光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

【81位】ザ・クラッシュの1曲―歌う労働争議を、生一本・怒濤のパンク・ロックで

「コンプリート・コントロール」ザ・クラッシュ(1977年9月/CBS/米) Genre: Punk Rock Co…

松浦弥太郎さん『期待値を超える』、「はじめに」を全文公開!

こんにちは。光文社新書の樋口です。 この3月に担当させていただいた、松浦弥太郎さん『期待…

マスコミ嫌いのフレディがこっそり打ち明けた「プライベートな曲」が意味するもの

映画の大ヒットも記憶に新しいクイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』。「過去1000年でイギ…

100

【動画】森村泰昌さん『自画像のゆくえ』刊行記念トークを特別に公開!!

美術家・森村泰昌さんが「自画像」という古くて新しいテーマを独自の視点でとらえ直した『自画…

【82位】ザ・テンプテーションズの1曲―異形のソウルは、サイケデリックのトンネルを…

「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン」ザ・テンプテーションズ(1972年9月/Gordy/米) G…

ひとりお花見酒散歩|パリッコの「つつまし酒」#53

※この原稿は、2020年の3月下旬に取材をし、3月25日に公開される予定だったものです。ところが…

【81位】ザ・クラッシュの1曲―歌う労働争議を、生一本・怒濤のパンク・ロックで

【81位】ザ・クラッシュの1曲―歌う労働争議を、生一本・怒濤のパンク・ロックで

「コンプリート・コントロール」ザ・クラッシュ(1977年9月/CBS/米)

Genre: Punk Rock
Complete Control - The Clash (Sep. 77) CBS, UK
(Joe Strummer, Mick Jones) Produced by Lee "Scratch" Perry
(RS 371 / NME 83) 130 + 418 = 548

90位

もっとみる
松浦弥太郎さん『期待値を超える』、「はじめに」を全文公開!

松浦弥太郎さん『期待値を超える』、「はじめに」を全文公開!

こんにちは。光文社新書の樋口です。

この3月に担当させていただいた、松浦弥太郎さん『期待値を超える』という本を紹介させてください。

松浦弥太郎 (まつうらやたろう)
エッセイスト、編集者、クリエイティブディレクター。
一九六五年東京・中野生まれ。若き日にアメリカで書店文化に触れ、古い洋書を扱うエムアンドカンパニーブックセラーズを立ち上げる。二〇〇三年、COWBOOKSを中目黒にオープン。二〇〇

もっとみる
マスコミ嫌いのフレディがこっそり打ち明けた「プライベートな曲」が意味するもの

マスコミ嫌いのフレディがこっそり打ち明けた「プライベートな曲」が意味するもの

映画の大ヒットも記憶に新しいクイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』。「過去1000年でイギリス人が選んだ最も重要な曲」はどこか「ヘン」な曲でもあります。そこに込められていると噂される、ある「謎」のことを知っていますか?
映画研究者かつクイーンの音楽を愛する菅原裕子さんが、「謎」を追いかけた先に見たものとは――

前回の記事(第2章―後半)はこちらから。
連載全体の見取り図はこちらからご確認で

もっとみる
【動画】森村泰昌さん『自画像のゆくえ』刊行記念トークを特別に公開!!

【動画】森村泰昌さん『自画像のゆくえ』刊行記念トークを特別に公開!!

美術家・森村泰昌さんが「自画像」という古くて新しいテーマを独自の視点でとらえ直した『自画像のゆくえ』(光文社新書)が話題です。このたび、刊行記念トークの映像を森村さんが特別に公開してくださいました。セルフィー(自撮り)全盛の時代に、いま、なぜ自画像論なのか。ぜひ、お楽しみください。

集大成の一冊こちら映像は モリムラ@ミュージアム 内にある
記憶の樹 (Library & Salon)にて収録さ

もっとみる
【82位】ザ・テンプテーションズの1曲―異形のソウルは、サイケデリックのトンネルを延々進む

【82位】ザ・テンプテーションズの1曲―異形のソウルは、サイケデリックのトンネルを延々進む

「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン」ザ・テンプテーションズ(1972年9月/Gordy/米)

Genre: Psychedelic Soul
Papa Was a Rollin' Stone - The Temptations (Sep. 72) Gordy, US
(Norman Whitfield•Barrett Strong) Produced by Norman Whitfield
(

もっとみる
ひとりお花見酒散歩|パリッコの「つつまし酒」#53

ひとりお花見酒散歩|パリッコの「つつまし酒」#53

※この原稿は、2020年の3月下旬に取材をし、3月25日に公開される予定だったものです。ところが、当時のコロナウイルスを取り巻く環境の急変により、いったん公開が見合わされることとなりました。それからちょうど1年が経ちました。いまだウイルスの影響は衰えぬものの、各自がじゅうぶんに注意しつつ、このくらいの範囲でならば今年も桜を楽しんでいいのではないか? と判断し、今回あらためて公開いたします。

こん

もっとみる