光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

【第43回】なぜ官邸が大暴走してしまうのか?

官僚とマスコミを支配し、倫理観に欠け、戦争のできる国を目指す人々2017年2月17日、当時の安…

第一章 がんばろうKOBE――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

目次・プロローグに続き、第一章の冒頭を公開します。以下、本書の概要です(光文社三宅)。 …

まんが連載スタート【第1話】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか?|押川…

・・・・・・・・・・ 【第1話】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか? ・・・・…

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.45

『アドルフ』→『恋愛学で読みとく 文豪の恋』 『コモン・センス』→『夢中になる東大世界史…

プロローグ 2021年キャンプ――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

これほど終わるのが惜しいと思う日本シリーズはありませんでした。もう両者優勝でいいとも思い…

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.85

バックナンバーはこちら 伊藤浩介『ドレミファソラシは虹の七色?』キャラ分けとは、色分けの…

【第43回】なぜ官邸が大暴走してしまうのか?

【第43回】なぜ官邸が大暴走してしまうのか?

官僚とマスコミを支配し、倫理観に欠け、戦争のできる国を目指す人々2017年2月17日、当時の安倍晋三首相は、国会で「私や妻が関係していたということになれば、間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と大見得を切った。大阪府で「安倍晋三記念小学校」の開設を目指していた森友学園に、国有地を8億円も値引きして売却した問題を追及された際の発言である。

一般に、平気で嘘をつく人間ほど「嘘だったら辞める」とか「

もっとみる
第一章 がんばろうKOBE――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

第一章 がんばろうKOBE――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

目次・プロローグに続き、第一章の冒頭を公開します。以下、本書の概要です(光文社三宅)。

ーーー

下馬評を大きく覆し、2年連続最下位からのペナント制覇は、いかに成し遂げられたのか? 逆に、なぜかくも長き暗黒時代が続いたのか? 黄金期も低迷期も見てきた元番記者が豊富な取材で綴る。

1994年の仰木彬監督就任まで遡り、イチロー、がんばろうKOBE、96年日本一、契約金0円選手、球界再編騒動、球団合

もっとみる
まんが連載スタート【第1話】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか?|押川勝太郎×おちゃずけ

まんが連載スタート【第1話】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか?|押川勝太郎×おちゃずけ

・・・・・・・・・・

【第1話】押川先生!「抗がん剤は危ない」って本当ですか?

・・・・・・・・・・

はじめまして。まんが家のおちゃずけです。

「がんは怖い! 抗がん剤はもっと怖い!! がんになっても、抗がん剤だけは絶対に使わない!!」

私自身、ずっと、そう思っていました。

ダイエットが趣味で、オーガニックなものが大好き♡
愛読書は『家庭でできる自然療法』。

そんな私にとって、「抗が

もっとみる
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.45

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.45

『アドルフ』→『恋愛学で読みとく 文豪の恋』

『コモン・センス』→『夢中になる東大世界史』

『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』→『辞書と日本語』

『あなたと原爆』→『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』

『孤独な散歩者の夢想』→『世界最高のクラシック』

前回はこちら

プロローグ 2021年キャンプ――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

プロローグ 2021年キャンプ――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

これほど終わるのが惜しいと思う日本シリーズはありませんでした。もう両者優勝でいいとも思いました(心と体がもたないので)。最終的に東京ヤクルトスワローズが優勝を決めたわけですが、多くの選手が喜びを爆発させるのではなく、涙を流していました。それほど長く辛い闘いだったのでしょう。

今回の日本シリーズの大きな特徴は、2年連続最下位チーム同士のマッチアップというところにありました。特にオリックス・バファロ

もっとみる
【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.85

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.85

バックナンバーはこちら

伊藤浩介『ドレミファソラシは虹の七色?』キャラ分けとは、色分けのことなのだ。そう考えると、「音色」とはなかなか味わい深い言葉である。ピアノやバイオリンなどの音色の違いは、音の色分けであり、キャラ分けなのだ。そう意識した途端、同じ音楽がより立体的に聞こえてくるから不思議である。

蟹沢孝夫『ブラック企業、世にはばかる』若者がポータビリティの低い仕事にはまって脱出できない「ワ

もっとみる