見出し画像

愛の不時着は”姫を守る王子”と”王子を守る姫”の対等さが今っぽい

こんにちは。光文社新書の永林です。治部れんげさんの連載「ジェンダーで見るヒットドラマ」(仮)、第2回目の今回は「愛の不時着」の後編です。1月8日現在、日本版Netflixの順位は再び首位に! 元日に発表された、主演のカップルが実生活でも恋人同士というニュースに、ますますときめきいて見ている人が増えているのかもしれません。
超王道恋愛ドラマの顔をした「愛の不時着」ですが、治部さんは「内包しているテーマはとっても深い」と語ります。世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数2020」での韓国の順位は108位。日本同様にジェンダーギャップが深刻(121位の日本よりは高位)ですが、ドラマ内のジェンダー意識は欧米並に進んでいます。さて、一見マッチョなジョンヒョクとわがまま姫なセリの不時着カップルは、どんなところが対等なのでしょうか?  ※記事内にネタバレがあります。ドラマ未視聴の方はご注意ください。

記事前編はこちら↓

◆”姫を守る王子”と”王子を守る姫”の対等さ

前回記事では、性別役割分担の逆転がこのドラマの大きな魅力と書きました。一方で、それをあからさまには見せない表現が上手い、とも思います。第1話から第6話までは「ヒーローがヒロインを助ける」シーンが繰り返し登場し、普通に見ていると伝統的なお姫様救出物語に見えるはずです。

各話のラストシーンをみていきましょう。まず、第1話は、北朝鮮に来てしまったセリが、秘密警察に見つかりそうになったところを、ジョンヒョクが「壁ドン」で隠して守るシーンで終わっています。第2話は、夜間検査で秘密警察に見つかって銃を突きつけられているセリのもとに、ジョンヒョクが駆け付け「婚約者です」と嘘をついて助けます。第3話は船渡しで韓国に帰ろうとしたセリがパトロールに見つかりそうになったところを、ジョンヒョクがキスして恋人のふりをします。これらのシーンで、ジョンヒョクの意図がどうあれ、彼は「危機に陥った女性を守る王子様に見える」わけです。

この続きをみるには

この続き: 3,695文字

愛の不時着は”姫を守る王子”と”王子を守る姫”の対等さが今っぽい

光文社新書

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
52
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!