マガジンのカバー画像

新刊情報【まとめ】

285
毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。
運営しているクリエイター

#私の作品紹介

【光文社新書】2022年4月刊6冊の内容を3分で!

①稲田豊史『映画を早送りで観る人たち』 なぜ映画や映像を早送り再生しながら観る人がいるの…

光文社新書
7か月前

【光文社新書】2022年3月刊6冊の内容を3分で!

①山田徹 谷口雄太 木下竜馬 川口成人『鎌倉幕府と室町幕府』 鎌倉幕府と室町幕府、真に強…

光文社新書
8か月前

【光文社新書】2022年2月刊5冊の内容を3分で!

①吉野実『「廃炉」という幻想』 増え続ける処理水、不可能に近い「デブリ取り出し」、行く先…

光文社新書
9か月前

【光文社新書】2022年1月刊5冊の内容を3分で!

①川瀬和也『ヘーゲル哲学に学ぶ考え抜く力』 哲学の基本スキルである「考え抜く力」は、同時…

光文社新書
10か月前

【光文社新書】2021年12月刊5冊の内容を3分で!

①関なおみ『保健所の「コロナ戦記」TOKYO2020‐2021』闘いの相手は、組織か、人か、ウイルス…

光文社新書
11か月前

【光文社新書】2021年11月刊6冊の内容を3分で!

①吉田徹『くじ引き民主主義』 政党も政治家も信頼できない——。代表制民主主義が機能不全に…

【光文社新書】2021年10月刊6冊の内容を3分で!

①西林克彦『知ってるつもり』 認知科学・認知心理学の知見では、我々は手持ちの知識を使うことでしか対象を見ることができない。システム化されていない断片的な“知識”だけでは、きちんとした疑問や推測が起きないのだ。今最も求められる「問題発見力」を身につける。 ②三浦展『大下流国家』 上がらない給料と拡がる格差に加え、ジェンダー指標や報道の透明性でも他国と差をつけられる現在。はたしてこの国はどこまで堕ちていくのか? 社会現象を生んだベストセラー『下流社会』から16年、三浦展がい

スキ
12

【光文社新書】2021年9月刊6冊の内容を3分で!

①小口広太『日本の食と農の未来』 食料自給率が40%を切る日本は、「食の海外依存」「国内農…

【光文社新書】2021年8月刊5冊の内容を3分で!

①桐村里紗『腸と森の「土」を育てる』 人は森であり、腸に「土」を内包し、消化管で自然とつ…

【光文社新書】2021年7月刊6冊の内容を3分で!

①岩田規久男『「日本型格差社会」からの脱却』 約30年の間で信じられないほど「貧しい国」と…

【光文社新書】2021年6月刊6冊の内容を3分で!

①辛酸なめ子『新・人間関係のルール』 人生の問題の多くを占める人間関係。SNSの発達やパ…