マガジンのカバー画像

全文公開【まとめ】

141
一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!
運営しているクリエイター

2020年9月の記事一覧

立川談笑、2010年1月の『死神』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

立川談笑は2007年から2010年の間に異なるオリジナル演出の『死神』を幾度も披露した。今回は20…

「あの時、あんなことしなければよかった…」と後悔を繰り返す人へ

光文社新書9月刊、枡野俊明先生の 『人生は凸凹だからおもしろい』 が好評発売中です。 ベスト…

「日本人の”面白い”コンテンツは海外でもほぼそのまま通用する」という話

こちらの記事より全6回にわたり、『伝え方は「順番」がすべて』(小沼竜太・著)の本文を抜粋…

攻撃的で極端な意見ほど拡散されやすい―『正義を振りかざす「極端な人」の正体』本文…

光文社三宅です。9月17日に山口真一先生の新刊『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文…

入船亭扇辰の『葵』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

2008年に博品館劇場で開催された「源氏物語一千年紀祭特別公演」、今回ご紹介するのは11月2日…

ツイッターには政治的偏りをもたらす効果がある―『正義を振りかざす「極端な人」の正…

光文社三宅です。9月17日に山口真一先生の新刊『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文…

ADHDは卒業があるけれど、ASDは卒業がない

 光文社新書編集部の三宅です。『おとなの発達障害 診断・治療・支援の最前線』の本文公開シリーズも、今回の第8章冒頭部分で最終回です。本章のざっくりとした内容は次のようになります。  NPO法人えじそんくらぶはADHDの支援団体として、会報誌やリーフレット、講座などによる情報提供から活動を開始しましたが、現在はADHDを中心に、ライフステージを通じての発達障害全体の支援に関わっています。  今回は、えじそんくらぶ20年にわたる活動の中で見えてきたキーワード、「見立てと適切な支

スキ
90

人気連載「恋愛学で読みとく『文豪の恋』」が光文社新書になりました!

みなさん、こんにちは。note担当の田頭です。 下のトップ画像、見覚えのある方も多いのではな…

「極端な人」はとにかく発信する―『正義を振りかざす「極端な人」の正体』本文公開

光文社三宅です。本日9月17日に山口真一先生の新刊『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(…

発達障害、就労支援の最前線

 光文社新書編集部の三宅です。『おとなの発達障害 診断・治療・支援の最前線』の本文公開シ…

正義を振りかざす「極端な人」が社会を支配している

9月17日に、『ネット炎上の研究』(勁草書房)の共著者でお馴染みの山口真一先生の新刊『正義…

柳家喬太郎の『空蝉』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

2008年10月30日から5日間に亘って博品館劇場で開催された「源氏物語一千年紀祭特別公演」。こ…

デイケアのASD・ADHD専門プログラムをご存じですか?

光文社新書編集部の三宅です。『おとなの発達障害 診断・治療・支援の最前線』の本文公開シリ…

立川談春の『柏木』―広瀬和生著『21世紀落語史』【番外編】

2008年10月30日から5日間に亘り、東京・銀座の博品館劇場で開催された「源氏物語一千年紀祭特別公演」。前回の「思い出の名高座」では、11月1日に橘家文左衛門(現・文蔵)が演じた『明石』について書いたが、今回は公演初日の10月30日に立川談春が演じた『柏木』を、当時の日記をもとにご紹介しよう。この日は木曜だったが昼夜で2公演行なわれ、僕は夜の部を観た。これも『明石』同様、落語作家の本田久作氏が原作台本を書きおろしている。ちなみに昼夜で2公演あったのは最終日の三遊亭歌之介(現

スキ
11