見出し画像

超格差社会の韓国で庶民が見た希望のドラマ「椿の花咲く頃」

光文社新書の永林です。三度目の緊急事態宣言が出ますね。今回は酒類の提供を禁止するところもあり、飲食店に従事する人たちの生活が心配されます。今回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」で取り上げるのは、韓国ドラマ「椿の花咲く頃」。主人公は、スナックを経営しながらひとり息子を育てるシングルマザーです。学歴がなかったり長らく仕事をしていなかったりした女性が就ける安定した仕事は、そう多くはありません。現代日本にも、お酒を出す店で働きながら子どもを育てるシングルマザーがたくさんいることでしょう。彼女のように毎日を必死で生きる女性が、仕事もできず、子どもと出かける場所も奪われたらどうなるのか、為政者には見えないのでしょうか。
本作は、今まで取り上げてきた韓国ドラマと異なり、登場人物はほぼ全員、庶民です。治部れんげさんは、「他人を徹底的に肯定することから始まる奇跡の連鎖」がこのドラマの見所だと語ります。

6月16 日発売の治部れんげさんの新著「ジェンダーで見るヒットドラマ」の原稿を、光文社新書noteで先行公開しています! ↓↓

※以下、治部れんげさんの記事はネタバレを含みます。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

奇跡とは他人をそのままで尊重すること――韓国格差社会が見た希望「椿の花咲く頃」


2020年6月始め、私はがっかりしていました。Youtubeで見ていた韓国の総合芸術賞、百想芸術大賞の受賞式で「愛の不時着」があまり評価されなかったからです。「不時着」は、一般視聴者の投票による「人気賞」を主演のヒョンビンとソン・イェジンがとった他は、助演女優賞のみで、主要な賞をとれませんでした。

実はこの年、韓国で最も評価が高く人気を博したドラマは、同賞のドラマ部門で大賞、同男子最優秀演技賞、同男子助演賞、テレビ部門脚本賞と4つも賞を取った「椿の花咲く頃」でした。シングルマザーのヒロイン・ドンベク(コン・ヒョジン)と素朴な巡査ヨンシク(カン・ハヌル)のラブストーリーにミステリー要素を絡めた話です。

◆主要人物が全員、庶民の異色作

物語の舞台は海辺の田舎町で、町の人は皆、顔見知りという濃いコミュニティ。ドンベクは、ある日、赤ん坊の息子を連れてこの町にやってきて、食事とお酒を出すスナックを開きます。店の名は英語で「椿」を意味するカメリア。彼女の名前・ドンベクは朝鮮語(注)で椿という意味です。

主要登場人物が皆、庶民という設定が、このドラマのポイントです。養育費ももらわず、女性アルバイトとふたりでカメリアを経営しつつ、8歳になった息子を育てるドンベクは、ある日偶然、息子の父親・ジョンリョルと再会します。彼は有名な野球選手になっており、SNSで人気のインフルエンサーである妻との間に赤ん坊の女の子がひとりいました。

昔の恋人同士の再会はドラマでよくあるモチーフです。ただし、このドラマはありきたりの恋愛ものではありません。後半明らかになるテーマは「人は誰かの奇跡になれる」で、奇跡の多様なありようを描いているのです。

それは、たとえば好きになった人に無条件の愛情を注ぐことだったり、雇用主がアルバイトスタッフを何があっても守り通そうとすることだったりします。いずれにしても、生きていく中で自信を失い、本当に求めているものが見えなくなった人が、自分を徹底的に承認してくれる他者と出会って変化する「奇跡の連鎖」が、このドラマの骨組みです。

以下、主要登場人物の動きから、この奇跡の連鎖を見ていきましょう。

発端はヨンシクです。彼は腕っぷしと正義感が強い田舎巡査で、一度決めたら突っ走る性格です。ある日、書店で見かけたドンベク一目惚れすると、文字通り、猪突猛進で接近します。連日、店にやってきたり、町で会えば一緒に歩いたりして「美人だ」「夜道をひとりで歩かせるわけにいかない」と言って付きまとうヨンシクを、ドンベクは当初、迷惑に思います。

必死に働いて息子を育てること、息子に不自由させないことで頭がいっぱいのドンベクには、恋愛などする余裕はないからです。言葉も動作も大げさなヨンシクを、ドンベクは「変な人」だと思っています。

