見出し画像

超正統派ユダヤ教少女の逃亡に私たちは共感できる 「アンオーソドックス」

光文社新書の永林です。4月30日、イスラエルで行われた宗教行事で、群衆が混乱の中で押しつぶされるなどして少なくとも45人が死亡、150人以上が負傷するという惨事が起きました。宗教上の戒律を重視するユダヤ超正統派の行事で起きた事故です。
報道によれば、保健当局は、新型コロナウイルスの感染防止のため、参加者を1万人に制限するよう呼びかけていましたが、行事にはおよそ10万人が参加していたそうです。どんなことよりも宗教の戒律を重んじるユダヤ超正統派。長くカールしたもみあげと大きな黒い帽子、黒いコートという恰好で、彼らを認識できる人もいるでしょう。今回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」で取り上げるのは、ニューヨークにコミュニティを持つユダヤ超正統派出身の女性を描いた「アンオーソドックス」です。女性の人権が「ないこと」とされている世界から、身一つで逃げていく女たちは、どの世界にも共通して存在すると治部れんげさんは語ります。

ただいま絶賛校正中! 6月16 日発売の治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ」の原稿を、光文社新書noteで先行公開しています! 

※以下、治部れんげさんの記事はネタバレを含みます。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

本節で取り上げる「アンオーソドックス」は、全4話で計3時間強。連続ドラマというより長めの映画くらいの時間で視聴できます。主人公はエステル・シャピロ(シラ・ハース)、「エスティ」という愛称で呼ばれる19歳の女性です。ドラマでは、彼女が厳しい戒律の宗教共同体から逃れて海を渡り、解放を手にする経緯を描いています。

◆宗教を理由にした迫害の普遍性

エスティが生まれ育ったのはアメリカ・ニューヨークのブルックリンにあるウィリアムス・バーグと呼ばれる地区。ここには「超正統派(ウルトラ・オーソドックス)」と呼ばれるユダヤ教徒の一派が集住しています。彼・彼女たちは独特の生活様式を守り、男性は長く伸ばしたもみあげに黒いスーツと帽子、女性は肌と髪を覆うような服装をしています。

超正統派の人々は、第二次大戦中、ナチス・ドイツに虐殺されたユダヤ人「600万人を取り戻す」ことを目指しており、女性は早婚で多産、主人公のエスティも19歳で既に結婚し妊娠しています。学校には17歳までしか行っていません。

画像1

厳格な性別役割分業もこの宗派の特徴です。男性はユダヤ教教義の研究を一生の仕事としています。生殖は義務であり、子どもは宝である、と考えています。加えて、生理を不浄なものと捉え、妻が生理の期間、夫婦は別々に眠ります。お見合い結婚の際に新郎側の女性親族が新婦候補を品定めする慣習があります。

職業選択の自由や、メディアを通じて外の世界について知る自由はありません。このような生き方は、現代民主主義国の常識に照らすと男尊女卑で自由がない社会であるように見えます。ただ、本人が望み選ぶ限りにおいて、多くの国が憲法で定める「信仰の自由」の範囲とも言えます。

歴史を振り返れば、宗教を理由に迫害されたり殺されたりした人たちは数えきれないほどいます。多くの国が、信仰の自由を憲法で保障しているのは負の歴史を踏まえ、心の自由という人間にとって最も大切なものを守るためです。それが、他の宗教を信じる人、無宗教の人から見て、たとえ少なからぬ違和感があっても、即座に非難したり、良くないと決めつけたりすることは避けるべきです。こうした考えを前提として、本稿ではエスティを縛っていた人やルールについて、また、異なる社会システムにも共通している部分について考えます。

◆結婚直前まで少女は膣を知らない

超正統派の女性たちは、若くして結婚し、たくさん子どもを産むことを期待されています。エスティも同様で、結婚前に年長女性から性交の仕組みについて教えられますが、それは、身体の仕組みを科学的に説明するのではなく、おとぎ話めいたものでした。

