マガジンのカバー画像

新書こそが教養!

64
現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

【第1回】「教養」への第一歩は「自分とは何か」を知ることにある!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

【第64回】なぜ哲学ディベートが必要なのか?

「人生の選択」の哲学的背景再び拙著を紹介するのはおこがましいのだが、ぜひ読者に楽しんでい…

【第63回】宇宙人も地球人と同じ数学を理解しているか?

数学の普遍性についての疑問 ある日、26光年離れたベガ星系から地球に電波信号が届く。その信…

光文社新書
11日前

【第62回】なぜ日本はロシアに勝てたのか?

「黄禍論」を論破した「説得王」明治28年(1895年)4月17日、「日清講和条約」が下関で締結さ…

光文社新書
3週間前

【第61回】日本語を豊潤にする方言の魅力とは何か?

方言がおもしろい国立国語研究所は、2010年から2015年にかけて、日本全国各地に在住する方言研…

光文社新書
1か月前

【第60回】桂離宮の「美」を見抜く力とは何か?

和辻哲郎と森蘊の論争「宮内庁」のホームページは、思いのほか楽しい構成になっている。「参観…

光文社新書
1か月前

【第59回】なぜ日本の天才は海外に流出してしまうのか?

今も「予言者」と呼ばれる天才物理学者私がウエスタンミシガン大学に留学して最もお世話になったのは、物理学者の曽我道敏先生と奥様である。週末になると先生のお宅に押しかけては、多彩な専攻の学生たちとビールを飲みながら、あらゆる話題について議論した。その頃の体験が、どれほど今の私の糧になっているか、筆舌に尽くし難い。   曽我先生は、日本で2人目となるノーベル物理学賞受賞者・朝永振一郎のもとで1958年に博士号を取得した。1961年に渡米し、1968年より1996年に退職されるまで、

スキ
34

【第58回】なぜ大人の「いじめ」が「合理的」なのか?

労働相談の第1位は「いじめ・嫌がらせ」トヨタ自動車といえば、世界でもトップ10に入る日本の…

光文社新書
2か月前

【第57回】20世紀の戦争はどのように終結してきたのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
2か月前

【第56回】どこまでアンドロイドが進化するのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
2か月前

【第55回】そもそも「在宅医療」とは何か?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
3か月前

【第54回】どうすればヤングケアラーを支援できるのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
3か月前

【第53回】なぜ人間は拝まざるをえないのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていま…

光文社新書
3か月前

【第52回】「自由の勝利は明白な事」だという死を賭した叫び!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか? ■デマやフェイクニュースに騙されていませんか? ■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか? ★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 自由主義者の『所感』終戦直前の1945年5月11日、大日本帝国陸軍特別攻撃隊員として、沖縄嘉手納湾の米国海軍駆逐艦に突入して爆死し

スキ
23