【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.54
見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.54


お好きな回からどうぞ!バックナンバーはこちらから


岩本真弥『「脱管理」のチームづくり』

画像1

一度ハードルが上がってしまうと、たとえ昨年と同様の成績を残せたとしても人はそれほど感動しなくなる。かつてなら十分喜ばしい結果だったはずが、予期せぬ"上り坂"を上がってしまったことで、それを超える記録を出さなければやるせない"下り坂"に見えてしまうのだ。


長坂道子『「モザイク一家」の国境なき人生』

画像2

ネガティブ、ポジティブ、そして身内びいきに手前味噌。どれをとってもその場の空気感は「違い」にスポットをあてたものである。「君たちは我々とはちょっと違う」と相手は思い、こっちはこっちで「自分たちはちょっと違うから」とどこかで思っている。


横田由美子『政治家・官僚の名門高校人脈』

画像3

小宇宙のような環境で成長していけば、そのサークルの中で結婚するカップルも少なくない。次第に血脈と人脈が複雑に絡み合い、閨閥がうまれていく。それが、高度成長期以降、特に団塊ジュニア世代を中心とした日本のニュー・エスタブリッシュメント層の実情ではないだろうか。


櫻田大造『対米交渉のすごい国』

画像4

国際政治の最大の特色は、根本的に「無政府状態(アナーキー)」だということにある。諸国家の上に君臨し、全世界の構成員(アクター)の平和や安全を守ってくれるような中心的権威(日本国政府にあたるもの)が、国際政治では存在していないのである。


重廣恒夫『エベレストから百名山へ』

画像5

いまの登山ブームからは、「体力・技術・知識」の養成という要素は完全に欠落している。それと入れ替わるように、百名山ブームに象徴されるような、整備された登山道を辿っての数を集める山登りが出現したと言える。


島村菜津『バール、コーヒー、イタリア人』

画像6

イタリアの小さな町では、土着型バールが悠然とスローななりわいを続けている。バールは、ある意味で、イタリア社会の縮図だ。人は、そこで社会的な鎧を脱ぎ捨てる、その人間くささを楽しむ。あるゆる違いは楽しむべきもので、そこには弱者も強者もない。


小林泰三『日本の国宝、最初はこんな色だった』

画像7

地獄が注目されたのも、人々が極楽浄土に行きたいと願う反動からである。「絶対、地獄には行きたくない!」という願いから、地獄の恐ろしさを「臨場感」たっぷりと味わいながら体験しておきたいと思った。「地獄草紙」はそんな精神の中で誕生した。




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!