光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

光文社新書

光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!

マガジン

  • 新刊情報【まとめ】

    毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

  • 全文公開【まとめ】

    一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!

  • 光文社新書PLUS

    小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

  • コトバのチカラ

    ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

  • 酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」

    人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

ウィジェット

  • 商品画像

    不安型愛着スタイル~他人の顔色に支配される人々~ (光文社新書)

    岡田 尊司
  • 商品画像

    広告の仕事~広告と社会、希望について~ (光文社新書)

    杉山 恒太郎
  • 商品画像

    「美食地質学」入門~和食と日本列島の素敵な関係~ (光文社新書)

    巽 好幸
  • 商品画像

    時を超える美術~「グローカル・アート」の旅~ (光文社新書)

    新見 隆

リンク

記事一覧

明けましておめでとうございます!

2022年も光文社新書をよろしくお願いいたします。本年も未来に読み継がれていく書籍をお届けできるよう精進いたします。みなさまにとって素晴らしい一冊との出会いがありますように。

光文社新書編集部

光文社新書
11か月前

ありがとう「ラーメンHOUSEたなか」|パリッコの「つつまし酒」#141

確かにそこに「吉見うどん」はあった 好きな飲食店に関する悲しい知らせが、立て続けに舞いこ…

光文社新書
11か月前

まんが連載【第3話】特別ゲスト・大津先生!「緩和ケアって”最期の医療”」って本当…

・・・・・・・・・・ 【第3話】特別ゲスト・大津先生!「緩和ケアって”最期の医療”」って…

光文社新書
11か月前

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.49

『シラノ・ド・ベルジュラック』→『洋画家の美術史』 『ペスト』→『となりのカフカ』 『神…

光文社新書
11か月前

終章 T―岡田――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

早くも3刷が決まった『オリックスはなぜ優勝できたのか』。本記事では終章の冒頭を公開します…

光文社新書
11か月前

タイ政府のプライドを支える軍事力(第11回)

これまでの連載はこちらから↓↓↓ 現政権は結局のところ軍事政権現在のタイは、2019年3月に…

光文社新書
11か月前

明けましておめでとうございます!

2022年も光文社新書をよろしくお願いいたします。本年も未来に読み継がれていく書籍をお届けできるよう精進いたします。みなさまにとって素晴らしい一冊との出会いがありますように。

光文社新書編集部

ありがとう「ラーメンHOUSEたなか」|パリッコの「つつまし酒」#141

ありがとう「ラーメンHOUSEたなか」|パリッコの「つつまし酒」#141

確かにそこに「吉見うどん」はあった 好きな飲食店に関する悲しい知らせが、立て続けに舞いこんだ年末でした。
 まずは富士見台の「吉見うどん」。昭和44年創業のご夫婦で営むうどん屋で、いかにも手作りな、不揃いな太さのうどんがなんとも嬉しく、そこに野菜やあぶらあげ、さらにうどんが見えないほど大量のかつお節がのった名物の「吉見うどん」。あのなんとも体が喜ぶ味わいが大好きだったんですが、ある仕事で富士見台在

もっとみる
まんが連載【第3話】特別ゲスト・大津先生!「緩和ケアって”最期の医療”」って本当ですか?|押川勝太郎×大津秀一×おちゃずけ

まんが連載【第3話】特別ゲスト・大津先生!「緩和ケアって”最期の医療”」って本当ですか?|押川勝太郎×大津秀一×おちゃずけ

・・・・・・・・・・

【第3話】特別ゲスト・大津先生!「緩和ケアって”最期の医療”」って本当ですか?

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

前回はこちらバックナンバーはこちら

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.49

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.49

『シラノ・ド・ベルジュラック』→『洋画家の美術史』

『ペスト』→『となりのカフカ』

『神学・政治論』→『20世紀論争史』

『怪談』→『地団駄は島根で踏め』

『仔鹿物語』→『国旗で読む世界地図』

前回はこちら

終章 T―岡田――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

終章 T―岡田――オリックスはなぜ優勝できたのか by喜瀬雅則

早くも3刷が決まった『オリックスはなぜ優勝できたのか』。本記事では終章の冒頭を公開します。以下、本書の概要です(光文社三宅)。

ーーー

下馬評を大きく覆し、2年連続最下位からのペナント制覇は、いかに成し遂げられたのか? 逆に、なぜかくも長き暗黒時代が続いたのか? 黄金期も低迷期も見てきた元番記者が豊富な取材で綴る。

1994年の仰木彬監督就任まで遡り、イチロー、がんばろうKOBE、96年日本

もっとみる
タイ政府のプライドを支える軍事力(第11回)

タイ政府のプライドを支える軍事力(第11回)

これまでの連載はこちらから↓↓↓

現政権は結局のところ軍事政権現在のタイは、2019年3月に総選挙が行われたため法的にこそ民政となっているが、現実的には軍事政権を維持している。

そもそも当連載で繰り返し取り上げている2014年5月に起こったクーデターは、現首相のプラユット・ジャンオーチャー第37第陸軍司令官率いる「国家平和秩序評議会」が起こしたものだ。「バンコクシャットダウン」で座り込む保守派

もっとみる