見出し画像

新型コロナを予言したドラマ「アウトブレイク」の凄まじさ

こんにちは。光文社新書の永林です。治部れんげさんの連載「ジェンダーで見るヒットドラマ」、前回&前々回の愛の不時着についての原稿は、とても多くの方にお読みいただいたようです(ありがとうございます!)。今後も毎週、世界中のドラマについての記事をアップしていきますので、どうぞご期待くださいませ。

3回目の今回、取り上げるのはカナダ制作のドラマ「アウトブレイク~感染拡大~」です。テーマは"新型コロナウイルス”の蔓延によるパンデミック。まるで現実世界を描いたかのようなこの作品、カナダでの初回放送は2020年1月7日です。リアル世界でウイルスが世界的に流行する直前なのです!

現実と酷似し過ぎているため、カナダでは「新型コロナウイルスの流行を予言した」と社会現象になりました。2021年1月15日現在、日本では11都府県が緊急事態宣言下にあります。このドラマでは、わたしたちがまさに今、感じている危機が、過度な演出なしにも関わらず実に見事に描かれます。そして、日本のドラマではあまり見られない「プロフェッショナルな女たちの連帯」や「血の繋がりによらない家族愛」もさらりと表現されていて、ジェンダー視点もアップデートできる、と治部れんげさんは分析します。

※以下、治部れんげさんによる記事はネタバレを含みます。ドラマ視聴前の方はご注意ください。

新型コロナの“予言ドラマ”が提示した
女たちの連帯とプロフェッショナリズム

「アウトブレイク」はカナダ第二の都市モントリオールを舞台に、原因不明の呼吸器系感染症の発生と拡大、科学者や医師、政治家の対応を描くシリアスなドラマです。

カナダでこのドラマの放送が始まったのは2020年1月7日、つまり、現実に新型コロナウイルスが世界的に流行拡大する直前でした。そのため、放送後すぐに「新型コロナを予言していた」と話題になり、視聴率35%を超える大ヒットとなりました。日本では7月頃から各種サービスで配信されています。

感染症が引き起こすデマや差別などの社会問題もリアルに描かれます。ドラマで流行するのも「新型コロナウイルス」であり「CoVA(コーヴァ)」と呼ばれます。潜伏期間が最大10日と長く、致死率25~30%で回復する人の方が多い上、飛沫感染するなど、現実世界で流行している新型コロナウイルスと類似点が多く見られます。

主人公は緊急衛生研究所長のアンヌ=マリー・ルクレール博士(ジュリー・ルブレトン)。彼女を助けて情報分析をする大学院生や救急医、ワクチン開発の責任者など、未知のウイルス封じ込めにおいてリーダーシップを発揮するのは、全員女性です。公衆衛生、政策立案、戦略的広報における彼女たちの協力と活躍を通じ、ジェンダー視点を危機管理に生かすケーススタディになっています。

◆現実とリンクする格差社会と差別の構造


本題に入る前に、大きな構造を把握しておきましょう。パンデミックや自然災害など社会に大きなインパクトを与える出来事は、平時からあった社会課題を露わにします。例えば日本では、雇用が不安定な人、リモートワークができない人、低賃金の人など、もともと脆弱だった人々の生活をコロナが直撃しました。

医療の観点では、高齢者や基礎疾患がある人のリスクが高いですが、自粛生活が家計や暮らしに与える影響は、収入、働き方、家族内暴力の有無などにより大きな差があります。ウイルス自体は無差別に人を襲いますが、富裕層ほど収入への影響が少ない上に感染予防の策を取りやすく、格差がさらに深刻になるのです。

画像1


ドラマ「アウトブレイク」で最初に見つかった死者はイヌイットのホームレスでした。イヌイットはカナダ北部やグリーンランドなどに住む先住民族です。社会的な偏見から、当初、この病気は「イヌイット・ウイルス」により起きるというデマが広がります。現実の世界でも、新型コロナウイルスの感染が世界に拡大する中で、トランプ米大統領が「チャイニーズ・ウイルス」と呼び、中国系やアジア系に対する差別、ヘイトスピーチ、暴力があったことを想起します。

また、差別心が院内感染を引き起こすメカニズムも可視化されています。ひとりの医療従事者が診察を受けに来た患者に対して、人種的偏見から適切な対処をしなかったことで、感染のさらなる拡大を招くシーンは象徴的です。平時なら個人の内心の問題で留まる偏見が、非常時には大きな犠牲につながってしまうのです。

