見出し画像

【18位】セックス・ピストルズの1曲― 天をも恐れぬデストロイ、呪われっ子が吐き出した、全方位的嫌がらせ

「アナーキー・イン・ザ・UK」セックス・ピストルズ(1976年11月/EMI/英)

画像1

Genre: Punk Rock
Anarchy in the U.K. - Sex Pistols (Nov. 76) EMI, UK
(Paul Cook • Steve Jones • John Lydon • Glen Matlock) Produced by Chris Thomas, Bill Price and Dave Goodman
(RS 56 / NME 84) 445 + 417 = 862

前回の19位から、また1点差で入った。こっちは高らかなる理想も未来への希望も、人類愛も隣人愛もなにもない。ただただ嫌がらせめいた罵詈雑言を投射する……セックス・ピストルズの、記念すべきデビュー曲がこれだ。これぞパンク・ロック――の、原罪だ。

タイトルは「無政府状態(Anarchy)をイギリスに」という歌詞中のラインからとられた。つまり無法無秩序の破壊や大騒乱よ「早く来い」という歌だ。ゆえに「なんと不謹慎なのだ」と、デビュー早々大いに物議をかもした。さらに76年12月のテムズTV生番組に出演中のメンバーの卑語連発など傍若無人ぶりに、翌77年1月には早くもEMIに契約を破棄されてしまう。つまりそれほどまでに、彼らはいきなり「忌み嫌われた」。

とはいえ、後年ジョン・ライドン(当時はロットン)が白状しているように、彼は政治哲学としてのアナキズム(無政府主義)には当時興味なく、この歌詞は「たんなる語呂合わせからだ」という。つまり一番最初の「俺は反キリストだ(I am an antichrist)」があって、次に「そして俺はアナキストだ(And I am an anarchist)」が来たわけだ。彼自身の幼少期のカトリック教育への反発や憎悪から、どんどん発展していったのだろう。最も重要なのは、とにかく自分も含めた「なにもかも」が嫌いなのだ――という呪詛であり、限りなく後ろ向きな「自暴自棄」の象徴としての「アナーキー」だったということだ。

サウンドも鮮烈だった。スティーヴ・ジョーンズによるイントロダクションのギター、これもまた、パンク・ロックを定義した。ミッド・テンポで、G、F、E、D、Cと順に「堕ちていく」コード進行が、まるで建築物が爆破され「倒壊していく」過程を、スロー再生しているような効果を生んだ。そこに、まるでバットマンの宿敵ジョーカーよろしく、あらゆる権威や良識を嘲笑し唾を吐く、不真面目にゆがんだ「あの声」が重なる……「天をも恐れぬ」このロックは、囂々たる非難のもと、のうのうと全英38位を記録した。

最も重要なラインは、ヴァース2にある。「お前らの未来の夢なんて、お買い物の計画程度だ」というところだ。こうした細かな点が聴き手に刺さり、ドス黒い想念に満ち満ちていたはずの当曲は最終的に反転して、ある種の聖性のもとへと解放されていった。パンク・ロックは、ここから本格的に世に姿をあらわすことになる。当ランキング34位、セカンド・シングルの「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」と同様、1枚だけの彼らのスタジオ・アルバム(『教養としてのロック名盤ベスト100』では20位)に収録されている。

(次回は17位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
21
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 91本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。