ヨンシクの不器用な愛情表現が象徴的に表れている場面があります。ある夜、スナックの客ともめごとが起きたあと、ドンベクは散歩にでかけます。町のおばさん達から「売ったのはお酒だけかしら」「メギツネ(女狐)」と悪口を言われて意気消沈していたドンベクを心配し、ヨンシクは後を追います。2人で駅のベンチに座って話した帰り道、ヨンシクはこんな提案をするのです。「僕とあれになりましょう。(中略)友達に」「友達なら、いつでもあなたとピルグ(息子)の味方になれる」と彼が言うシーンは、胸を打たれます。

きっかけは一目惚れ、すなわちドンベクの外見に惹かれたわけですが、ドラマ全編を通じてヨンシクの言動からは、長く続く深い愛を感じます。彼はドンベクがひとりで泣くのを放っておけず、彼女と息子の傍にいたいと願います。「守ってあげたい」ではなく「味方になりたい」というのが重要です。「守ってあげる」という言葉には自己陶酔が含まれますが「味方になる」のは利他的な志向を感じます。

画像5

彼は喧嘩が強く、後半では犯罪捜査において優秀な能力を発揮します。一見、マッチョな役回りですが、その行動はケアの論理に満ちており、愛する人に笑顔でいてほしい、泣いてほしくない、そのためにそばにいたい、という発想が彼の行動原理の背景にあります。

よく考えてみれば、赤の他人に愛情を注ぎ相手の幸せを第一に考えるのは、相当、おかしな行為です。ドンベクがヨンシクを「変な人」と思ったのも無理はありません。そんな「変な人」ヨンシクに、ドンベクが徐々に心を開いていく変化が自然に描かれます。はじめのうち、弱気でおどおどしていたドンベクは、ヨンシクと親しくなるうちに自信と強さを身に着け、店の常連でドンベクに何度もセクハラしていた男性客を警察に告発するほどの勇気を見せるのです。

◆徹底的な承認が人の心を強くする

ここまでの描写を読んで「似てる……」と思った方もいるかもしれません。肉体的に強いイメージのある制服職といえば軍隊と警察。「愛の不時着」のヒーローは軍人で、「椿の花咲く頃」では警察官がヒーローです。どちらもヒロインを物理的に守るシーンがあります。それに加えて、マッチョなイメージのヒーローがヒロインをケアするシーンが混在しています。

また「愛」、それも「徹底的な承認」を伴う愛がヒロインを強くする、という流れは「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」と同じです。「よくおご」でも、年下彼氏の深い愛でヒロインが職場のセクハラにノー! と言えるようになる変化が見どころでした。このドラマにも共通する流れがあります。

「よくおご」のジナが煮え切らない性格だったのは、持って生まれた個性でした。一方、「椿の花咲く頃」では、ヒロインが弱気だった理由を社会問題と絡めて描いています。それは、シングルマザーの生きづらさ、という問題です。

30代始めの女性が、たったひとりで知らない町へ行き、補償金を払って店舗を借り、飲食店を経営するのは想像を超える大変さです。スナックですから、夜間にも働きながら学齢期の子どもを育てるのです。閉鎖的な地方都市では、シングルマザーであることや、目立つ美人であること、それを目当てにスナックに男性客が集まることなどは、女性住民からやっかみやいじめを受ける理由にもなります。

加えて、ドンベク自身が母一人子一人の環境で育ち、7歳の時に母に捨てられたという辛い過去を背負っています。父親は酒を飲んでは暴力を振るう人で、ある日、赤ん坊だったドンベクがけがをさせられ、耐えかねた母は娘を連れて家を出たのでした。約30年前の韓国で特別な技能のない女性が子どもを育てながらできる仕事は非常に限られていたようで、ドンベクの母は水商売の女性たちの身の回りの世話など、あらゆることをします。それでも食べていくのが難しく、ドンベクは母の手で、孤児院の前に捨てられてしまうのでした。

画像2

施設で育てられたドンベクは、食べていくことはできたものの、学校で差別され続けます。クラスメートのお金がなくなれば「施設の子」が疑われ、親がお弁当をもってくるような行事の日は、他の親子からつまはじきにされるのです。

この辺りの描写は、同じ年頃の子どもを持つ私は見ているのが辛く「先生までもが差別に加担するのはひどい」「この母親たちは、どうして、親がいない子や水商売の家の子を差別するんだろう」とドラマであることを忘れて憤りを覚えました。いずれにしても、ヒロインの自己肯定感が異様に低い理由は、孤独で辛い生育環境にあったのです。

