教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助

105
固定された記事

introduction: 教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助

戦後文化の中心にあり、ある意味で時代の変革をも導いた米英のロックミュージック。現在我々が…

なにがあっても、忘れたくない10曲―『教養としてのロック名曲ベスト100』刊行記念 b…

光文社新書編集部の三宅です。 本noteの好評連載『教養としてのロック名曲ベスト100』が同じ…

異形であって異形でない。「教養としてのロック名曲ベスト100」リストを振り返る。by…

光文社新書編集部の三宅です。 「教養としてのロック名曲ベスト100」ですが、先週の1位発表…

【1位】○○○○○○の1曲―傷だらけの新生児が、汚水溜まりから大海へ

光文社新書編集部の三宅です。 川崎大助さんの好評連載「教養としてのロック名曲ベスト100」…

【2位】ザ・ビーチ・ボーイズの1曲―ウー・バッパ、グッドな波動を集めてるんだ

「グッド・ヴァイブレーションズ」ザ・ビーチ・ボーイズ(1966年10月/Capitol/米) Genre: …

【3位】ザ・ロネッツの1曲―スタジオの秘蹟へ、不磨のロゼッタ・ストーンに道筋を記…

「ビー・マイ・ベイビー」ザ・ロネッツ(1963年8月/Philles/米) ※こちらはデンマーク盤…

【4位】ザ・ビーチ・ボーイズの1曲―救われぬ「僕」は、いまはもう、きみ以外の地上…

「ゴッド・オンリー・ノウズ」ザ・ビーチ・ボーイズ(1966年7月/Capitol/米) ※こちらは…

【5位】ザ・ビートルズの1曲―壮大にして、しかし「なにも起こらない」人生の一日に

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」ザ・ビートルズ(1967年5月/Parlophone/英) ※こちらは収…

【6位】ザ・クラッシュの1曲―沈みゆく街の防人が告げる、地獄まじりの冬が来る

「ロンドン・コーリング」ザ・クラッシュ(1979年12月/CBS/英) Genre: Punk Rock, Post-Pu…

【7位】ボブ・ディランの1曲―まったくの無名者として、転がる石みたいに

「ライク・ア・ローリング・ストーン」ボブ・ディラン(1965年7月/Columbia/米) ※こちら…

【8位】デヴィッド・ボウイの1曲―引き裂かれた人類に「ただ一日だけ」の可能性の熾…

「ヒーローズ」デヴィッド・ボウイ(1977年9月/RCA/米) ※こちらは西ドイツ盤シングルの…