見出し画像

「子どもたちは、窓際が好き」米国人のカラー撮り鉄が記録した60年前の日本

光文社新書で1年ぶりに続編が登場した、昭和30年代のカラー写真を集めた『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』。著者のJ・ウォーリー・ヒギンズさんは、米国出身で、日本と日本の鉄道を愛するあまり、日本に移住してしまった、現在92歳の老紳士。鉄道ファンの間では「撮り鉄」として名前が知られています。ウォーリーさんの撮った写真は、いま、鉄道写真としてだけでなく、当時の日本各地や人々の様子をカラーで記録した貴重な資料として、注目を集めています。
続編となる第2弾では、544枚の写真が掲載されていますが、それでも収録できない写真がありました。今回は、未収録写真の特別公開、第2回をお届けします。出版にあたり取材、翻訳、写真整理に携わったライター・翻訳家の佐光紀子さんによるコラムでのご紹介です。ぜひ、お楽しみください!

文/佐光紀子
写真/J・ウォーリー・ヒギンズ

「窓際は、子どもたちの特等席」

こんにちは、ライターの佐光紀子です。前回ご紹介した、ウォーリー・ヒギンズさん撮影の「どこまでも続く線路」の写真は、いかがでしたか? 私の周囲では、鉄ちゃんにも、そうでない人にも、大好評でした。

他にも、私がウォーリーさんの写真を整理しながら、つい、注目してしまった写真があります。それは、電車の窓を大胆に開けて、中から顔をのぞかせる人たちの写真。

「今は、昔のように窓を開けられる電車が少なくなったからね」とウォーリーさん。「電車が走っている間、窓を閉め切ってエアコンで室内を冷やすというのは、環境を考えるとあまりよいことでもないだろうけれど」と言います。たしかに、その通り。

それにしても、彼の撮ってきた写真には、窓から顔をのぞかせたり、外に乗り出したりしている子どもたちの生き生きとした姿が、たくさん写り込んでいます。かわいいね、と指摘すると、「外の景色を直接見たければ、窓を開けた方がいいにきまっているよね」という返事が返ってきました。「窓を開けるだけじゃなく、頭を外に突き出した方が、もっとよく見えるだろう」。そういってウォーリーは笑います。

写真①+

新四日市(三重県)1957年4月18日 菜の花畑を走る列車。奥の車両からは、子どもたちが頭を出しているのが見える。

そうは言っても、窓を開けなければ起こらない問題が、窓を開けて頭や手を突き出すことで往々にして起こることも、また事実です。

「いい景色を楽しんで、新鮮な空気を味わいたいと思ったら、窓は開けた方がいいよね。それが正しいやり方だろう。でも、それが安全かというと、残念ながらそうはいかない」

だから、万が一を考えて、はめ殺しの窓が増えたのでしょう。電車の窓が昔は開いたものだと聞いて、驚く人の方が多くなるのも、時間の問題かもしれません。

「過剰に安全にして走ると、頭や手を窓の外に出すことはなくなる。それが本当にいいことかどうかは、わからないけれど」

外の見られる窓際は、昔も、そして窓の開かなくなった今も、子どもたちの特等席です。そして何より、これから行く先の線路が見える正面の席は、さらに特別席。席が空いていれば、そこに子どもたちの姿があります。彼がかつて写した写真には、特等席に陣取り、窓を開けて外の風と流れていく風景を楽しむ、子どもたちの様子が、しっかりと写り込んでいます。(小さいですので、ぜひ、拡大してご覧ください…!)

※撮影地などは記録されたデータに基づいて記載をしています。万が一間違いがあった場合は、お許しいただけたらと思います。


写真②

鶴来駅付近(石川県)1957年6月1日 窓から身を乗り出して外の景色を眺める子ども。


写真③

金谷(静岡県)1957年7月19日 千頭行きの大井川鐵道。「東京もそうだが、7月の静岡は暑い。暑くてベタベタするんだ。夏だからね。暑い時はどうするかというと、電車のドアを開けてその脇に立てば涼しいわけだ。当時の電車には、手動でドアの開閉ができるものも多かった。写真の子どもたちも、おそらくは涼を取るべく自力で開けたものと思われる」(ウォーリーさん)


写真④+

西広島(広島県)1957年04月26日 制服姿の女子学生が、正面の窓から外を眺めている。


写真⑤

長岡市悠久山駅付近(新潟県)1960年7月24日 先頭付近には子どもたちが押し合いへしあい、ラッシュアワー並みの混雑具合なのは、電車に乗っての遠足かなにかだろうか。


写真⑥+

高尾山口駅(東京都)1961年7月9日 兄と妹だろうか。似たような黄色い帽子をかぶった子どもたちが、混んだケーブルカー(「もみじ号」)の車内の特等席から顔をのぞかせている。


写真⑦

笠上黒生駅(千葉県)1963年12月28日 銚子電鉄。座席はそれなりに埋まっているようだが、窓から外をのぞく大人の姿はない。扉付近に立ってこちらを見ている少女は、車内で唯一の子どもだったのかもしれない。

――――――――――――――――――――――――――――

ウォーリーさんの写真に写り込んだ、窓際の子どもたちと鉄道の周囲の風景、お楽しみいただけましたでしょうか?
前作よりさらにパワーアップして発売された光文社新書『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』当時を知る人も、知らない人も、たっぷり楽しめます。またご家族やご友人へのプレゼントにも、ぜひお買い求めください…! 
未読の方は、第1弾もおすすめです。​



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
21
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

この記事が入っているマガジン

フォト限定公開『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』
フォト限定公開『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』
  • 8本

大好評の『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』のシリーズから、未掲載写真やコラム、掲載内容の一部を限定公開します。

コメント (1)
私も窓際が好きです。ワクワクします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。