◆どんな人間関係の中にも起こりうる「愛」

先に「奇跡の連鎖」と書きました。ヨンシクの愛情がドンベクを強くしたことは、徐々に周囲に連鎖していきます。ドンベクが雇ったアルバイトの女性ヒャンミ(ソン・ダムビ)は訳ありの女性です。彼女自身の親もスナックを経営しており、子ども時代はネグレクトされた上、周囲から差別を受けていました。渡欧して人生逆転をはかる弟に多額の送金をしており、お金を稼ぐために人を騙したり脅したり、悪事を重ねていきます。彼女には盗癖もあります。

そんなヒャンミをドンベクは咎めることなく守ろうとし、その態度は荒んだヒャンミの心を変え、彼女はまともな生き方を志向するようになっていきます。ここで描かれるのは同世代の女性同士の仕事を通じた人間関係です。誰かを大事に思い、尊重することで、雇用関係においても、相手の自尊心を回復できることが伝わってきます。

このドラマが描く「ほんとうの愛」はジェンダー中立なものです。それは男性から女性、女性から男性、そして同性同士でも与えることができ、相手の存在を全面的に肯定し、相手が前向きに生きる力を与えます。

また、このドラマでは夫婦の再生についてふたつのパターンを示します。ひとつ目は、ドンベクの元恋人でプロ野球選手のジョンリョルとその妻です。妻は金遣いが荒く、わがままで、赤ん坊の娘の世話を全くしません。SNSのインフルエンサーとして注目を浴びることだけが生きがいという、美しいけれど極めて薄っぺらい人物です。しかし、離婚寸前の期間を経て、ジョンリョルはこの妻とやり直すことを決意します。

この妻は、学歴やキャリアの点で父親から認められず「誰からも愛されない」というコンプレックスを抱えていました。表面的に見れば恵まれた生活でも、心が満たされないと幸せではないことは、つつましいけれど好きな仕事をして子どもと幸せに暮らしているドンベクと対照的です。

野球選手は若い頃、同棲していたドンベクとの交際を母親から認めてもらえませんでした。当時の彼はドンべクより仕事を優先させており、さらに他の女性とも遊びたい気持ちも抑えられず、中途半端でした。そんな彼に見切りをつけ、ドンベクのほうから去っていったのです。約10年後、彼は壊れた結婚生活を再建することを決めて一歩を踏み出します。

ジョンリョルがこの妻と結婚した理由は、平たく言えば見た目でした。ストーリーが進むにつれて、妻の虚栄心の背景には、子どもを愛さず社会的地位だけで人を測る「毒父」が影響していると分かります。妻が抱えて隠してきた心の傷を知った時、ジョンリョルはそのトラウマごと、彼女を引き受ける決意をするのです。

画像3

◆女性優位の夫婦が見せる悲喜劇

そして、ジョンリョルを通じて描かれる「改心の連鎖」は、ドラマの柱のひとつでもあります。主演の2人以外では、弁護士の妻と薬剤師の夫というカップルが秀逸でした。妻はソウル大学卒の弁護士で、小さな町では「先生」と呼ばれる名士です。一方、夫はスナック「カメリア」の常連で、土地持ちで小金持ちの小心者です。彼は「尊敬されたい」という虚栄心を捨てきれず、ギャンブルや女にハマる弱さがあります。心の中では妻を愛しているので決定的な浮気はしませんが、ドンベクにセクハラをするなど、ダメ人間の極みです。

この夫婦は高校時代の同級生同士で、しっかり者で何事も頑張りすぎる妻は、素直に生きている単純な夫に愛着を覚えて結婚しました。韓国ドラマ定番の姑による過剰介入、バカな夫の誤解を招く行動などが重なり、いったんは離婚に至ります。それが、あるきっかけで夫婦関係の再構築に至る流れは見ごたえがありました。

ジェンダーの観点で言えば、女性が下方婚をした興味深い事例です。夫は土地を持っていましたが、生活費は妻が全て出しており、学歴も収入も何もかも妻の方が上のカップルでした。この夫婦を「やっぱりうまくいかなかった」という結論ではなく、何とかうまくいくように着地させたところに、現代的な結婚観が表れています。

脇役の人生にも意味があり、行動に理由があり、幸せに向けてもがく姿に笑ったり驚いたりできるところが、このドラマの優れた点です。だからこそ、ドンベクとヨンシクの恋愛にもリアリティがあり、私はプロポーズのシーンで泣いてしまったほどです。もともと恋愛ものには関心がなく、ラブシーンは「はい、はい、はい」と早送りすることが多いのに、こんなに心を動かされたのは、登場人物の人生に対する共感があったからこそです。