「女には穴があり、そこに男が入ってくる。廊下の先に子宮がある」「夫を歓ばせると欲しいものが手に入る」。欲しいものとは、赤ちゃんを意味します。「ベッドでは男を王のように扱え」といったアドバイスもありました。こうした話を聞くまでエスティは自分の身体に膣があることを認識しておらず「穴なんてない」と言います。「私は異常かも」と不安を訴えるエスティに、教師役の年長女性はトイレで確かめてくるようにと言います。

17歳まで学校に通ったエスティですが、自らの身体については全く無知です。結局、夫婦共に性体験がないまま迎えた初夜、エスティと夫のヤンキーはうまくセックスができませんでした。エスティがとても痛がり、挿入ができなかったのです。そのまま1年近くが経過する中、姑が厳しく干渉してきます。夫婦がセックスできないことは大事な息子の自尊心を傷つける、として、嫁の責任を追求するのです。夫のヤンキーも、多くの夫婦が結婚9か月目で最初の子どもを授かる中、焦りをつのらせていきます。

画像5

女性を完全に産む機械と捉える価値観は、多くの視聴者に異様に映るでしょう。私がこのシーンで想起したのは、韓国ドラマ「ミスティ」で、嫁の生理時期を見計らって自宅を訪れ、妊娠しやすい食材を冷蔵庫に詰めていく姑の姿でした。異なる都市、異なる文化圏にあって、女性の身体的・性的自己決定権を抑圧する社会規範には奇妙な類似性があります。

また、米国ドラマ「ハンドメイズ・テイル」で、司令官の子どもを懐妊し出産する役割を担わされた「侍女」のことも思い出さずにいられません。「ハンドメイズ・テイル」は完全にフィクションで、「アンオーソドックス」は、実際に超正統派ユダヤ人コミュニティから逃げ出した女性の自伝に脚色を加えたドラマです。物語の設定は異なりますが、「妊娠」「出産」を女性に強要する社会の問題を、こうした作品を見比べることで読み取ることができるでしょう。

事実や科学に基づく性教育をしない問題は、決して対岸の火事ではありません。日本では小学校で男女の身体の違いや仕組みを習いますが「性交」の仕組みを教えていません。1980年代後半、エイズ予防への関心が高まり、教育現場でも性教育が広がりましたが、2000年代始めに一部の政治家などが「過激な性教育」の危険を指摘し、行政がそれに引きずられる形で、性器の名称などを学校で教えることができなくなりました。

こうした経緯から、日本の性教育は欧米先進国と比べると大幅に遅れています。学校における性教育の問題については、橋本紀子ら編『教科書にみる世界の性教育』(かもがわ出版)が非常に参考になります。

オランダ、フィンランド、ドイツ、フランス、イギリス等欧州諸国、中国、韓国、日本、オーストラリアのアジア太平洋諸国の教科書を踏まえ、各国で何を教えて何を教えていないのか記しています。

誰といつどのようにセックスするのか、子どもを持つのか持たないのか、いつ何人持つのかということは、性と生殖に関する健康と権利(Sexual Reproductive Health/Rights)であり、女性の基本的人権です。1995年に国連が主催した第5回北京女性会議は「北京宣言」を採択し参加政府は「女性及び男性の教育及び保健への平等なアクセス及び平等な取扱いを保障し,教育を始め女性のリプロダクティブ・ヘルスを促進する。」ことを約束しています。

エスティの置かれた状態は、現代、国際的に主流となっている規範に照らして問題があることは明らかです。その後、年長女性に勧められた「膣拡張器」を試した結果、夫婦は1回だけ挿入ありのセックスに成功し、エスティは妊娠しました。

