マガジンのカバー画像

「微笑みの国」タイの光と影

32
タイ在住20年のライター、高田胤臣(たねおみ)が綴るタイ社会/タイ人のリアル。日常の小話から政治経済の情勢まで、家族も仕事もタイに根差してきたからわかる本質的なタイ事情を伝えます。
運営しているクリエイター

記事一覧

【最終回】それでもタイ人はタイが好き|「微笑みの国」タイの光と影

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

光文社新書
8か月前
24

タイにおける「勝ち組」は結局……|「微笑みの国」タイの光と影 vol.31

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

光文社新書
9か月前
25

不動産投資に見るタイ人の楽観主義|「微笑みの国」タイの光と影 vol.30

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

光文社新書
11か月前
12

タイ人を理解する鍵となる感情「怒り」|「微笑みの国」タイの光と影 vol.29

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

32

タイ人は保守的なのか新しいもの好きなのか、結局どっち?|「微笑みの国」タイの光と…

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

10

タイ人を雇ってもすぐに辞めちゃうと批判する前に|「微笑みの国」タイの光と影 vol.2…

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

22

タイ人にとっての「会社」「仕事」「働きがい」の意味|「微笑みの国」タイの光と影 vol.26

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』をベースにした書籍『だからタイはおもしろい』が2023年11月15日に発売されました。全32回の連載から大幅な加筆修正を施し、12の章にまとめられています。ぜひチェックしてみてください! これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ 日本とは違う就活システム  タイも日本のように会社組織で働くということがだいぶ定着してきた。ただそれこそ1990年代の頃はまだ、大学生が卒業後に会社へ就職する

タイの公務員は国民のために働いてはいない(第25回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

14

タイの問題児かつ、タイのよさを持ち続ける"ローソサエティー"(第24回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

11

「交通」はその国の文化を表す――車社会とタイ人の気質(第23回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

9

医療レベルが高い一方で救急救命がおろそかなタイ(第22回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

12

国を挙げて「医療ツーリズム」に乗り出すほどタイの医療レベルが高い理由(第21回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

26

タイの屋台料理は自己責任で食すべし(第20回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』を…

30

自炊よりも遥かに安い、タイの外食事情(第19回)

【お知らせ】本連載をまとめた書籍が発売されました!本連載『「微笑みの国」タイの光と影』をベースにした書籍『だからタイはおもしろい』が2023年11月15日に発売されました。全32回の連載から大幅な加筆修正を施し、12の章にまとめられています。ぜひチェックしてみてください! これまでの連載はこちらから読めます↓↓↓ 食好き、屋台好きなタイの国民性タイは全土的に自炊ではなく外食文化だ。バンコクの中流層以下のタイ人が暮らすようなアパートにはそもそもキッチンなどがない。簡易的な電