光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

【第64回】なぜ哲学ディベートが必要なのか?

「人生の選択」の哲学的背景再び拙著を紹介するのはおこがましいのだが、ぜひ読者に楽しんでい…

光文社新書
5か月前

絶好調東京ヤクルトスワローズ、髙津臣吾監督の著書『二軍監督の仕事』(光文社新書)の6刷が決まりました! 2018年刊行の本書のサブタイトルは「育てるためなら負けてもいい」。若手がニョキニョキ生えてくる育成の秘密がわかります! 新刊『一軍監督の仕事』と併せてぜひ!

光文社新書
5か月前

編集者と作家の特異で不思議な関係性――エンタメ小説家の失敗学19 by平山瑞穂

過去の連載はこちら。 平山さんの最新刊です。 第4章 編集者に過度に迎合してはならない …

光文社新書
5か月前

【発売即重版】
6月の新刊、深作秀春『緑内障の真実』がさっそく重版になりました。ありがとうございます!
国内の患者数は数百万~1000万とも言われる緑内障。世界最高レベルの眼科外科医が最新の知見を丁寧に解説します。ぜひご一読ください。

光文社新書
5か月前

デジタルデータだけれど、オリジナルであることを見分けられる技術――『Web3とは何か…

過去の連載はこちら。 今一番売れているメタバース関連書籍。現在6刷です。 第2章 NFT③…

光文社新書
5か月前

太っているのは自己責任か?―僕という心理実験20 妹尾武治

過去の連載はこちら。 第2章 日本社会と決定論⑫―「太りなさい」という環境からの刺激太っ…

光文社新書
5か月前
【第64回】なぜ哲学ディベートが必要なのか?

【第64回】なぜ哲学ディベートが必要なのか?

「人生の選択」の哲学的背景再び拙著を紹介するのはおこがましいのだが、ぜひ読者に楽しんでいただきたいのが『実践・哲学ディベート』である。本書が焦点を当てているのは、実際に誰もが遭遇する可能性のある多彩な「人生の選択」である。舞台は大学の研究室、教授と5人の学生がセミナーで話している光景……。読者は、発言者のどの論点に賛成あるいは反対するだろうか? どの論点に最も価値を見出すのか? その議論の先はどう

もっとみる

絶好調東京ヤクルトスワローズ、髙津臣吾監督の著書『二軍監督の仕事』(光文社新書)の6刷が決まりました! 2018年刊行の本書のサブタイトルは「育てるためなら負けてもいい」。若手がニョキニョキ生えてくる育成の秘密がわかります! 新刊『一軍監督の仕事』と併せてぜひ!

編集者と作家の特異で不思議な関係性――エンタメ小説家の失敗学19 by平山瑞穂

編集者と作家の特異で不思議な関係性――エンタメ小説家の失敗学19 by平山瑞穂

過去の連載はこちら。

平山さんの最新刊です。

第4章 編集者に過度に迎合してはならない Ⅰ編集者との特異で不思議な関係性

 一八年間に及ぶ作家生活の中で、文芸誌に短篇を寄稿したとか、アンソロジーに参加したといった細かい仕事も含めれば、かれこれ一五社ほどの出版社と関わりを持ってきた。その間、担当になった編集者の数も、試みに数えてみたらざっと三〇人ほどにまで上り、少し驚いた(オファーはあったもの

もっとみる

【発売即重版】
6月の新刊、深作秀春『緑内障の真実』がさっそく重版になりました。ありがとうございます!
国内の患者数は数百万~1000万とも言われる緑内障。世界最高レベルの眼科外科医が最新の知見を丁寧に解説します。ぜひご一読ください。

デジタルデータだけれど、オリジナルであることを見分けられる技術――『Web3とは何か』by岡嶋裕史 第2章 NFT③

デジタルデータだけれど、オリジナルであることを見分けられる技術――『Web3とは何か』by岡嶋裕史 第2章 NFT③

過去の連載はこちら。

今一番売れているメタバース関連書籍。現在6刷です。

第2章 NFT③――デジタルデータで唯一性を証明したいこの章ではNFTについて考えていきたい。

そもそもNFTとは何なのか。何のための技術なのか。

これは、「デジタルデータで唯一性を証明したい」に尽きる。デジタル技術はその登場と洗練によって、多くのビジネスを変えてしまった。

「唯一無二のオリジナルがあって、みんなが

もっとみる
太っているのは自己責任か?―僕という心理実験20 妹尾武治

太っているのは自己責任か?―僕という心理実験20 妹尾武治

過去の連載はこちら。

第2章 日本社会と決定論⑫―「太りなさい」という環境からの刺激太っているのは自己責任だと多くの人は思うだろう。しかし、こんなにも美味しいものが身近に溢れているのも自己責任なのだろうか。ハンバーガー、コーラ、スイーツが低価格で手に入る時代。「太りなさい」という環境からの刺激がここまで多量にあるのに、太っているのは自己責任なのだろうか?
 
同じように、使えるお金を計画的に計算

もっとみる