マガジンのカバー画像

【光文社新書創刊20周年】アランちゃんの成人式

25
光文社新書の編集部員+電子書籍担当がリレー形式で、アランちゃんの成長を振り返るように、光文社新書20年の歩みをお伝えします。10月中旬のフェア本番に20歳の記事をアップできるよう… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

光文社新書創刊20周年フェア「アランちゃんの成人式」が始まります!

新書業界初のフェアキャラクターをお迎えしました!21世紀が始まった年、光文社新書は200…

【光文社新書20周年フェア】日向坂46影山優佳さんインタビュー動画 後編

2021年10月17日に創刊20周年を迎えた光文社新書は、創刊20周年フェアを開催するにあたって、日…

【光文社新書20周年フェア】日向坂46影山優佳さんインタビュー動画 前編

光文社新書の創刊20周年フェア、おかげさまで盛り上がっています! 日本全国の書店さんから…

光文社古典新訳文庫フェア&『小説宝石』日向坂読書家対談インタビューについて裏話

光文社古典新訳文庫15周年フェア「わたしの推しの光文社古典新訳文庫」に選者として参加しまし…

三宅香帆
1年前

【リレーエッセイ】創刊20周年! 光文社新書の「これから」を発表します!

読者のみなさま、日ごろから光文社新書への応援をありがとうございます! 光文社新書は、本日…

【20周年フェア書目を購入いただいた方限定】プレゼント応募ページ

プレゼントの応募は下記へアクセスしていただき、必須項目に記入いただくようお願いいたします…

【リレーエッセイ】コロナ禍のヒット新書/治部れんげさんとの"なれそめ”

アランちゃん誕生年から1年ずつ、編集部員が綴ってきたこのリレーエッセイも、次回が最終回。光文社新書19歳の年(2020年10月~2021年9月)は永林が担当します。 この年は、最初から最後までずーっと新型コロナ禍の自粛生活。我らが出版社にもいろいろな打撃がありました。緊急事態宣言で大型書店が閉まったり、リモートワークの推進によって書店から人影が消えたり……。デジタルコミックの売り上げが過去最高を達成したいっぽう、書店で買う人もまだまだ多い紙の本は、けっこうな苦境に立たされた

スキ
15

【リレーエッセイ】コロナで変わった本の作り方。出版されるまで著者と一度も会わない…

こんにちは。編集部の高橋です。 アランちゃんの18歳(2019年10月~2020年9月)は私がお送りし…

【リレーエッセイ】17年7カ月の時を経て、ついに刊行点数が4桁の大台へ!

こんにちは! 編集部の河合です。9月初めから始まったこのリレーエッセイもゴールが見えてき…

【リレーエッセイ】新書大賞はじめ受賞ラッシュ! ちょっと神ってる!?

前回のリレーエッセイで〈「煮卵」「バッタ」「美意識」などヒット作連発〉とありましたが、ア…

【リレーエッセイ】「煮卵」「バッタ」「美意識」などヒット作連発の年を振り返り、元…

こんにちは。編集部の高橋です。前回に引き続き、アランちゃん15歳(2016年10月~2017年9月)…

【リレーエッセイ】新書"らしさ"のある「面白い研究」と「ジャーナリズム」の良作

こんにちは!編集部の高橋です。このリレーエッセイもついに15回目。シャビ・イニエスタ・ブス…

【リレーエッセイ】伊藤亜紗さんは世界をどう見ているのか!? あの代表作の誕生秘…

アランちゃん13歳時のこの一冊としてご紹介するのは、東京工業大学・未来の人類研究センター長…

【リレーエッセイ】20万部のベストセラー『炭水化物』も『昆虫』もすごかった! 人類と生物の壮大な歴史と生存戦略に注目

こんにちは。リレーエッセイは早くも第13回となりました。前回に引き続き、新書編集部・草薙が担当します。今回は2013年10月~2014年9月の光文社新書を振り返ります。 糖質制限ブームの火付け役が20万部超え この期間の新書でご紹介するトップバッターがこちらです。 『炭水化物が人類を滅ぼす――糖質制限から見た生命の科学』(夏井睦、2013年10月刊) 著者は、糖質制限ブームの陰の火付け役、夏井睦さん。 現在は東京・門前仲町でクリニックを開業。地元の子どもたちに慕われる

スキ
26