マガジンのカバー画像

光文社新書PLUS

63
小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。
運営しているクリエイター

#光文社新書PLUS

新書だけでない、新書編集部の企画

光文社新書編集部の三宅です。この記事は、多くの方々に読んでいただけました。ありがたい気持…

「バンドってウスバカゲロウみたいに儚いものなんですね。」――『平成とロックと吉田…

第1回はこちら。 第2回はこちら。 第3回こちら。 絶賛発売中です! 第4章 バンドの限…

光文社新書
2週間前

ファイザーはなぜ最速でワクチンを開発できたのか?

ファイザー社が新型コロナワクチンの開発に着手してから、最初の接種が行われるまで、たった26…

光文社新書
2週間前

日本のジェンダーギャップ問題でフォーカスされるべきは、女性じゃなくて、男性なのだ…

こんにちは! 認定NPO法人フローレンスの前田晃平と申します。親子にまつわる社会問題を解決…

やっぱり原画。手描きの迫力がすごかったイトウハジメさん原画展レポ

こんにちは!光文社新書の藤です。 先日『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』(お陰…

【メイキング大公開!】えんぴつ描き原画からコミックエッセイができるまで

こんにちは、光文社新書の藤です。 最近の私の一押し書籍は『イトウ先生の世界一わかりやすい…

「ゴッホ最期の一日」ラストを先行公開!【新刊コミックエッセイより】

こんにちは、光文社新書の藤です。 『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』(3/18発売)より、先行公開しています最終章「ゴッホ最期の一日」。今回は第4弾にしてラスト。 ※先行公開 第1弾はこちら、第2弾はこちら、第3弾はこちらからドウゾ ※著者、イトウ先生のインスタグラムはこちら…! ゴッホさんの最期の一日が終わります。 そして場面はゴッホの時代から、イトウ先生と中学生がいる放課後の美術準備室に。本書のエンディングでもあります。どうぞお楽しみください。 ・・・・・

スキ
18

諸説あり!ゴッホの「絶筆」について【新刊コミックエッセイ先行公開!】

こんにちは、光文社新書の藤です。 『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』(3/25発売…

ゴッホの絵は生前に評価されなかった?【コミックエッセイ先行公開!】

こんにちは、光文社新書の藤です。 『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授業』(3/25発売…

自殺?他殺?いまだ謎のゴッホ「最期の一日」をコミックエッセイで描きます

こんにちは、光文社新書の藤です。 今回の記事から『イトウ先生の世界一わかりやすい美術の授…

イトウハジメさんの「美術史に詳しくなるコミックエッセイ」冒頭を先行公開します!

今回から数回にわたり、note上で、新刊コミックエッセイの内容を先行公開します(担当、光文社…

【3/25発売!】ずっと憧れていたイトウハジメさんのコミックを出せることになりました…

こんにちは。光文社新書の藤です。 私、作家のイトウハジメさんが大大大好きなのですが(デビ…

『ジョーカー』と『ボヘミアン・ラプソディ』はカードの裏表  by川崎大助

2018年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディー』、そして2019年の『ジョーカー』。ストーリ…

ナマケモノに学ぶ周囲に流されない生き方

ナマケモノは決して急がず、いつもマイペースに自分のやりたいことをやって常に笑顔。 一方、ますますタスクが増えると同時に即結果を求められ、自分の時間を失っている私たちは惨めすぎないだろうか? ゆるくても着実な生き物の姿と、古今東西の深い名言が教えてくれる人生のヒント集。 JOKERファン必修、”Smile”とチャップリンの名言↓ 心に刻みたい天才のモットー。 カラマーゾフを読むか読まないか。 『ナマケモノでいいんだよ』ルーシー・クック著、橋本篤史訳

スキ
8