対策会議では、発言権の強い男性の公安大臣や広報コンサルタントが、専門家の意見を聞かずに独断と偏見に基づいて物事を進めてしまう場面が何度も出てきます。企業や官公庁などの組織には、彼らのような自信過剰で身勝手な意思決定者は少なからずいます。そういった組織が、現実の危機発生時に間違いを犯す可能性は決して低くないでしょう。

ドラマで描かれる感染症の原因は、小動物のフェレットでした。これを販売していたペットショップが税金逃れのために売り上げを申告しておらず、取引を隠していたことが、病気の原因把握を遅らせます。また、仕事でマスクを入手した看護師が盗んで転売したり、感染の拡大している市街地に住む人が郊外へ逃げ、訪れた先で差別を受けて喧嘩になったり、ネットで購入した偽薬を自己注射して死者が出るといった形で社会的混乱が拡大していく様子はあまりにもリアルです。

未知の感染症はそれだけで怖いものですが、デマに踊らされ、差別心から不適切な行動を取るなど、被害を増幅させる社会的な問題も描かれており、これらはまるで報道番組を見ているようなリアリティがあります。

◆立ち向かう女性たちの強さとアンステレオタイプな連帯


では、本書のテーマであるジェンダー視点からこのドラマを見てみましょう。前述のとおり、公衆衛生上の危機に立ち向かう主人公アンヌ=マリーは博士号を持つ女性科学者で、緊急感染症対策研究所の所長です。彼女は内科医の夫との間に10代の娘がひとりいます。アンヌ=マリーのふるまいには、最初の死亡者が見つかった時から、感染拡大の危機、収束に向かう終盤に至るまで、一貫して冷静なプロフェッショナリズムを感じます。

彼女を補佐し情報分析にあたるネッリは生化学を学ぶ博士課程の学生で、専門知識が豊富です。ネッリはイヌイットであり、彼女のいとこは新型ウイルスによる最初の死者になってしまった前出のホームレスでした。アンヌ=マリーがネッリの能力を信頼して2人がチームになっていく様子は印象的です。前例のない課題に取り組む際は、多様性のあるチームが重要だという組織マネジメントの基本がさりげなく伝わってくるからです。

このシーンを見ていて思い出したのは、10年以上前、アメリカ留学中に参加した国際女性デーのイベントです。ひとつのセッションは軍隊における多様性がテーマで、米国やノルウェーの男女軍人が登壇していました。特に印象に残ったのは、アフガニスタンで現地女性から聞き取り調査をする際、女性軍人が活躍したエピソードです。現地女性は宗教上の理由から男性軍人とは話ができないため、女性軍人が必要不可欠だったそうです。

人事を担当する米軍の男性は、軍が必要とする能力を持つ人員を男性だけで埋めることはできないから、優秀な女性を歓迎している、と話してくれました。「アウトブレイク」で未知の感染症に立ち向かう研究者たちの切迫感は、まさに戦地のそれと通じるものでしょうから、能力のある人を人種、性別関わらず活用する必要があるのです。

画像2


また、ワクチン開発をしている製薬会社の要職に就くのも女性でした。彼女はアンヌ=マリーと学生時代からの友人です。ただし、ここで描かれるのは温かなシスターフッドではなく、専門性とプロフェッショナリズムに裏付けられた、ちょっと冷たくも見える静かな友情です。このようなプロ同士の人間関係はドラマの定番テーマではありますが、多くは「男同士の絆」として描かれます。女性をメインキャストに据えたドラマで描いたところに新しさがあると言えるでしょう。

物語の終盤、科学者としての倫理観を法的な枠組みに優先させる主人公がアクロバティックなやり方でワクチンを入手し、人々を救っていきます。2021年1月現在、新型コロナウイルスのワクチンを巡る緊張感ある動きを見ていると、アンヌ=マリーの行動は決して絵空事ではないと思えてきます。

ところで、物語の序盤で主人公の夫が同僚の女性医師と浮気している事実が判明するのが、このドラマの見どころの一つです。私は当初「深刻なストーリーに陳腐な恋愛沙汰は勘弁してほしい……」と思ってしまったのですが、これが予想外の展開につながっていきます。夫の浮気相手が患者を治療する過程で感染してしまった時、アンヌ=マリーは彼女を助けるため、ある行動を起こします。彼女とは友達でも何でもなく、助けることは義務でも仕事でもない上、大きなリスクを伴ったにも関わらず、アンヌ=マリーは躊躇しませんでした。その後、この女性医師はアンヌ=マリーを助けて感染拡大防止の一翼を担うようになります。

ドラマの主題は未知のウイルスがもたらす3カ月強続くパニックであり、緊張感が途切れることはありません。これまでも感染症をテーマにしたパニック映画やドラマは少なからずありましたから、物語の基本はある種の型に沿ったものです。それを踏まえた「アウトブレイク」の新しさは、主人公と主要登場人物が女性であることに加え、科学者としての倫理を恋愛感情に優先するヒロインの行動にあります。

夫に浮気された女性科学者と、夫の浮気相手である女性医師の関係を、ステレオタイプな「女同士の争い」に回収せず、プロフェッショナル同士の連帯として着地させたところに、苦みと爽やかさの混じった感覚を覚えます。

◆家族とは「血」よりも「ケア」で作られるもの


このドラマに含まれるジェンダー視点は、女性の活躍に留まりません。パンデミック担当の公安大臣は男性で、同性のパートナーがいます。2人は友人に代理母として子どもを出産してもらうことになっていました。この女性は離別シングルマザーで、息子をひとりで育てています。大臣のパートナーは、この子とその友人たちをまとめて遊園地に連れて行ってあげるなど、親戚のお兄さんのような関係です。

この社会は異性愛のカップルだけで作られているわけではないことを示すシーンが随所にさりげなく描かれ、シリアスなドラマの中で何だかホッとしました。多様な家族のあり方が当たり前のものとして描かれているのが、日本の視聴者にとっては新しく映りそうです。

現実世界でも、世界中で感染拡大防止のため「家にいること」「同居の家族以外と会うことのリスク」が喧伝されています。「家族と家にいてください」と言われた時、私たちがイメージするのは、どんな「家族」でしょうか。この世界で暮らしているのは夫婦と子どもで構成される、いわゆる“標準家族”だけではありません。血のつながりだけが親密な関係を作るわけでもありません。メインストーリーではないところで、多様な家族のありようをさりげなく見せてくれるのは、日本のドラマにはない新しさを感じます。

残念ながら、代理母はウイルスに感染して亡くなります。共に暮らしていた息子がひとり残されると、これまで離れて暮らしていた実父が会いにやってきます。しかし、実父は海外転勤が決まっており、息子を連れて行くのを難しいと感じます。そこで、これまで息子の世話を焼いてくれていた公安大臣のパートナーである男性にこう言うのです。「息子が母親を亡くしたのに落ち着いていられるのは、君たちがそばにいてくれるからだ。これからも、息子を頼めないだろうか」。

家族とは、血のつながりだけでなく、日常生活の中で思いやり、ケアをすることで「作られるもの」であることを、男性同士の会話で明らかにしていくシーンは、ストーリーの本筋ではありませんが、個人的には重要な場面だと思います。

この原稿を執筆している2021年1月11日、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県は二度目の緊急事態宣言が発令されています。東京都基準の重症者(人工呼吸器か体外式膜型人工肺を使用している人)は131人で過去最多となりました。例年なら成人式が開催される日ですが、中止する自治体が多くなっています。ただし、飲食店の時短営業が柱となっている今回の緊急事態宣言では、感染者を減らす効果が薄いと指摘する専門家の見解を報道などでよく目にします。

ドラマ「アウトブレイク」は、最初の死者が見つかってから収束宣言まで97日、3カ月余りの期間を描きます。現実世界での新型コロナウイルスの流行は、すでに1年近くも続いており、外出自粛の生活に疲れている人もいるでしょう。新しい日常生活の中で、現実を予言していたかのようなリアルなドラマを見ることは、不自由な日々を乗り切る糧になるかもしれません。

「アウトブレイク」には、ごく当たり前のものとして、新しいジェンダー観が描かれています。女性をわざわざ持ち上げるわけでもなく、自然にジェンダー視点を主流化しているドラマを見た後では、もはや女性が過度に感情的になり、弱音を吐いたり泣き出したりするようなステレオタイプな表現は、気持ちが悪くて見ていられなくなるでしょう。

◆「アウトブレイク―感染拡大―」(2020年、カナダ)
出演・ジュリー・ルブレトン、メリッサ・デゾルモ=プーラン、ガブリエル・サブランほか。全10話。カナダでは放送時、視聴率35.5%に達し大ヒット。Amazon Prime、Netflixなどで配信中。

連載第1回&第2回はこちら

治部れんげ/ジャーナリスト、昭和女子大学研究員、東大情報学環客員研究員  1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。2006年~07年ミシガン大学フルブライト客員研究員。2014年からフリージャーナリスト。2018年一橋大学大学院経営学修士。取材分野は、働く女性、男性の育児参加、子育て支援政策、グローバル教育、メディアとダイバーシティなど。東京都男女平等参画審議会委員(第5期)。財団法人ジョイセフ理事。財団法人女性労働協会評議員。豊島区男女共同参画推進会議会長。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
45
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!