note__174_牟岐_徳島

横断歩道って、最近のもの!?――日本人が堂々と車道を歩いていた頃の風景。

光文社新書で1年ぶりに続編が登場した、昭和30年代のカラー写真を集めた『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』。著者のJ・ウォーリー・ヒギンズさんは、米国出身で、日本と日本の鉄道を愛するあまり、日本に移住してしまった、現在92歳の老紳士。鉄道ファンの間では「撮り鉄」として名前が知られています。ウォーリーさんの撮った写真は、いま、鉄道写真としてだけでなく、当時の日本各地や人々の様子をカラーで記録した貴重な資料として、注目を集めています。
今回は、ウォーリー さんの友人であり、出版にあたり取材、翻訳、写真整理に携わったライター・翻訳家の佐光紀子さんが、制作中のこぼれ話を紹介。んんん、昭和30年代の皆さん、マナーが悪かったわけではないのですね…??

文/佐光紀子
写真とコメント/J・ウォーリー・ヒギンズ

みんな、堂々と、車道を渡っていますが…

@_167東中洲

東中洲(福岡県福岡市)1957年4月28日 玉屋百貨店の前にて。人が少なく見えるのは、みんなが通りを渡る交差点から写真を撮ったからだ。車が少なく見えるのも、信号が赤で、私が交差点に立ち入って写真が撮れる状況だから。今もそうだが、この頃の中洲は、歩道の人通りからもわかるように、賑やかだった。(第2弾・P416掲載)

車がほとんど走っていないとは言え、福岡の玉屋百貨店の前の大通りを、堂々と渡る人々。キャプションにあるように、「この頃の中洲は賑やかな街だった」とウォーリーさんは言います。

「とは言っても、この大通りを、横断歩道を無視して渡っちゃう人が、結構いたということなのよね」
本を校了したあとで、子どもを含め堂々と大通りを渡る人が写る写真を眺めながらウォーリーさんと雑談をしていると、
「いや、この当時は、まだ横断歩道はなかったからね」
とウォーリーさん。

「え?」
一瞬耳を疑いました。「横断歩道って昔はなかったの?」
「この頃は、横断歩道はほとんどなかったよ」

驚いて調べて見てみると、横断歩道の表示が法律で決まったのは、1960年12月だったようです。ということは、この写真が撮影された3年以上後のこと。どうりで、通りには横断歩道の影も形もないわけです。

こちらからすると、物心ついた時にはすでに横断歩道があったので、なんとなく、横断歩道はずっと昔からあったような錯覚に陥っていましたが、ウォーリーさんの一言で、じつは比較的最近(とはいっても60年代ですが)の産物なのだということを知りました。

戦後の日本の発展の過程を目にしてきたウォーリーさんと、発展の途中からこの国で生まれ育った私には、時々こういう認識のずれが起こります。ウォーリーさんから見れば、「当然だろう、当初はほとんど車がなかったんだから」というようなことに、私がビックリして、逆に彼をあきれさせるなんていうことが、取材中一体何度起きたことか。

マナーの悪い歩行者、ではなかったのですね…

そして、彼のこの一言で思い出したのが、第1弾に出てくるこの写真です。

p402-403 銀座

銀座(東京都)1960年4月23日 銀座四丁目交差点から数寄屋橋方面を見たところ。銀座の大通りなのに、車の後ろをゆったりと歩行者が渡っている。(第1弾・P402-403掲載)

1960年に撮影された銀座四丁目付近ですが、最初に見たときは、「なんて大胆な歩行者!」と編集者共々ビックリ仰天。思わず【危ない!】というコラムを作って、この写真を掲載してしまったのでした。その際に「みんな、こんなふうに銀座の大通りを勝手に渡っていたの?」と聞くと、ウォーリーは、「昔はみんな気をつけて渡っていたから、無謀なことをしなければ、大した問題ではなかったよ」と涼しい顔。

でも、今回、改めて「当時はまだ横断歩道がほとんどなかったからね」と言われて、いまいちど見直してみると、この写真の状態、うなずけます。だって、横断歩道がなかったんですものね。どこを渡るのも、轢かれさえしなければ、ある意味、こちらの自由だったのです。

ちなみに、第2弾の中に、珍しく、当時の横断歩道が写っている写真を見つけました。この写真です。下のほうにうっすらと、見えますでしょうか。

note@_174 牟岐 徳島

牟岐(徳島県)1962年5月23日 高知県の甲浦へは、高松から牟岐まで列車で出て、バスに乗り換える。道路の一部は近代的だったが、多くは補修を必要とする状態だった。(第2弾・P404掲載)

1960年に初めて制定された横断歩道のデザインは二種類。1つは単純な二本線タイプと、もう1つは、写真のように側線付のゼブラが中央で食い違うデザインでした。その後、1965年に、単純なハシゴ形のゼブラに変わったようです。

写真の上方には、「交通事故0日 牟岐町中村交通安全自治会」の横断幕が。この後、さらに車が増え、交通戦争と称されるようになると、「横断の際、手を上げて合図する運動」も推進されるようになり、ガードレール、道路標識、信号機なども急速に整備されるようになったようです。

ところで、全くの余談で恐縮ですが、1枚目の写真(東中洲の写真)で私の目が釘付けになったのは、道を渡る兄弟とおぼしき少年二人でもなければ、道のど真ん中を闊歩するスーツに長靴のサラリーマンでもありません。右端の路面電車の近くにいるオレンジ色のAラインのワンピースを着た女性です。

ローマの休日を思い出すようなショートカットにキレイなドレス。そして真っ白なハイヒール。なんておしゃれな女性だろう、どんな仕事をしていたのかしら。

woman@_167東中洲

そんな話をすると、ウォーリーさんは困ったように口をつぐんでしまうのですが、当時の女性のファッションも、カラーならではのお楽しみです。

――――――――――――――――――――――

前作よりさらにパワーアップして発売された光文社新書『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』。当時を知る人も、知らない人も、たっぷり楽しめます。またご家族やご友人へのプレゼントにも、ぜひお買い求めください…! 
未読の方は、第1弾もおすすめです。​

◆◆好評マガジン◆◆

(1)未来から来た人|日本をこよなく愛する92歳の「撮り鉄」J・ウォーリー・ヒギンズさんのこと
(2)未収録カラー写真で楽しむ『60年前の東京・日本』①――60年前の日本。米国人撮り鉄を魅了した「どこまでも続く線路」とその先の風景
(3)未収録カラー写真で楽しむ『60年前の東京・日本』②――「子どもたちは、窓際が好き」米国人のカラー撮り鉄が記録した60年前の日本
(4)コラムの一部を特別公開!①――92歳の米国人・伝説の撮り鉄が選んだ「私が好きな60年前の日本」
(5)コラムの一部を特別公開!②――昔はこんな駅だった!? カラーで楽しむ60年前の懐かしの全国駅前風景
(6)コラムの一部を特別公開!③――車より電車、電車よりバイクが偉かった!? 60年前の日本、疾走するバイクのいる風景。
(7)未収録カラー写真で楽しむ『60年前の東京・日本』③――「キモノが普段着」だったあの頃の、色鮮やかな写真。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
63
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

この記事が入っているマガジン

フォト限定公開『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』
フォト限定公開『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』
  • 8本

大好評の『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』『続・秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』のシリーズから、未掲載写真やコラム、掲載内容の一部を限定公開します。

コメント (1)
わりと、今でも堂々と車道をあるいてますよ。うちの地域ではw。車もよくわかってるので、気をつけて走ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。