見出し画像

新刊の内容を3分で! 光文社新書2024年1月刊

①森本恭正『日本のクラシック音楽は歪んでいる』

これまで日本で検証されてこなかった「真実」とは――。私たちは何を見逃し、何を聴き逃してきたのか。ヨーロッパと日本で活躍する作曲家・指揮者が、20年を超える思考の上に辿り着いて示す、西洋音楽の本質。

さらに詳しくはこちら


②林純一『「生命の40億年」に何が起きたのか』

40億年前に誕生し、姿かたちを変えながら現在まで連綿と命を繋いできた生命。その本質とは一体なんなのか。常識を疑った先に広がるユニークな生き物たちの世界を描く意欲作。そして、その先で見えた新たな人の姿とは——。

さらに詳しくはこちら


③本間ひろむ『日本のヴァイオリニスト』

ピアノはその美しいキーを指で叩くだけできれいな音が出る。しかし、ヴァイオリンはそうはいかない――。ヴァイオリニストら「楽器に選ばれし者」の苦闘と栄光の物語。【日本のヴァイオリニスト・ディスコグラフィ30】付録付き。

さらに詳しくはこちら


④髙橋浩一『「最期は自宅で」30の逝き方』

「医療と関わりたくない」「好きな物を食べて死にたい」……どこでどう過ごし、最期の時を迎えるか。希望をどう叶えるか。在宅緩和ケアに取り組んできた医師が紹介する、患者との出会いから看取りまでの数々のストーリー。

さらに詳しくはこちら


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

光文社新書ではTwitterで毎日情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください!