同性カップルの日常ドラマ「きのう何食べた?」が属性を超えて愛される理由
見出し画像

同性カップルの日常ドラマ「きのう何食べた?」が属性を超えて愛される理由

光文社新書の永林です。3月17日、札幌地方裁判所で同性同士の結婚を認めないのは憲法14条で定めた「法の下の平等」に違反する、という判決が出ました。この件で憲法違反という判断が出るのは、今回が初めて。武部知子裁判長は「同性愛者が婚姻によって生じる法的利益の一部すらも享受できないのは、立法裁量の範囲を超えて不合理な差別的取り扱いだ」と指摘し、大きな話題となりました。
今回の「ジェンダーで見るヒットドラマ」で取り上げるのは、同性愛カップルの日常を、2人で囲む食卓を中心に描く「きのう何食べた?」です。治部れんげさんは「報道を機にこの問題に関心を持った方は『きのう何食べた?』をぜひ見ていただきたいです」と語ります。

「ジェンダーで見るヒットドラマ」は6月16日、光文社新書から発売決定! noteで書き下ろし原稿を先行公開しています ↓↓

※書籍発売以降、有料記事となりました。後半は書籍か、記事をご購入いただいてお楽しみください。

同性カップルを描くドラマが提示する「家族とは日常の食卓を囲む相手」という家族観

「きのう何食べた?」は、40代の弁護士と美容師の日常生活を描くドラマです。よしながふみの漫画を忠実に映像化したもので、原作、ドラマ共に高い支持を得ています。この作品には2つの柱があります。ひとつめは男性の同性愛者を主役にしたこと、ふたつめは「食べること」を中心に人間関係を描くことです。

日本のドラマでは、同性カップルの登場機会がまだ珍しいと思います。ただ、欧米のドラマには異性と同性のカップルが特に注釈なしに登場して、職場や地域で交流する様子がごく当たり前のように描かれています。そういった作品を見慣れていたためか、私は主人公である弁護士の筧史郎(西島秀俊)とパートナーの矢吹賢二(内野聖陽)が同性同士であることは、特別なこととは思いませんでした。

そこでまず、毎回描かれる史郎の料理と、賢二と2人の食卓の様子を振り返ってみます。史郎は身近な食材で栄養バランスの良い食事を作るのが得意です。仕事帰りに近所の商店街で安い食品スーパーに立ち寄り、セール品を買ってきたり、冷蔵庫に残っていた野菜を使い切ったりしながら日々の食卓を整えます。

ある日、閉店直前に買い物をしようとした史郎は、目当ての食材が売り切れで、別の食材を見て「高い」と思い購入をためらっていました。すると、店員が半額のシールを貼ってくれ、史郎は大喜びします。弁護士と言えば、社会的地位も収入も高いイメージがありますが、史郎は節約の感覚が徹底しており、買い物も料理も庶民的で親近感を覚えます。

こんな風に史郎の料理を買い物段階から描くことで、このドラマはいわゆる「男の料理」に付随するジェンダー・ステレオタイプを覆します。一般的に「男の料理」というと、特別な時や気が向いた時にやるもので、無駄に高い食材を買ってきたり、やたら時間がかかったり、後片付けをしないイメージがあります。

一方、史郎の料理は毎日のルーティンです。美味しいものを食べたい気持ちを満たしつつ、家計に負担をかけずに、手早く作っています。帰宅は賢二の方が少し遅く、鍋などは材料を切ってだしを取って準備をしたところに賢二が帰宅する、といった具合に段取りも完璧です。

この続きをみるには

この続き: 5,126文字 / 画像5枚

同性カップルの日常ドラマ「きのう何食べた?」が属性を超えて愛される理由

光文社新書

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えます。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、投稿をお待ちしています!