優れた韓国ドラマに共通することとして「椿の花咲く頃」も劇中歌がストーリーにぴったり合っていて素晴らしいです。正義感の強いヨンシクが「悪者を退治」するシーンの効果音を聴くとワクワクしてくる、毎話、楽しみなドラマでした。この原稿では、ドラマの大きな見どころであるミステリー、謎解きについては一切触れなかったので、読んだ後でも楽しく見られるはずです。

そんな中、ひとつ残念だったのは、社会問題への切り込みが不足していたことでした。特にメインテーマであるシングルマザーの貧困や差別に関しては、個人の努力や善意だけで解決するのではなく、社会保障の不足などの制度問題にも触れてほしかったです。

画像4

◆韓国では「不時着」よりヒットした理由

冒頭に記したように、このドラマは2019年、韓国で大ヒットを記録しました。エンタメとして完成度が高かったことに加え、社会の大多数を占める庶民の気持ちを代弁していたことが理由と思われます。総論でも触れたように、韓国は格差問題が非常に深刻です。頻繁にドラマに登場する財閥や富裕層は現実にはごくわずか。熾烈な学歴競争を突破しても良い働き口は少なく、若者は疲弊している現実があります。

そんな中「頑張らないで生きる」をテーマにした書籍が本国で大ヒットしました。著者ハ・ワンは名門美術大学出身の男性で、日本でも「あやうく一生懸命生きるところだった」(ダイヤモンド社)というタイトルで発売され、話題になりました。描かれるのは男の子にかけられる強烈なプレッシャーと、それに押しつぶされそうになりつつも、頑張り続ける若者の悲哀です。
著者は名門美大に4度目の挑戦で合格しますが、期待したような成功は手にできません。名門大学に入学しさえすれば、素晴らしい人生がある、という韓国社会に根強い価値観と、それを内面化して頑張りすぎた末に燃え尽きた著者の体験談には共感するところが多く、決して他人ごとではない、と思いました。

頑張り疲れた人、頑張って目標に到達しても予想したような人生を送れない人は、たくさんいます。そんな中「今のままでいい」「ただ、身近な人に優しく愛をもって接すればよい」と庶民の地道な生き方を肯定するようなストーリーが求められる事情が、韓国社会にはあります。

「椿の花咲く頃」では、主演ふたりの生活は変わりません。ドンベクは同じ家に住み続け、ヨンシクは警察官の仕事を続けています。ドラマのラストシーンでは、お店やオフィスなど様々な職場で働く大人や、屋外、教室でスポーツや勉強をする子ども達が映し出され、こうした人々を応援するメッセージが出てきます。

「人は誰かの奇跡になれる」というドラマの主題には、経済的な豊かさや競争に勝つこととは違う価値観が表れています。それは、お金や社会的地位ではなく、他人を尊重することこそが奇跡である、という考え方です。「椿の花咲く頃」が大ヒットしたのは、過当競争と学歴社会、格差社会を変えたい、と願う人の希望を巧みに映し出したからでしょう。

学歴や財力で人の価値を測るのをやめて、人と人のつながりを取り戻したい、という韓国の人々の希望を掬い取り、可視化したところに、ヒットの理由があると私は考えています。

◆椿の花咲く頃(2019年、韓国)
出演:コン・ヒョジョン、カン・ハヌルほか。全20話。2019年KBS演技大賞、2020年百想芸術大賞ドラマ部門大賞など。Netflixで配信中。


(注)本記事で「朝鮮語」を使用している経緯は、東京外国語大学の趙義成准教授の解説記事「朝鮮語を知る」、特に「朝鮮語」と「韓国語」の項目をご参照下さい。

日本のシングルマザーが闘うドラマはこちら ↓

アメリカのシングルマザーが闘うドラマはこちら↓

治部れんげ Jibu Renge/1974年生まれ。1997年、一橋大学法学部卒。日経BP社にて経済誌記者。2006~07年、ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年よりフリージャーナリスト。2018年、一橋大学経営学修士課程修了。メディア・経営・教育とジェンダーやダイバーシティについて執筆。現在、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。東京大学大学院情報学環客員研究員。東京都男女平等参画審議会委員。豊島区男女共同参画推進会議会長。朝日新聞論壇委員。公益財団法人ジョイセフ理事。一般財団法人女性労働協会評議員。著書に『「男女格差後進国」の衝撃:無意識のジェンダーバイアスを克服する』(小学館)、『炎上しない企業情報発信:ジェンダーはビジネスの新教養である』(日本経済新聞出版社)、『稼ぐ妻 育てる夫:夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)等。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
41
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!