あいまいな地方の私

1

#01_死はいつだってぼくの隣にあった|小松理虔

地方と不確実  なんだろう 、妙な感覚なんだけれど、ここ最近、自分に死が近づいてきたよう…