◆身一つの逃避行は現代日本にもある

妊娠を知って喜び、報告しようとするエスティに、母からの入れ知恵で離婚を決意した夫のヤンキーが別れを告げます。それまで、エスティは超正統派のルールに従い、我慢に我慢を重ねてきました。結婚後は、好きなピアノのレッスンを禁じられ、結婚式の後で髪を全て剃られて悲しみ、激しい痛みを伴うセックスを大事な義務として受け入れ、実家に帰って祖母と会いたいと願っても拒否されます。姑は夫婦の生活にとことん介入してエスティの人権を無視しますし、モーセが伝えたとされる「タルムード」(ユダヤ教の口伝律法)に基づいた意見を述べた時は「女はタルムードを読むな」と言われてしまいます。

鎖につながれてはいませんが、エスティは身体的自由を奪われ、知的自由も教養を磨くすべも奪われ、あたかも囚人のような暮らしをしています。生まれてから19年間、ニューヨークから出たことがありません。ようやく子どもを授かったのに、その喜びを夫と分かち合えないことを知ると、ついに超正統派のコミュニティから脱出することを決意するのです。

知り合いのピアノ教師の助けを借りてパスポートと空港までの車を手配してもらうと、所持していた宝飾品を売って得たわずか1500ドル(約16万円)を服の中に忍ばせ、怪しまれないように手ぶらで家を出ます。

エスティの行先はドイツの首都ベルリンでした。そこには、子どもの時、別れた母が住んでいたからです。エスティの母は彼女が3歳の頃、離婚して家を出るとベルリンに移住しました。現在は女性のパートナーと同居して、介護士として働いています。

ずっと「捨てられた」と思っていた母から、家族の事情を聞いたエスティの心に変化が生まれます。父がアルコール中毒で暴力を振るっていたこと、母は娘を育てたかったのに、超正統派コミュニティが雇った弁護士から親権を取られたこと。いずれも、これまでエスティが信じ込まされていた話とは大きく違っていました。

彼女はベルリンで出会った音楽学校に入学を希望し、世界各国から集まった同世代の友人たちとの交流を通じて、自分の人生を取り戻していきます。

画像3

◆抑圧者に同情せず、自分の人生を切り開け!

ベルリンで新しい生活を始めようとしたエスティのもとに、夫とその従弟が現れます。彼女の妊娠を知り、一緒に家族を作ろう、と申し出た夫は、超正統派男性の特徴である長いもみあげを切り落とします。そこには、自分も変わるから、夫婦としてやり直したい、という意志が表れています。夫は気が弱く、母親や慣習に流されているだけで、本質的には善人であることが伝わってくるシーンです。日本や韓国のドラマだったら、きっとここで許してあげるだろう、と思いました。

けれどエスティは「遅いわ」ときっぱり言い、夫を部屋に残してひとり、歩き去っていきます。さらに、彼女を捕まえようとする夫のいとこを振り払って突き飛ばして転ばせ、振り返らずに歩き続けます。最初は少し悲しそうですが、歩き進むうちに、泣きそうだった顔はかすかな笑顔に変わります。多様な外見の人々が行きかうベルリンの街を進んでいくエスティの心に迷いはなく、彼女は新しい人生を自分の意志で選び取っていくのです。

このラストシーンには、明確なメッセージを感じました。それは「抑圧者に同情は不要」ということです。悪気があってもなくても、夫がエスティの意志に反してピアノを辞めさせ、痛がるのを無理に性交し、彼女を歩く子宮扱いしたことは消えない事実です。そして、意志薄弱な夫は故郷にエスティを連れて帰ったら、また同じように抑圧者としてふるまうことは目に見えています。彼は母親や自分を取り巻くコミュニティからエスティを守ることはできないでしょう。

◆抑圧的なシステムから逃げる女性たちの普遍性

私はこのドラマを2回、視聴しました。最初に見た時は、現代のニューヨークに中世のような暮らしをする人たちがいることに驚き、目を奪われました。超正統派出身の人々が監修に携わった、ということで、視覚に訴える誠実なつくりに引き込まれました。この時は、独自の宗教と文化が強く印象に残り、女性に対する抑圧を含めて単純にショックを受けた状態でした。

画像4

この原稿を書くためメモを取りながら2回目に見た時は、少し印象が違っていました。超正統派の暮らしぶりの特異性より、他の文化圏と共通する部分が目についたからです。先に記したように、女性の身体的自由を宗教や慣習を理由に制限する国や地域は、現代も残っています。このドラマでも、エスティが現金とパスポート、祖母の写真とドイツ市民権を取得するための書類以外、何も持たずにベルリンに降り立つ様子は、印象的でした。今から6年前、DV被害者が身を寄せる民間シェルターを取りまとめるNPOの代表に聞いた話を思い出したからです。

1990年代始め、札幌に住んでいた彼女が、女性に関する政策提言をする場を作ろうとすると、全国から女性が続々と集まってきたそうです。夜行列車を乗り継いだり、黒いビニール袋に子どものおもちゃを詰めて持ってきたりする人たちは、皆、DVの被害者でした。

目の前で起きる暴力から逃れるため、着のみ着のままで逃げてきたという日本の女性たちと、エスティの姿は重なります。離婚準備のため、自分と子どもの荷物をこっそり運び出している人、配偶者に首を絞められて殺されそうになった人など、宗教的な要因がなくても、エスティのように追い詰められた女性は日本にもたくさんいます。

この原稿のはじめに、多くの国で憲法が信仰の自由を保障している、と書きました。私たちは、自分が信じるものを選び取る自由があります。エスティは夫に宗教を変えろとか、慣習を変えろと言うことはありません。彼がどう生きるかは彼の自由です。ただし、それがどんなに身近な人であっても、自分以外の人の決定に自分が従ったり巻き込まれたりする必要はないのです。

ラストシーンで夫を捨て、二度と振り返らず、自分を脅しにきた相手を思い切り突き飛ばし、ひとかけらの同情も見せず歩き去るエスティを見ながら、この強さはどこから来るのだろう、と思いました。そして、自分の人生を選び取り、抑圧者を切り捨てる強さを持たなくては、真の自立はないことを、しみじみと感じたのです。

超正統派ユダヤ人たちの服装、慣習、結婚式などは、日本の視聴者から見ると珍しいものに映ります。エスティの逃避行は、ともすると特定の文化を批判するものに見えます。しかし、特徴的なビジュアルにとらわれず、構造をよく見ると、エスティの物語の普遍性が見えてきます。

このドラマで描かれているのは、どんな国や文化の中でも起こりうる、個人の尊厳を奪う慣習やルールの残酷さと、そういうものから自分を解放することの意義、そのために必要な勇気です。日本に住むあなた自身がエスティだったかもしれないし、今、エスティであるかもしれないのです。

◆「アンオーソドックス」(2020年、アメリカ・ドイツ合作)
出演:シラ・ハースほか。原作:デボラ・フェルドマン。全4話。Netflixで配信中。

夫をすぐに許す韓国ドラマはこちら

夫を全然許さないカナダドラマはこちら

治部れんげ Jibu Renge/1974年生まれ。1997年、一橋大学法学部卒。日経BP社にて経済誌記者。2006~07年、ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年よりフリージャーナリスト。2018年、一橋大学経営学修士課程修了。メディア・経営・教育とジェンダーやダイバーシティについて執筆。現在、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。東京大学大学院情報学環客員研究員。東京都男女平等参画審議会委員。豊島区男女共同参画推進会議会長。朝日新聞論壇委員。公益財団法人ジョイセフ理事。一般財団法人女性労働協会評議員。著書に『「男女格差後進国」の衝撃:無意識のジェンダーバイアスを克服する』(小学館)、『炎上しない企業情報発信:ジェンダーはビジネスの新教養である』(日本経済新聞出版社)、『稼ぐ妻 育てる夫:夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)等。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
24
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!