見出し画像

【24位】ザ・ビートルズの1曲―「抱きしめたい」気持ちを胸に秘めながら

「アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド」ザ・ビートルズ
(1963年11月/Parlophone/英)

画像1

※こちらはアメリカ盤シングルのジャケットです

Genre: Pop Rock
I Want to Hold Your Hand - The Beatles (Nov. 63) Parlophone, UK
(Lennon–McCartney) Produced by George Martin
(RS 16 / NME 156) 485 + 345 = 830

彼ら4曲目のランクインで、ついにこれが出た。英盤5枚目のシングル曲にして、米キャピトルからのデビュー曲。ボブ・ディラン、ブライアン・ウィルソンといった名ソングライターたちが口々に「当曲を聴いたときの衝撃」についてのちに語るほどの、1曲だ。

とはいえ複雑な技法や構造などは、とくにない。逆だ。「あまりにも簡単で、あり得ないほど斬新」だったからこそ、受けた。まず歌詞が「簡単」だ。主人公の恋心を平明に、一人称的に描写する。愛の告白をするときには「きみ」の手を握りたいんだ、といった内容などが、童謡みたいに素朴に繰り返される。しかしこれが「斬新」の土台となる。

キーとなったのは、彼らの得意技「ユニゾンとハーモニーの素早い切り替え」だ。当曲はのっけから、ジョン・レノンとポール・マッカートニーによるユニゾン・ヴォーカルで進む。まずはヴァース1の最後でメロディが急上昇するのだが、ここで突如、2人のヴォーカル・ラインが分離する! 「I wanna hold your hand」のところだ。「Your」までは2人とも同じなのだが、「Hand」でマッカートニーが上に、レノンが下に回り、瞬間的に四度のハーモニーを成す。マッカートニーに至っては、YourからHandのあいだに、1オクターヴをひとっ飛びだ! そしてこのときに背後で鳴るB7コードと、スリルに満ちた関係性が取り結ばれる。さらにハーモニーが本領を発揮するのはブリッジ部。ご存知「I can't hide」の、力一杯の三連発だ!――これはもう、金切り声を上げるしかない。

当曲が成功した最大の原因は、レノンとマッカートニーが「ほぼ五分」の立場で、完全なる共作体制で詞と曲を仕上げたからだ、と言われている。あの2人が、ピアノを前に「これどう?」なんてキャッチボールしながら、まるでスポーツのようにして、仕上げていった。こうした過程で「磨き抜かれた」平易さのなかに、熱狂への経路が生じた。

当曲はイギリスにて「同じアーティストが全英1位をリプレイスした」初の例となった。前作シングルだった「シー・ラヴズ・ユー」(63位)を、当曲が打ち破ったからだ。アメリカでは64年の2月、当曲がHOT100の1位に。そのまま7週連続首位を独占。この座を奪ったのが当初鳴かず飛ばずだった米スワン盤の「シー・ラヴズ・ユー」で、前年9月のリリースからおよそ半年後の64年3月21日、1位に到達する。ここから英米両国で(米ではキャピトル盤を中心に)未曾有の「出す曲とにかく1位」騒動が勃発していく。ブリティッシュ・インヴェイジョンを先導する「ビートルマニア」の大旋風だ。

(次回は23位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
25
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 91本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。