないならすっこんでなさい」「口を引き裂くわよ」というソジンの言葉は、文字通り目を丸くしてしまう恐ろしさです。

この人は、子どもの成績さえ良ければ、他のことはすべてどうでもいいのだろうか、と疑問がわきます。ドラマの中では、何度も「大学に入ったら」というフレーズが繰り返されます。遊ぶ時間は全くなく、睡眠を削り、すべてを推薦入試のために費やす日々も、大学に入れば報われる、という意味です。これが間違っていることは、常識的な人ならすぐに分かるでしょう。人生は大学入学後も卒業後も長く続くからです。

ドラマの序盤ではソジンの教育ママぶりを「気持ち悪い」「ここまでやるのか」と思って見ていた私も、彼女の出自が明らかになると、同情を覚えるようになりました。すさまじい格差社会の中で、女性に経済的自立の道があまりない時、貧しい女性が階層上昇を果たすには結婚しか道がない。そして、婚家に自らを認めてもらうには、子どもを良い大学に入れるしかない。要するに子どもを通じた人生の生き直しをせずにはいられない。そんな悲しい現実を見ると、ソジンを「おかしい」と批判してばかりはいられないのです。

◆男性が変わる瞬間とその重要さ

最後にひとつ、このドラマをジェンダー視点で評価する最大のポイントを記します。それは「男性が変わる瞬間とその必要性」を明確に描いていることです。前述のように姑と夫はソジンの生育歴と嘘を理由に彼女を責めていました。それが、ある出来事を機に夫が変わるのです。彼は自分の母親に言います。

自分の顔も分からなくなってしまった」

夫、大学教授、父親という社会的役割はあっても、個人として自分が一体どういう人間なのか見失った、という意味です。育児に専念する主婦たちだけでなく、男性もまた社会的な役割に囚われて自分らしく生きることができない、という問題を示す秀逸なシーンです。彼は続けて、妻・ソジンについてこう言います。

「受験しか考えない母親にしてしまった。僕と母さんが生き方を間違えたせいだ」

これは、苦労の多かったソジンの半生を認めず、「嘘つき」呼ばわりしてきたことへの謝罪です。夫に素の自分を認めてもらったことで、ソジンはある重大な決意をします。それにより、長女は医大推薦入学をあきらめることになりますが、2人の表情は晴れやかです。怒った姑が家に乗り込んでくると、孫娘に言われます。

「おばあちゃんが自分で医大に行けばいい」

こうして、極端な教育ママや格差社会というテーマを掘り下げていくと「自分の人生を生きられない親」という根本問題に行き着くのです。特に教育ママの価値観には、夫の収入・肩書や、子どもの学業的達成を通じてしか自分の人生を満たすことができない構造問題が透けて見えます。もし、ドラマに登場する母たちが、経済的に自立して生きる道があれば、ここまで狂気に走らずにすんだかもしれません。

そして、自分の人生を生きていない母たちに夢を託された息子たちもまた不幸です。彼らは「母に言われたから」勉強し、医大に入って医者になっています。自分の人生を生きていない親が、自分の人生を生きられない子を育て、大量に再生産しているのです。

今作については、いくつか重要なネタバレを避けて書いてきました。ドラマを見続ける吸引力になる謎解きの要素には触れていないので、この記事を読んだ後もドラマは楽しめるはずです。描写こそ極端ではありますが、欧米と比べて女性の経済的自立度合いが低い日本で「SKYキャッスル」が支持される余地は大きいでしょう。

ソジンの娘のセリフを自分に置き換えて「お母さんが/お父さんが/おじいちゃんが/おばあちゃんが、自分で〇〇すればいい」としてみると、子どもや孫に自分の人生のやり直しをさせていることに、気づく人もいるかもしれません。日本の視聴者は、このドラマを「韓国は大変だな」と他人事のように見てはいられないでしょう。

◆「SKYキャッスル」(2018~2019、韓国)
ヨム・ジョンア、イ・テランほか出演。全28話。百想芸術大賞TV部門で演出賞、女性最優秀演技賞、男性助演賞、女性新人演技賞などを受賞。Netflix、Amazon prime videoなどで配信中。

日本の極端な社会を描いたドラマはこちら ↓

アメリカ(仮想)の極端な社会を描いたドラマはこちら ↓

治部れんげ/ジャーナリスト、昭和女子大学研究員、東大情報学環客員研究員  1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。2006年~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年からフリージャーナリスト。2018年一橋大学大学院経営学修士。取材分野は、働く女性、男性の育児参加、子育て支援政策、グローバル教育、メディアとダイバーシティなど。東京都男女平等参画審議会委員(第5期)。財団法人ジョイセフ理事。財団法人女性労働協会評議員。豊島区男女共同参画推進会議会長。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
47
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!