マガジンのカバー画像

「微笑みの国」タイの光と影

12
タイ在住20年のライター、高田胤臣(たねおみ)が綴るタイ社会/タイ人のリアル。日常の小話から政治経済の情勢まで、家族も仕事もタイに根差してきたからわかる本質的なタイ事情を伝えます。
運営しているクリエイター

#海外生活

タイ政府のプライドを支える軍事力(第11回)

これまでの連載はこちらから↓↓↓ 現政権は結局のところ軍事政権現在のタイは、2019年3月に…

3週間前

タイの"アンタッチャブル"は貧民層ではなく……(第10回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣がディープなタイ事情を綴る長期連載『「微笑みの国」タイの…

2か月前

タイの教育は飼い犬を養成するためのプログラムなのか?(第9回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣がディープなタイ事情を綴る長期連載『「微笑みの国」タイの…

2か月前

出る杭は破壊されるのがタイ式(第8回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣がディープなタイ事情を綴る長期連載『「微笑みの国」タイの…

4か月前

タイの大人たちが超保守的である2つの理由「仏教」と「金」(第7回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣がディープなタイ事情を綴る長期連載『「微笑みの国」タイの…

5か月前

ストレスだらけのタイの若者たち(第6回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣がディープなタイ事情を綴る長期連載『「微笑みの国」タイの…

6か月前

不況を気にしないタイ社会と困窮して犯罪に走るタイ人(第5回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣がディープなタイ事情を綴る長期連載『「微笑みの国」タイの光と影』。 第5回はタイ社会の経済不況を考えます。1997年のアジア通貨危機、2008年のリーマンショック、そして2020年から現在も続く新型コロナ禍。どんな不況も明るく吹き飛ばすタイ人ですが、専門家の分析では好景気になることはなく、さらに低所得者層の困窮は見事なまでに無視されているようです。 これまでの連載はこちらから↓↓↓ (第1回)(第2回)(第3回)(第4回) タイと日本の不

スキ
34

タイ社会にとって外国人は「駒」でしかない(第4回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣が綴るディープなタイ事情。 第4回はタイ人と外国人との関…

8か月前

格差が人間の価値を意味するタイ(第3回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣が綴るディープなタイ事情。 第3回はタイ人の「金」に対す…

9か月前

日本なんて子どもレベルなタイの人間関係(第2回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣が綴るディープなタイ事情。第2回はタイ人のしたたかすぎる…

10か月前

微笑みに隠されたタイ人の本心(第1回)

タイ在住20年のライター、高田胤臣が綴るディープなタイ事情。第1回は連載タイトルにもある「…

11か月前

【予告】新連載『「微笑みの国」タイの光と影』はじまります(書き手:高田胤臣さん)

新連載のお知らせみなさまこんにちは。編集部の高橋です。 光文社新書編集部では2月から、新連…

11か月前